wordpress-ps-auto-sitemap-202001-ec

WordPress

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」の基本的な設定方法と使い方【ブログのユーザーサイトマップ作成】



今回は、WordPressブログにおける代表的なプラグインの1つ…

PS Auto Sitemap

の基本的な設定方法と使い方をご紹介していきたいと思います

まず「PS Auto Sitemap」は、ブログ内へのユーザーサイトマップ作成におすすめなツールです(もちろん無料)

主な機能や特徴は次の通り

  • デザインの質が高く、種類も豊富!
  • 除外するカテゴリーやページ、表示する階層まで細かく指定できる!
いい感じのサイトマップページが簡単に作れるよ!

僕自身もブログを新規開設するたびに必ず使うプラグインなので、備忘録もかねて手順例を公開しておきたいと思います

ちなみに大前提として、ブログにおけるサイトマップは大きく「2種類」あり、両者はまったく異なるものになります

  • ユーザー(読者)向けのサイトマップ ⇒ サイトで見かける、いわゆるサイトマップ(HTMLサイトマップ)
  • 検索エンジン向けのサイトマップ ⇒ サイトには表示されない、システム上のサイトマップ(XMLサイトマップ)

今回のサイトマップは、「ユーザーサイトマップ」の作成手順になりますのでご注意ください

それではさっそく見ていきましょー🐥

【プラグイン導入の前に】プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、またプラグイン自体の問題などによってWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任にてお願い致します。

当ブログのWordPress環境

  • 使用してるテーマ:WING(AFFINGER5)
  • 使用してるエディタ:旧エディタ(クラシックエディタ)
  • 使用してるプラグイン:↓ の記事ですべて公開してます

WordPressブログで愛用中のおすすめプラグイン「16個」と設定方法をまとめて公開

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」の導入方法【インストールと有効化】

pc-work-202001_01

普通に「インストール&有効化」をするだけなので、わかる方は読み飛ばしていただいてOKです

① WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

② 画面右上の入力欄に「PS Auto Sitemap」と入力

wordpress-ps-auto-sitemap-202001-icon

③ ↑ のアイコンが目印のプラグイン「PS Auto Sitemap」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリック

プラグインの導入はこれでOKです🐥

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」における、ユーザーサイトマップページ作成から設置の手順【簡単】

大きく3つのステップです

  1. 固定ページで、ユーザーサイトマップを作成する!
  2. 作成したユーザーサイトマップページを、任意の場所に設置する!
  3. サイトマップのデザインや表示内容をカスタマイズする!

順に見ていきますね🐥

【ステップ①】固定ページでユーザーサイトマップを作成

pc-work-202001_02

それでは作成手順です

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-01

↑ WordPress管理画面 > 設定 > PS Auto Sitemap をクリックします

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-02

設定画面の下部にある、「ご利用方法」という項目のショートコード…

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

を丸々コピーしておきます

コピーは「Ctrl」+「C」!

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-03

↑ WordPress管理画面 > 固定ページ > 新規追加 をクリックします

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-04

④ 固定ページの編集画面が開きました

まずは、この編集画面を「テキストエディタ」に切り替えましょう(右側の「テキスト」をクリック!)

「テキストエディタ」に切り替えたうえで、さきほどコピーしたショートコードを本文欄にそのまま貼り付けます

貼りつけは、「Ctrl」+「V」!

あとは、通常の記事と同じように…

  • ページタイトル(「サイトマップ」が一般的)
  • パーマリンク(「sitemap」が一般的)

上記2つの項目を入力して、「公開」をクリックすればOKです

これで、「ユーザーサイトマップ」の固定ページが作成できました🐥

今度は、「PS Auto Sitemap」側の設定に入っていきます(下記手順です)

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-05

↑ WordPress管理画面 > 固定ページ一覧 をクリックします

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-06

↑ さきほど作成した固定ページのタイトル上に、カーソルを合わせましょう(今回の例では、「サイトマップ」というタイトル)

