アパレルの仕事

【歴10年】アパレルの上司、上下関係って実際どんな感じ?【2分化の傾向】

apparel-boss-relationship



あずきです🐥

元アパレル販売員で、現在は独立してフリーランスやってます

突然ですが、アパレル業界ってなんとなく

上下関係のノリがいまだに「体育会系」っぽそう

こんなイメージ、ちょっとありませんか??

語彙力

「アパレル業界に興味はあるけど、もしゴリゴリの体育会系な上司とか多かったらイヤだな…」

みたいな不安、きっと少なからずあるんじゃないかなと思います

今回は、そんな今どきのアパレル業界における「上司や上下関係」のリアルな実態について、アパレル歴10年の経験からぶっちゃけていきたいと思います

ポイントは次の3つです

  1. 結論、「二分化」の傾向にあると感じる
  2. それでも全体的な風潮としては、だいぶ丸くなった印象
  3. 対策:どうせいろんな人がいるから、「自分ができること」に集中しよう

今現在アパレルへの就職や転職を考えてる方の、ちょっとでも参考になれば嬉しいです

それではさっそく見ていきましょー🐥

リクナビNEXT

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

フリーランス3年目 / 元アパレル(歴10年。都内で店長を5年)

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験するも、そこから社内2位の業績までのし上がりました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

プロフィール

Twitter

【アパレルの上司、上下関係って実際どんな感じ?】結論、「二分化」の傾向にあると感じる

apparel_01

いきなり結論から言いますね

僕の10年間のアパレルキャリアの体感として、アパレルの上下関係って最近「二分化」してきてるなって気がしてます

というのも…

大前提として15年前とか20年前は、「アパレル」って今とは比較にならないくらい体育会系なノリが普通だったんですね

15年前とか20年前だと僕はまだ学生でしたけど、僕の周り(先輩とか)から聞かされた限り、そんな印象がすごい強いです

よからぬ武勇伝もいろいろ聞いたよ

でも今の時代は、アパレルの上司や上下関係って次の「2タイプ」に分かれてきてるなって感じるんです

  • 化石系上司
  • フラット系上司

順に見ていきましょー

「化石系上司」の特徴

「化石系上司」の特徴は、いまだに昔ながらの悪しき体育会系のノリが残ってることです

昔のRPGさながらに、一番偉い人が先頭を歩いて、いつもの取り巻き的な部下がその後ろを黙ってぞろぞろと付いていく

昼休憩でランチとか行っても、その上司が1人で気持ちよくしゃべってて

周りの部下は、「そうですよね、僕もそう思ってたんです」と相槌を打ってばかり

リアルで草

アパレルに限らず、いまだにこんな光景が「当たり前」だと思ってる上司って意外と多いんじゃないでしょうか?(そんなことなかったらすいません…w)

でもこういう悪い意味での体育会系な風潮って、そんな時代で当たり前に育ってきた人たちはさておき、今の20代前半とかの若い子からすると

ぶっちゃけ、けっこう冷めた目で見られてる気がします

しかもそういう子たちって、直接文句は言わないけど

「できる限り関わらないか、もしくは静かに辞めて別の環境にさっさと身を移しちゃう」そんな印象です

サバサバ系女子の恋愛観みたいだね

つまり今の若い子たちって、「上下関係」とか「年齢」とかそういう表面的なフィルターに捉われずに ”フラット” に相手を見て

自分が関わりたいなと思ったら関わる

みたいな素直な割り切りがよくできてる、そういう面で凄くしっかりしてるなーって感じます

だから、「この職場は違うな」って見切られたら反発されるまでもなく辞めてっちゃうんですね

ネットの普及で、世界中の凄い思考・面白い思考・柔軟な思考に触れるチャンスが爆発的に増えたことで

「私はこう思うからこう行動する」みたいな

周りに流されない ”自分の軸” をちゃんともった思考の人が、どんどん増えてるんじゃないかなって思います

「フラット系上司」の特徴

2つ目が、まさにそういった今の若い子たちに多い「フラット系上司」です

このネーミングセンスよ

つまり、年下だろうと部下だろうと、自分より凄い一面・面白い一面をもってるかもしれない…

そんな前提で敬意をもって部下と接するから、自然と「部下と同じ目線」まで降りてきてフラットにコミュニケーションがとれるんですね

もちろん仕事の運営上、上司と部下の線引きやメリハリはもちつつも

その根底には「偉い上司と偉くない部下」みたいな構図じゃなくて、「人対人」として接する

そういう人たちが、少なくとも僕が観てきた限りでは入社からの10年間で地味に増えてきた気がします

【アパレルの上司、上下関係って実際どんな感じ?】それでも全体的な風潮としては、だいぶ丸くなった印象

apparel_02

あとはもっと大きなくくりで見ると、アパレル全体的な風潮としては

だいぶ丸くなったんじゃないかな

って感じます

やっぱり世の中的に、「体育会系のノリ=古臭い」みたいなイメージが浸透してきたのもあって

例えば、上司が先輩風を吹かせて理不尽なことをしたりすると

  • すぐに上層部にチクられて、お咎めをくらったり
  • そうでなくても、周りから痛い目で見られてたり

そんな「健全な方向に正す」風潮がやっぱりアパレルでも増えてきたなって、全体的には思います

これはやっぱり凄くいいことですよね

仕事とか職場の環境って、結局ほとんどは「人間関係」に左右されるもんね

【アパレルの上司、上下関係って実際どんな感じ?】対策:どうせいろんな人がいるから、「自分ができること」に集中しよう

apparel_03

とはいえ…

まだまだ会社によっては、店舗によっては、上司によっては

悪い意味でめんどくさい人は、やっぱりいます。 全然います

会社ってやっぱりいろんな人がいるんですよ(真理)

たぶんどの業界選んだって、そこは同じ

世の中の真理だね

でね、周りのみんなを自分の都合のいいようにコントロールなんてできません

他人のことはコントロールできないし、一歩間違えればそれは傲慢にもなりえるから

だから、「いろんな人がいる」という前提を受け入れたうえで

自分にできることに集中する

のがめちゃくちゃ大事だなって、10年間のアパレルキャリアで学びました

その人と関わらなくて済むなら関わらなきゃいいし、

関わらなきゃいけないけど「まじでムリ!」って感じなら、本気でまいっちゃう前に転職とかを真剣に考えるべきだし

自分の身は自分で守るべし

とにかく、他人の考えを正すことよりも、上司を愚痴ってばかりいるよりも、自分の不運を嘆くことよりも

「自分にできること」だけに集中して

快適な環境で働けるための努力を、”自分自身” で考えて動き出すのが大事なんじゃないかなって思います

リクナビNEXT

【アパレルの上司、上下関係って実際どんな感じ?】おさらい

apparel-work-summary

  1. 結論、「二分化」の傾向にあると感じる
  2. それでも全体的な風潮としては、だいぶ丸くなった印象
  3. 対策:どうせいろんな人がいるから、「自分ができること」に集中しよう

これから10年後、20年後にはまた世の中の風潮も変わってるかもですね

でも一番大切なのは、周りや世の中の変化に期待しすぎることよりも「自分にできること」に集中することかなと個人的には思います

以上っ!(←急に投げやりな締め方)

あずき🐥

リクナビNEXT

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

フリーランス3年目 / 元アパレル(歴10年。都内で店長を5年)

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験するも、そこから社内2位の業績までのし上がりました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

プロフィール

Twitter

-アパレルの仕事

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.