apparel-glad-points

アパレルの仕事

アパレル販売の仕事で「よかったこと」BEST5、ガチで作ってみた【歴10年】



あずきです🐥

元アパレル販売員で、現在は独立してフリーランスやってます

今回は、アパレル販売の仕事をやっててぶっちゃけ「よかった」と思うこと

BEST5のランキング形式

でガチめに作ってみましたので、ご紹介したいと思います

僕自身アパレル歴10年なんですが、

入社する前に抱いていたイメージ10年間ガッツリ働いてみて初めて感じたことって、やっぱり全然違うんですね

いろいろあったよ

なので、これからアパレルに就職・転職を考えてる人にとって、経験者の生の意見としてちょっとでも参考になれば嬉しいです

いきなりネタバレしちゃうと、BEST5はこんな感じです

アパレル販売やっててよかったことBEST5

  • 第5位:平日休みが圧倒的に多い【土日の人混み苦手マン】
  • 第4位:職場仲間の世代がけっこう近い【ノリが合うって素晴らしい】
  • 第3位:ぶっちゃけ出会いもけっこうある【レディースはなさそう】
  • 第2位:数字を伸ばしてく面白さ【コツをつかみ出すと一気に楽しくなる】
  • 第1位:洋服に囲まれて、洋服の接客ができるその環境【人による】

それではさっそく見ていきましょー🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

アパレル歴10年 /都内で店長を5年 / 30才をすぎて独立し、フリーランス2年目

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験

2年目から仕事のコツをつかみ始めて、その後は社内2位の業績をとるまでに成長できました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツなどを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

アパレル歴10年がぶっちゃける、アパレル販売の仕事で「よかった」と思うことBEST5

第5位:平日休みが圧倒的に多い【土日の人混み苦手マン】

ranking-five

まず第5位は、ズバリ「平日休み」なこと

いきなり現実的な回答で草

アパレルのお店って当然「シフト制」なんですが、やっぱり土日に来店が増えるので「平日休み」が必然的に多くなります

で、この「平日休み」ってね

素晴らしいんですよ

特に僕みたいな、「土日」に外でかけたときの人混みの ”わちゃわちゃ感” が苦手な人間には

この陰キャぶりである

どこ行ってもだいたい空いてるし、ガチャガチャしてないし、旅館とかも土日より安かったりするし

もうね、ほんと快適

平日休み最高っ(謎の叫び)

いきなり主観バリバリな意見でしたけど、その分リアルかなって思います

第4位:職場仲間の世代がけっこう近い【ノリが合うって素晴らしい】

ranking-four

続いて第4位は、「職場仲間の世代が近いこと」

これってけっこう大事だと思ってます

なんでかっていうと、職場環境の快適さとかストレスの少なさって、もう「人間関係」で8割決まると思ってて

で、年齢でくくりすぎるのもよくないかもですが

よくないぞ!

それでもさ、

やっぱり世代が近いと、”ノリ” とか ”価値観” が合うんです(全然合わない人もいるけど、相対的な話です)

人間関係においてノリや価値観が合うって、めちゃめちゃ大事じゃないですか?

ときどき年配の人とかで、説教じみた感じで持論を延々と語っちゃうおじさんっていると思うんですけど

あーゆうの凄い苦手で

素直

同世代の、しかも20代とか30代前半くらいだと、そういう人ってあんまりいないし

「そーいう人ムリだよね~」みたいな価値観も凄い合うし(語彙力)

もちろん世代の離れた人とかにも、一緒に働いたら面白い人とか「価値観合うな」みたいな人は、なかにはいると思うんですけど

単純に「確率」の話で、あんまり多くはないんじゃないかなって感じてます

ぼんやりした結論

とりあえずね、大事です。 世代が近いって

リクナビNEXT

第3位:ぶっちゃけ出会いもけっこうある【レディースはなさそう】

ranking-three

続いて第3位は、「ぶっちゃけ出会いもけっこうある」ことです

ストレートで草

もしかしたらね、そういうことを言うとね、

「仕事舐めてんのか!!!!!」ってなる人もいると思うんですよ

わかります。 おっしゃる通りです

でもね、

それでもやっぱり大事じゃないですか? 多くの社会人にとって

だって、今も昔も

  • 今の職場は出会いが皆無…
  • かといって、合コンとか婚活パーティー的なのはまじでムリ…
  • でもやっぱりパートナーはほしい。 切実にほしい…

みたいな人って、正直いっくらでもいると思うんです

「いっくらでも」の言い方よ

僕はメンズのブランドで10年間働いてましたけど、メンズショップの多くは、そのなかに女性スタッフが何人かいるんですね

そうなると、どうやってもそのなかでカップルってちょいちょい生まれます

あとは例えば、同じ店じゃなくて近隣店舗の人と付き合ってるとか

けっこうあります

男性目線で見ても出会いのチャンスがあるなーって感じますし、それ以上にたぶん女性目線で見ると

メンズショップに配属されてる女性スタッフって、相当チャンスに恵まれてる環境だなーって思います

本人にその気があるかどうかは別としてやで

ただ唯一、レディースショップの場合はいまいち出会いがない印象です(よく知らないけど)

