アパレルの仕事

【年収実態】アパレルの給料ってやっぱり少ないの?【アパレル歴10年が、転職活動して初めて気づいた】

apparel-income



あずきです🐥

元アパレル販売員で、現在は独立してフリーランスやってます

突然ですが、アパレルの仕事って

ぶっちゃけ給料が少なそう!

こんなふうに思ってる方、きっと多いんじゃないでしょうか??

いきなり核心で草

今回はそんな「アパレルの収入面」の実態を、アパレル歴10年の経験からぶっちゃけたいと思います

というのも…

まず10年間の僕のアパレルキャリア(販売職)で、実際に周りでアパレルやってた人の「給料面に対する満足度」は

社内・社外問わず、だいたい

「(アパレルの収入って)微妙だよね」

って感じてる人が大多数だったんですね

少なくとも「アパレルって給料いいよね!」なんて発言は、冗談でも聞いたことなかったですw

なんかリアル…

でも個人的な結論として、

「アパレルは給料が少ない!」にはちょっと異議を唱えたい

と思ってます

今回のお話のポイントは、次の3つです

  • 体感として、思ってたほど悪くない【転職活動して初めて気づいた】
  • とはいえ、上限はやっぱり知れてる【年収500万より上は現実的じゃない】
  • まずどのくらいほしいのか、基準を確立させるべし【人によって全然違う】

今現在、アパレルへの就職や転職を考えてるという方の、少しでも参考になれば幸いです

それではさっそく見ていきましょー🐥

リクナビNEXT

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

フリーランス3年目 / 元アパレル(歴10年。都内で店長を5年)

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験するも、そこから社内2位の業績までのし上がりました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

プロフィール

Twitter

【アパレルの収入ってぶっちゃけ少ない?】体感として、思ってたほど悪くない【転職活動して初めて気づいた】

apparel_01

まずちょっとだけ僕の話をさせてください

ちょっとだけやで

僕はアパレル歴10年で、そのなかで店長も5年ほどやってました

なので新卒のころの給料と比べたら、もちろん少なからず昇給はしてました

で、今はもう独立してフリーランスをやってますが、当初は独立ではなく「転職」を考えてたんですね(結果的には転職はせずに、いきなり独立しました)

というのも…

将来的に「独立」願望はあったんですが、その前に「経理」の仕事をして経理スキルを身につけておきたいなって、その当時は考えてたんです

なんでかっていうと、個人で働くとか起業とかを視野に入れると、「経理」のスキルってあっても困らないかなと思ったから

自営業って、確定申告とかいろいろ大変なんだよね(起業したらたぶんもっと)

で、転職サイトに登録して「いい会社ないかな~」ってめっちゃ探しました

でも僕は新卒からアパレル1本で10年間やってきたので、アパレル販売以外で履歴書に書けるスキルなんて正直なかったんです

なので「未経験OK」にしぼって探してたんですが、まず真っ先に思ったことが

給料いいとこ意外となくね?

ってこと(未経験なら当たり前かもだけど)

今まで、「アパレル=給料は微妙な方」って発想でいたから

裏を返せば、「ほかの業種=アパレルよりはよさそう!」みたいな、めっちゃばっくりした期待を抱いてたんですね

周りもみんなそう言ってたしね

でも初めてちゃんと転職サイト見て、穴が開くほどいろいろ探してみた結果の感想が

アパレルと変わんなくね?

ってこと

まずこれが、1個目のポイントです

【アパレルの収入ってぶっちゃけ少ない?】とはいえ、上限はやっぱり知れてる【年収500万より上は現実的じゃない】

apparel_02

とはいえ…

やっぱり「アパレルって給料いいよね!」とまでは言えないのも事実だと思います

  • 売上が飛びぬけてるカリスマ販売員で、インセンティブ(特別報酬)をバリバリもらってるとか
  • もしくは超やり手なデザイナーで、いろんなアパレル企業から引く手あまたとか
  • 会社が景気よかった時代に名をはせて、特例的なポジションをもらってるベテランのお偉いさんとか

そういう特例を除けば、”収入の上限” はわりと知れてると思います

具体的には、仮に店長とかでも「額面で400万~500万くらい」が現実的な上限かなって印象です(一部の景気いい有名ブランドとかは除いて)

リアルや~

あとは、定年退職まで会社に尽くすつもりで役員クラスを目指すとか、そのくらいまでいけば一気に1000万超とかも可能性としては生まれますが

果たしてそこまでして、変化の激しいこの時代に「一つの会社に身を捧げるか?」っていうのも正直あるかなと思ってます

これが2つ目のポイントです

【アパレルの収入ってぶっちゃけ少ない?】まずどのくらいほしいのか、基準を確立させるべし【人によって全然違う】

apparel_03

そもそもなんですけど、年収額に対する捉え方って人によって全然違いますよね

  • 年収300万の生活
  • 年収400万の生活
  • 年収500万の生活
  • 年収1000万オーバーの生活

このなかで、どれが将来の生活イメージにしっくりくるかは本当にその人次第

だからまず大切なのは、これからの将来をみすえて

実際のところどのくらい稼ぎたいのか?

その大まかなラインを、まずちゃんと決めること

けっこうこれって重要だけど、ついついないがしろにしちゃいがちだと思います

登る山をまちがえたら、そこでいくら頑張っても相場は見えてるよね

だから、自分なりの年収イメージをまずはバシッと確立させることで

「そのためにはどの業界に身を置いて、どんなキャリアステップを踏めばいいのか?」

という大きな視点から、建設的に計画していけるんじゃないかなと思います

これが3つ目のポイントです

リクナビNEXT

【アパレルの収入ってぶっちゃけ少ない?】おさらい

apparel-work-summary

ひとえにアパレル業界とはいっても、会社によって給料はもちろんピンキリです

たまにギョッとしたこともあったよ

その大前提をふまえたうえで、僕自身の10年間のアパレルキャリアで感じた「給料面」は

ぶっちゃけ大半の人が言うほど、ほかの多くの業界と大差はないのかなというのがリアルな感想です

具体的にアパレル業界の平均年収とか、〇〇業界の平均年収みたいなデータがなくて申し訳ないのですが

でも実は、年収の「平均」データってそこまであてにならないんですよね

なぜなら、ごく一部のめっちゃ稼いでる人たちが平均を大幅に引き上げちゃってたりするから

平均値の罠ってやつだね

なので僕からお伝えできることは、あくまで ”個人的な体感” として

  • アパレル歴10年でリアルに知ることができた、自分自身や周り(社内・社外問わず)のおおよその給料実態
  • そんなアパレルの実態を肌で知ってる自分が、転職活動でほかの業界をあれこれリサーチしてみた結果

この2つから、

アパレルって、別にほかと比べて給料が特別低いわけではないかもね

と感じてしまったという、1つの事実です

数字のデータ以外の、生のリアルな感想の一つとしてちょっとでも参考になれば嬉しいです♪

あずき🐥

リクナビNEXT

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

フリーランス3年目 / 元アパレル(歴10年。都内で店長を5年)

ファッションの「ファ」の字もわからないままアパレル業界に飛びこみ、1年目はどん底を経験するも、そこから社内2位の業績までのし上がりました

アパレルのリアルな実態や生き抜くコツを、10年間の体験ベースでぶっちゃけます

プロフィール

Twitter

-アパレルの仕事

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.