apparel-communication-ability

アパレルの仕事

アパレル販売職の仕事って、コミュ力がないとやっぱりキツイ?【実は逆】



あずきです🐥

元アパレル販売員で、現在は独立してフリーランスやってます

突然ですが、アパレル店員の仕事って

コミュ力ないとぶっちゃけキツそう

って思ってませんか??

実はこれ、意外とそうでもないんです

むしろ逆だったりするよ

今回はそんな「アパレル販売の仕事はコミュ力がやっぱり必要なのか?」という疑問について、アパレル歴10年の経験からぶっちゃけていきたいと思います

ポイントは次の3つです

  • 結論、全然大丈夫! 意外と接客以外では、急に大人しくなるタイプも多い
  • インターンバイトの子がなにげなく発した一言が、今でも記憶に残ってる
  • 今までの自分とまったく違うキャラを演じるのは、ことのほか楽しいもの

アパレル販売職への就職や転職を考えてる人にとって、ちょっとでも参考になれば嬉しいです♪

それではさっそく見ていきましょー🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

アパレル歴10年 /都内で店長を5年 / 30才をすぎて独立し、フリーランス2年目

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験

2年目から仕事のコツをつかみ始めて、その後は社内2位の業績をとるまでに成長できました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツなどを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

【アパレル販売の仕事って、コミュ力ないとキツイの?】3つのポイントで答えます【意外な事実】

apparel_01

結論、全然大丈夫。 意外と接客以外では、急に大人しくなるタイプも多い

結論からお話しすると、「全然大丈夫」です

アパレル店員の仕事は、「普段からコミュ力あって、陽キャで、友達めっちゃいるぜ~!」みたいな人じゃなくても全然やってけます

というかむしろ、僕の10年間のアパレルキャリアで見てきた(ざっと)100人超の人たちも

いざ接客から一歩離れると静かになる人が、意外にも多かった印象です

というか、自分もまさにその1人でした

お世辞にも陽キャとは言えませんでした

それは今もやで

学生時代にバイトとかで接客経験はありましたけど、知らない人とコミュニケーションをとることに全然自信はなかったし

洋服の接客みたいに ”セールス” しなきゃいけないことについても、「自分なんかにできるのか?」ぶっちゃけ不安だった記憶があります

でもね、やってみて初めてわかったんですけど…

これが意外とできちゃうんです

何ヶ月か接客経験を重ねると、なんか自然と ”接客用のスイッチ” が入るようになるんですね

これは僕に限らず、たぶん大半のアパレル店員が「それな!」ってなると思います

つまり「接客中のキャラ」と、お客様が帰られたあとの「素のキャラ」って面白いくらい違うものなんです

これは僕の経験上、実際にやってみて初めてわかる感覚かなーって思います

しかも普段は大人しい人ほど、時間が経つにつれて「キャラを演じる面白さ」にどんどんハマって、結果的に大成したりするもの

インターンバイトの子がなにげなく発した一言が、今でも記憶に残ってる

とはいえ…

当事者がどれだけそう力説しても、

「本当に接客中とそれ以外で、そんなにスイッチが入れ替わるのか?」

いまいち客観的な説得力に欠けるかもですよね

でも、本当に「客観的にもそう映ってるんだなー」と実感させられた出来事が、以前アパレル時代にあったんです

というのも、僕が当時働いてたお店で「インターン生」が体験入店してた時期があったんですね

で、そのインターンの子と休憩室でしゃべってたときに、「どう?ぶっちゃけアパレルの仕事は?」ってなにげなく聞いてみたんです

そしたら、そのインターンの子からボソッと言われたのが

「なんか店頭でのハイテンションと、休憩室にいる人たちのローテンションのギャップが凄いっすね…」

って言葉

それな!(^O^)

なんかね、10年近く経った今でも凄く印象に残ってる一言です

外部の人の意見ってめっちゃリアル

リクナビNEXT

今までの自分とまったく違うキャラを演じるのは、ことのほか楽しいもの

とはいえ、とはいえですよ

  • 実際、今までの自分と違うキャラを演じるのって、ぶっちゃけ辛くない?
  • 無理してるみたいで、長くは続かなそうじゃない?

って思うかもですよね

わかります。 僕があなたの立場でもそう思います

でもね…

やってみるとわかるんですけど、

これが意外と楽しいんですよ

ほんとほんと

特にね、普段は「自分なんてコミュ力ない…」とか思ってる人ほど

なんか今までの ”ちっちゃい殻” が破れてく感じがして、むしろどんどん自信がついてくるんです

これは本当に僕の経験から、自信をもって伝えたいこと

考えてもみましょう

”なぜこの世にコスプレイヤーがあんなにたくさんいるのか?”

「演じる」って想像してるより楽しいんです

表現力の幅が広がると、どんどん垢抜けてくんです

しかも味噌なのが、「1日中」じゃなくて「接客中だけ」っていうところ

コスプレと一緒で(やったことないけど)、

1日中キャラを演じてたら疲れちゃうけど、「接客中だけ」ってのがちょうどいいメリハリなんだと思います

君もコスプレイヤーになろう!(そうじゃない)

アパレルの仕事で殻を破れた経験が、今も新しい挑戦をする自信につながってる

apparel_04

これは、僕自身の10年間のアパレル経験から自信をもって言えることなんですけど

アパレル時代に、いつもの ”素” の自分から「接客用のスイッチを入れてた」その経験って

アパレルから別の業界に身を移した今でも、めちゃめちゃ役立ってるんですね

なんでかっていうと…

新しい業界に転職・独立するとか、なんか新しいチャレンジをしてみるのって、いわば

「今までの殻を破って新しい自分を作る」

ことだと思うんですね

アナザー○カイみたい

最初は「自分なんかがアパレル店員なんてできるかな…」とか思ってたのが

フタを開けてみたら、バリバリこなしてた。 むしろどんどん殻を破って成長してくのが、面白くてしょうがなかった

この貴重な貴重な経験がね、

その後の人生でやってくる、いろんな「未知への挑戦」に対する恐怖心を吹き飛ばしてくれるんですよ

これは本当にまじで、アパレルに挑戦してみてよかったなーって思うこと

だから「今はコミュ力に自信がない」とか「今の自分なんかにできるかな」とかっていうのは、あんまり関係ないと僕は思います

最初から完璧な人間なんていないし、挑戦して成長していくことが大切だよね

【アパレル販売職の仕事って、コミュ力がないとやっぱりキツイ?】おさらい

apparel-work-summary

  • 結論、全然大丈夫! 意外と接客以外では、急に大人しくなるタイプも多い
  • インターンバイトの子がなにげなく発した一言が、今でも記憶に残ってる
  • 今までの自分とまったく違うキャラを演じるのは、ことのほか楽しいもの

もちろん人それぞれ得意・不得意だったり、相性、コンプレックス… いろいろあると思います

みんながみんな、アパレルやってみて「接客の楽しさ」「キャラを演じる面白さ」が芽生えるかはわかりません

でも、やる前から「本当はやってみたい気持ちはあるけど、どうせ自分なんて…」とあきらめちゃうのは

本当に本当にもったいないよ!(気持ちは凄いわかるけど)

まずはやってみること!

自信があろうとなかろうと、「未知な領域」に挑戦してみることで初めて見えてくる景色って本当にあると思います

頑張ってくださいね♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

アパレル歴10年 /都内で店長を5年 / 30才をすぎて独立し、フリーランス2年目

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験

2年目から仕事のコツをつかみ始めて、その後は社内2位の業績をとるまでに成長できました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツなどを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

-アパレルの仕事

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.