wordpress-broken-link-checker-202001-ec

WordPress

WordPressプラグイン「Broken Link Checker」の基本的な設定方法と使い方【ブログのリンクエラーを自動チェック】



今回は、WordPressブログにおける代表的なプラグインの1つ…

Broken Link Checker

の基本的な設定方法と使い方をご紹介していきたいと思います

まず「Broken Link Checker」は、ブログ内に挿入したリンクのエラーを自動検出して教えてくれる便利なプラグインです(もちろん無料)

リンクエラーとは?

リンク先のページがWEB上に存在せず、機能していない状態のこと。 リンク切れとも言います

「リンクのURLが間違ってる」「リンク先のページが削除されてる」などがよくある原因

主な機能や特徴は次の通り

  • 「どの記事の、どのリンクがエラーになってるのか?」まで教えてくれる!
  • リンクエラーの自動チェック頻度も、1時間単位で指定できる!
  • エラーを検出した際に、メール通知だけでなく管理画面からも知ることができる!
  • 設定は超簡単!

僕もブログを開設するたびに必ず導入してるプラグインなので、備忘録もかねて「このサイトでも実際に行ってる設定例」をまとめておきたいと思います

それではさっそく見ていきましょー🐥

【プラグイン導入の前に】プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、またプラグイン自体の問題などによってWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任にてお願い致します。

当ブログのWordPress環境

  • 使用してるテーマ:WING(AFFINGER5)
  • 使用してるエディタ:旧エディタ(クラシックエディタ)
  • 使用してるプラグイン:↓ の記事ですべて公開してます

WordPressブログで愛用中のおすすめプラグイン「16個」と設定方法をまとめて公開

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

WordPressプラグイン「Broken Link Checker」の導入方法【インストールと有効化】

pc-work-202001_01

普通に「インストール&有効化」をするだけなので、わかる方は読み飛ばしていただいてOKです

① WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

② 画面右上の入力欄に「Broken Link Checker」と入力

wordpress-broken-link-checker-202002-icon

③ ↑ のアイコンが目印のプラグイン「Broken Link Checker」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリック

プラグインの導入はこれでOKです🐥

WordPressプラグイン「Broken Link Checker」の基本的な設定方法と使い方

大きく次の2点にわけて解説していきます

  • 基本的な設定手順
  • リンクエラーの確認方法

順に見ていきますね🐥

基本的な設定手順【自動チェック頻度やメール通知の設定】

pc-work-202001_02

WordPress管理画面 > 設定 > リンクチェッカー をクリックします

設定画面が開きました。 まず先に、実際にこのサイトで行ってる設定例がこちら ↓

wordpress-broken-link-checker-202001_01

上から解説していきます🐥

「各リンクをチェック」

リンクエラーを自動で定期チェックする頻度を、1時間単位で指定できます

このサイトでは、3日おきにあたる「72時間」で設定してます

「メールで通知」

リンクエラーを検出した際に、メールで通知する設定です

通常は、デフォルトの「新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取る」にチェックが入っていればOK

「通知メールアドレス」

リンクエラー通知を受け取りたいメールアドレスを指定できます

ただし、ここは空欄のままにしておけば、WordPressの開設(=インストール)時に登録したメールアドレス宛に届く形になります

なので、このサイトでも空欄のままです

ちなみに「WordPress開設時に登録したメールアドレス」は、WordPress管理画面 > 設定 > 一般 から確認や変更も可能です

「管理者メールアドレス」って書いてるとこ!

そのほかの項目

すべてデフォルトのままです

変更したら、最後に「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう

これで基本的な設定はOKです

今度は、リンクエラーが発見されたときの確認方法を見ていきましょう🐥

リンクエラーの確認方法【3パターン】

pc-work-202001_03

「Broken Link Checker」でリンクエラーを確認する方法は、大きく次の3パターンです

  1. WordPressダッシュボードで確認
  2. ツール > リンクエラー で確認
  3. 通知メールで確認

また順に見ていきますね🐥

【確認方法1】WordPressダッシュボードで確認

wordpress-broken-link-checker-202001_03

↑ WordPress管理画面のダッシュボードに、「Broken Link Checker」という項目でリンクエラーの有無が表示されます

(エラーリンクが検出された場合)クリックすると、どの記事のどのリンクがエラーなのか一覧でチェックできます

該当する記事の編集画面にクリック1つでジャンプできるので、修正も極めて簡単です

【確認方法2】ツール > リンクエラー で確認

wordpress-broken-link-checker-202001_04

↑ WordPress管理画面 > ツール > リンクエラー をクリックすると…

wordpress-broken-link-checker-202001_05

↑ エラー状況が一覧で表示されます

各項目の説明は…

  • 「404 Not Found」:URLが機能していない状態(つまりリンクエラーのこと)
  • 「URL」:エラーとなっているリンクURLそのもの
  • 「リンクテキスト」:そのエラーリンクを貼ってるテキストのこと(例:「こちらの記事をどうぞ」の青地テキスト部分
  • 「ソース」:エラーリンクを貼ってるページの記事タイトル

このようになっています

【確認方法3】通知メールで確認

はじめに

この通知メールを受け取るには、WordPress管理画面 > リンクチェッカー > メールで通知 から、

「新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取る」に、あらかじめチェックを入れておく必要があります

リンクエラーが発見されると、こんなメールが届きます ↓

wordpress-broken-link-checker-202001_02

メール内の「リンクのテキスト」という項目を参考に、該当記事のなかからエラーリンクを貼ってるテキスト(もしくは画像)を特定しましょう

基本的な設定方法と使い方はこれでOKです

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.