画像編集

【透かし】無料ソフトPhotoScapeで画像に「ウォーターマーク」を入れる方法を優しく解説【転載対策】

photoscape-watermark-20191227-ec



今回は、無料の画像編集ソフト「PhotoScape」を使った…

画像に「ウォーターマーク」を入れる方法

について、画像つきで丁寧に解説していきたいと思います

まずウォーターマークとは、”透かし” を意味する言葉。 WEB業界では、画像などの「転載」を予防するための手段の1つです

例えばこんな感じ ↓

photoscape-watermark-sample-20191227-af

左下のテキストが「ウォーターマーク」

このウォーターマークを入れる際のポイントは、次の2つだと思ってます

  • テキストの位置は「座標の数値」で毎回固定すると、ブログなどではそれっぽく映る!
  • 透かし具合(透明度)をうまく調整して、なるべく目立ちすぎないように!

それではさっそく見ていきましょー🐥

リクナビNEXT

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

PhotoScapeで、画像にウォーターマーク(透かし)を入れる方法

pc-work-202001_01

はじめに大事なポイントとして、画像編集では

最終的な完成のとき以外は、
ファイル形式を「jpg」ではなく「png」で保存

するようにしましょう

なぜなら、「jpg」で保存を繰り返すと画質が劣化していくためです

詳しくは ↓ から♪

file-extension-201912
jpg(jpeg)とpngの違い!ファイル形式の「超実践的な使い分け」を初心者向けに解説【拡張子】

続きを見る

ということで、本題のウォーターマークを入れていく手順です

PhotoScapeを開いたら、「画像編集」をクリックして編集画面に入り…

photoscape-watermark-20191227_00

↑ 左上メニューから、編集する画像を開きます

photoscape-watermark-20191227_01

↑ 下部「オブジェクト」タブを開き、「T」アイコンをクリックしましょう

photoscape-watermark-20191227_02

↑ テキストの編集画面が開きました。 まずはテキストを入力して、サイズや色、字体などの基本的なフォントを選びましょう

ここではまだ「透明度」は考えなくてOK!

photoscape-watermark-20191227_03

↑ 次に、「アンカー」という項目でテキストの配置を指定します

手動でも好きな場所に動かせるんですが、ウォーターマークの位置は基本「座標の数値」でキッチリ統一した方が、素人っぽさがなくなるかなと思います

Xは横軸、Yは縦軸!

photoscape-watermark-20191227_04

↑ 試しに今回は、「左下, X 40, Y -40」で指定してみました

これは、「左下の隅っこから、右に40、下にマイナス40(=上に40)」という意味です(数値はマイナスも可能!)

右の画面を見てみると、ウォーターマークの位置が変わってるのがわかります

photoscape-watermark-20191227_05

↑ でもこれだとまだ「透かし」にはなっておらず、ただのテキストですね🐥

ということで、このテキストを「透かし(ウォーターマーク)」に変えていきます(下記手順です)

photoscape-watermark-20191227_06

↑ テキスト上を「右クリック」して、サブウィンドウから「プロパティ」をクリックしましょう

photoscape-watermark-20191227_07

↑ またさっきの編集画面が開きました。「不透明」という項目のスライドバーを調整することで、テキストの透明度を変えていきます

photoscape-watermark-20191227_08

↑ 試しにスライドバーを半分まで動かしてみました。 右の画面を見ると、文字が「透かし」になってることがわかります

photoscape-watermark-sample-20191227-af

↑ 完成したウォーターマークが、こんな感じ🐥

ちなみに文字の透明度を変えるのは、今回のようにテキストの「座標(位置)」を決めてからがおすすめです

なぜかと言うと、画像によってはウォーターマークの透明度が強すぎると背景と同化して見えなくなってしまうからですね

なので、画像ごとに ”いつもの決まった位置” にまずテキストを配置してみて、それから透明度をスライドバーで調整するのが効率的かなと思います

白地の背景のときは、テキストを黒にして透明度MAXにするといい感じになるよ!

基本的な使い方はこれでOKです

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

【おまけ】そのほかに、ブログやるなら知っておきたい画像編集テクニック【初心者向け】

pc-work-202001_08

今回のテーマ以外にも、ブログ運営していて「知っといてよかった!」と感じた実用的な画像編集のテクニックを優しく解説してます

具体的には…

  • リサイズ ←画像編集するなら真っ先に知っておきたい!
  • ファイル形式の使い分け ←同じく絶対に知っておきたい!
  • テキストの挿入、縁取りや影付き
  • 網掛けや枠線、矢印の挿入
  • 透過処理

などなど… ブログやるなら知っておいて損はない、本当に実践的なスキルばかり

例えば、「ブログのサムネや解説用の画像」の編集をしたいけど…

  • 完全初心者で、まずなにからどうすればいいのかわからない…
  • 難しいことはいいから、「これだけは知っておけ!」っていうのを知りたい…

こんな方におすすめです

TOPページは ↓ から♪

image-edit-top-202001-ec
ブログ運営だけに特化した、「画像編集」の完全初心者向けテクニックTOP【超実用】

続きを見る

リクナビNEXT

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

-画像編集

© 2020 あずきのぶろぐ。