ワードプレス

ブログの「Lazy Load」機能とは?「画像の遅延読み込み」で、ページ表示速度を高速化しよう【WordPressブログ】

WordPress_Lazy Loadとは?_アイキャッチ



あずきです🐥

WEBサイトにおける「ページ表示速度の改善」に欠かせない…

Lazy Load(画像などの遅延読み込み)

という機能について、ブログ初心者さん向けに1から解説していきます♪

具体的には、次の3点です

  • 「Lazy Load」とは? メリットと仕組み
  • 「Lazy Load」のデメリット(弱点)と対策
  • WordPressで実際におすすめな、「Lazy Load」系プラグイン【LazyLoad SEO】

さっそく見ていきましょー🐥

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー 02

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマや他のプラグインとの干渉などでWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめのバックアップをおすすめします

関連:WordPressプラグイン「BackWPup」の基本的な設定方法【ブログに必須なバックアップ】

「Lazy Load」とは? メリットと仕組み【画像などの遅延読み込み/アクセス時の負荷を軽くする】

ブログガイド_見出し_01

「Lazy Load」とは、WEBサイトの表示スピードを高速化するために、画像などをあえて「遅延読み込み」させる機能です

まず1点気をつけたいのが、ここで言う「Lazy Load」という言葉自体は…

特定のプラグイン名とかではなく、「遅延読み込み」という機能全般のこと

を指してます

ただ!

「遅延読み込み」とか急に聞くと、なんとなく「表示スピード遅くなりそう…」と思うかもですよね

でも基本的には、この「遅延読み込み」という機能を取り入れることで、表示スピードは格段に改善できます

その仕組みは次の通り

LazyLoad(遅延読み込み)機能を入れてない場合

  • そのページにアクセスした時点で、ページ内にある全画像を一気に読み込み始める
  • すべての画像の読み込みがおわって、やっと読者の手元にページが表示される

例えば「高容量の画像を30枚」とか貼ってるページだと、アクセスした瞬間の「よーいどん!」のページ表示が遅くなってしまうのは明白ですよね

表示の遅さは、即離脱の要因につながっちