wordpress-wp-fastest-cache-202001-ec

WordPress

WordPressプラグイン「WP Fastest Cache」の基本的な設定方法【ブログのキャッシュ削除】



今回は、WordPressブログにおける代表的なプラグインの1つ…

WP Fastest Cache

の基本的な設定方法をご紹介していきたいと思います

まず「WP Fastest Cache」は、WordPressのキャッシュ管理におすすめなツールです

「キャッシュ」とは?

以前の読み込みデータを利用して次回のページ読み込みをスムーズに行うための、事前にまとめられたデータ

サイトデザインや投稿を更新したら、古い情報を読み込まないように「キャッシュ削除」をするのが一般的です

主な特徴や機能は次の通り

  • 設定画面が日本語に対応していてわかりやすい!
  • 「キャッシュ」の有効・無効の切り替えを、クリック1つで行える!
  • すなわち、万が一のキャッシュに伴うエラーやトラブル時にも対応しやすい!
  • 手動のキャッシュ削除も、1クリックで簡単!

ちなみに「有料版」もありますが、今回ご紹介するのは「無料版」における設定です

僕もブログを開設するたびに必ず導入するプラグインなので、備忘録もかねて「このサイトでも実際に行ってる設定例」を公開しておきます

それではさっそく見ていきましょー🐥

【プラグイン導入の前に】プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、またプラグイン自体の問題などによってWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任にてお願い致します。

当ブログのWordPress環境

  • 使用してるテーマ:WING(AFFINGER5)
  • 使用してるエディタ:旧エディタ(クラシックエディタ)
  • 使用してるプラグイン:↓ の記事ですべて公開してます

WordPressブログで愛用中のおすすめプラグイン「16個」と設定方法をまとめて公開

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

WordPressプラグイン「WP Fastest Cache」の導入方法【インストールと有効化】

pc-work-202001_01

普通に「インストール&有効化」をするだけなので、わかる方は読み飛ばしていただいてOKです

① WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

② 画面右上の入力欄に「WP Fastest Cache」と入力

wordpress-wp-fastest-cache-202001-icon

③ ↑ のアイコンが目印のプラグイン「WP Fastest Cache」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリック

プラグインの導入はこれでOKです🐥

WordPressプラグイン「WP Fastest Cache」の基本的な設定方法(あくまで一例)

pc-work-202001_02

下記内容は、当プラグインの「無料版」における設定例になります

【はじめに】設定画面を日本語に切り替える

まずは事前準備として、設定画面を日本語に切り替えていきます

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_01

↑ WordPress管理画面 > WP Fastest Cache をクリックします

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_02

↑ 画面下部の「Language」の選択肢を開いて、「日本語」を選択しましょう

選択したら、「Submit」をクリックします

これで、設定画面が日本語に切り替わります

ここからは、肝心の設定について見ていきましょう🐥

基本的な設定

pc-work-202001_03

ここでは、僕が実際に行っている設定例をもとにご紹介していきます

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_03

↑ 左上の「設定」タブを開きます(基本は最初から開いてます)

ずらっと設定項目が並んでいますが、上から順にチェックを入れられる項目にはすべてチェックを入れていきます

ちなみにチェックを入れられない項目は、「有料プランのみ対象」の項目なのでスルーでOKです

で、1番上の項目から順にチェックを入れていくと…

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_04

↑ このように、ポップアップメニューが現れる項目が3つだけあります

このポップアップ内の選択肢については、下記がそれぞれ実際の設定例です

まず1つ目の「Preload」のポップアップでは、↑ 画像のように…

「ホームページ」「投稿」「カテゴリー」

「固定ページ」「タグ」「Attachments」

の6つにチェックを入れます。 その後、「OK」をクリックです

「Preload」とは?

サイトのすべてのキャッシュを、あらかじめ自動作成する設定です。サイトを訪れたユーザーに対して表示速度を高めるための設定となります

つづいて、2つ目に現れる…

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_05

↑ 「新しい投稿」のポップアップについては…

「Clear All Cache」

を選択します(デフォルトで選択されていれば、そのままでOK)

「新しい投稿」とは?

新規で投稿ページや固定ページを公開した際に、古いキャッシュをクリアするかどうかの設定です

最後に、3つ目に現れる…

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_06

↑「Update Post」のポップアップについても、同じく…

「Clear All Cache」

を選択します

「Update Post」とは?

公開済みの投稿ページや固定ページを更新した際に、古いキャッシュをクリアするかどうかの設定です

そのほかの項目は、普通にチェックを入れていきます。 最終的に…

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_07_fp

↑ このような形になります。 これで、基本的な設定は完了です

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう

今度は、「WP Fastest Cache」の日常的な使用方法について見ていきます🐥

一瞬だよ

WordPressプラグイン「WP Fastest Cache」の使い方【キャッシュの手動削除】

pc-work-202001_04

WordPressブログを運営していると、自動で生成されていくキャッシュ

このキャッシュは、「WP Fastest Cache」で手動削除することができます

具体的な手順は、下記の通り

wordpress-wp-fastest-cache-20200130_08

↑ WordPress管理画面の上部バーに表示されている「Delete Cache」にカーソルを合わせて、「Clear All Cache」をクリックします

基本はこれだけでOK。 超簡単ですね🐥

ちなみにその下の「Delete Cache and Minified CSS/JS」は、CSSファイルやJavaScriptファイルを変更した場合に使う、やや専門的な項目です

なんのことかわからなければ、基本はスルーでOK!

基本的な使い方はこれで以上となります

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.