すると、画面左下にURLのバーが表示されます。 このURLのなかの…

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-07

↑ post=〇〇&action の 〇〇 にあたる数字部分を、このあとすぐ使うので覚えておきましょう(今回の例では「21」)

ちなみにこの数字を、「ページID」と言います

つづいて、改めて「PS Auto Sitemap」の設定画面に戻りましょう(下記手順です)

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-08

↑ WordPress管理画面 > 設定 > PS Auto Sitemap をクリックします

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_1-09

↑「サイトマップを表示する記事」という項目に、今さっきチェックした数字(=ページID)を入力します

⑩ 最後に「変更を保存」をクリックすれば、第1ステップは完了です🐥

ここから、ブログ内にこの固定ページを設置していきます

【ステップ②】作成したユーザーサイトマップページを、好きな場所に設置【WING AFFINGER5の場合】

pc-work-202001_03

はじめに

下記は、当ブログでも導入しているWordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」の場合における手順です

使っているWordPressテーマによって、手順や選択肢は多少変わってきます(具体的には、下記ステップ⑧のところ!)

今回は、サイトマップページの一般的な設置場所である「フッター」に置いてみたいと思います

フッターは、サイトの1番下側のこと!

① WordPress管理画面 > 外観 > メニュー をクリックします

②「メニュー名」の入力欄に「トップページフッターメニュー」など任意の名前を入力して、「メニューを作成」をクリックします

メニュー名はサイト上に表示されるものではないから、自分がわかりやすいと思う名称でOK!

③ メニューを作成 > 画面左側の「固定ページ」をクリックします(最初から開いてる場合は、そのままで大丈夫です)

④ 作成した固定ページ「サイトマップ」が表示されているので、ここにチェックを入れて「メニューに追加」をクリックします

「トップページフッターメニュー」に、固定ページ「サイトマップ」が追加されてることを確認しよう!

⑤ 画面下部の「メニュー設定」という項目で、「フッター用メニュー」にチェックを入れます

使用してるWordPressテーマによって、選択肢が変わってきます(上記は WING(AFFINGER5)における例)

⑨ 最後に、画面右下の「メニューを保存」をクリックすれば、第2ステップも完了です

実際に反映されているか、フッターを見てみましょう🐥

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_2-01

↑ こんな感じで表示されていればOKです。 クリックしてみると…

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_2-02

↑ サイトマップが自動生成されたページが、無事表示されました

最後に、このサイトマップページの表示設定をアレンジしていきます🐥

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

【ステップ③】ユーザーサイトマップのデザインや表示内容を設定

pc-work-202001_04

WordPress管理画面 > 設定 > PS Auto Sitemap をクリックします

いろんな設定項目がありますが、僕が最優先で行っているのは次の2つだけ

wordpress-ps-auto-sitemap-202001_2-03

  • 「スタイルの変更」:実際に表示されるサイトマップのデザインを決められます(個人的なおすすめは「キューブ」)
  • 「キャッシュの使用」:チェックを外しています(理由は、ほかのキャッシュ系プラグインとの干渉エラーを防ぐため)

上記以外の項目については、僕は基本デフォルトのままです

参考までに、そのほかの項目の説明が下記になります🐥

  • ホームページの出力:サイトマップ一番上に、トップページの項目が表示されます
  • 投稿リストの出力:通常の記事ページの一覧が表示されます
  • 固定ページリストの出力:固定ページの一覧が表示されます
  • 出力階層制限:カテゴリーの階層を、何段階まで表示するか指定できます
  • 先に出力するリスト:一覧の並び順を指定できます
  • カテゴリーと投稿の表示:同一ページに、両方のリストを表示するかどうか指定できます
  • 除外カテゴリ:表示したくないカテゴリーを指定できます。 カテゴリーIDを入力します(例:1と20と300の場合「1,20,300」)
  • 除外記事:表示したくない記事を指定できます。 ページIDを入力します(入力方法は、上に同じく)

基本的な設定方法と使い方は、これでOKです

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.