レディースショップに男性が配属されるって、あんまりないですもんね

ということで、人にもよるとは思うんですけど

社会人って、「職場」以外に出会いって普通はそんなにないんじゃないかなーって思います

だからやっぱり「出会いがけっこうある職場環境」って、なんだかんだ大事かなーと

主観バリバリで、もはやすがすがしい

第2位:数字を伸ばしてく面白さ

ranking-two

続いて第2位は、「数字を伸ばしてく面白さ」です

というのも、アパレルの販売ってやっぱり「売上」がとれてなんぼの世界なんですね

世知辛い世の中

で、アパレル販売の仕事で「辛かったこと」BEST5、ガチで作ってみた【歴10年】という記事で

アパレル販売職にありがちな「数字のプレッシャー」について触れたんですが、実はこれ

逆も然りなんです

つまり、売上のプレッシャーはあるものの、だからこそ仕事のやりがいにもなるし

仕事全体に凄く ”張り” が出ます

緊張感ないと人間だらけちゃうもんだよね

僕自身、最初は本当に売れなくて「どうやったら周りの先輩みたいに売れるようになるんだろう…」みたいに絶望していた時期もありました

でもコツコツ丁寧にやってくと、だんだんコツとか力の入れどころが見えてくるんですね

で、自己記録を更新したり、初めてお店でビリじゃなくなったり、「敵うわけない…」と思ってた先輩に初めて勝ったり…

そうしていくうちに、どんどん面白さが芽生えてきます

周りも褒めてくれるようになるし、自分自身でも明らかに成長していってるのがわかります

仕事で「成長を感じる」って大事よね

結果を出し続けるのは簡単じゃないし、大変さとかプレッシャーもあるけど

だからこそ、その先にある本気で打ちこんだからこそ得られた「達成感」とか「やりがい」って、本当に何にも代えがたいものがあると思います

リクナビNEXT

第1位:「服屋」という大好きな環境で毎日働けること

ranking-one

いよいよ第1位は、案外フツーな結論です。 ズバリ、

「服屋」という大好きな環境で毎日働けること

子どもか!

って思われるかもしれないんですけどw

子どもか!

まあでもね、

やっぱり働く環境って大事です

少なくとも僕の場合は、

  • 整理整頓とかされてない、ごちゃごちゃしたオフィスとか
  • (悪い意味で)古くさい、汚い感じの職場とか

そーゆうとこで働くのって、自分の性格的に「ムリ」なんですね

数週間とかなら我慢できても、何年とか何十年って単位で考えたら、あえてそーゆうとこを選びたくはないというか

これは何が正しいとかじゃなく、人それぞれの価値観とかフィーリングの問題だと思います

人それぞれ耐えられることとか、仕事に求めるものとか違うもんね

だから、「服屋」というお洒落でしかも大好きな「洋服」に囲まれた環境で日々働けるって、今になって冷静に振り返ると凄い恵まれてたなーって

”僕個人は” 思います

【おまけ】「アパレルって社割が羨ましい~!」にはあんまりピンとこない【お金が貯まらない】

apparel_03

最後にちょっと補足として、アパレルやってたときってよく周りから

「アパレルって社割あるんでしょ、羨ましい~!」

みたいに言われてたんですね

あるあるや~

でも「アパレルによくある社割特典」って、いざ働いてみると、案外僕はピンとこなかったです

なんでかっていうと、社割で服を買うのって半分は

「店頭で着る用に、いわゆるビジネス的な感じで買ってるから」

特に新人のころとかは、「お前はどれ着る?」みたいな感じで上司と相談しながら(というかほとんど主導権を握られた状態で)選ぶんですね

で、だいたいアパレルの社割って「給料天引き」なので、買い物したときみたいなウキウキ感?もあんまりないです

本当に ”仕事の一環” として買ってる感覚

もちろん仕事に慣れてきたりすると、プライベートで着るのも見据えたうえで、自分主導で選べたりするんですけど

そうなってくると、今度はお金が貯まらなくなります(まじで)

そりゃそうですよね

洋服って(いくら社割とは言っても)そんな日常的にバンバン買えるほど安くないですから

いくら社割とはいってもね

毎日のように店頭で洋服に囲まれてると、よくも悪くも

アレほしいな~ これだけは買いたいな~

みたいな買い物スイッチが入っちゃうきっかけが、普通の会社員の人の比じゃないくらい増えちゃうんですね

僕はぶっちゃけ洋服オタクとかじゃなかったので、まだ自重できてた方なんですけど

本当に洋服好きな人は、もう節操がないくらい買いすぎて、いつも給料カツカツって人も珍しくなかったです

洋服ってコワイ

だからね、「社割」っていうのは一見羨ましいようで、実際は

浪費のリスク

がふんだんにあるかなと、今振り返ると感じます

【アパレル販売の仕事でよかったことBEST5【おさらい】

apparel-work-summary

アパレル販売やっててよかったことBEST5

  • 第5位:平日休みが圧倒的に多い【土日の人混み苦手マン】
  • 第4位:職場仲間の世代がけっこう近い【ノリが合うって素晴らしい】
  • 第3位:ぶっちゃけ出会いもけっこうある【レディースはなさそう】
  • 第2位:数字を伸ばしてく面白さ【コツをつかみ出すと一気に楽しくなる】
  • 第1位:洋服に囲まれて、洋服の接客ができるその環境【人による】

これからアパレルへの就職や転職を考えてる人にとって、ちょっとでも参考になれば嬉しいです♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

アパレル歴10年 /都内で店長を5年 / 30才をすぎて独立し、フリーランス2年目

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験

2年目から仕事のコツをつかみ始めて、その後は社内2位の業績をとるまでに成長できました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツなどを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

-アパレルの仕事

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.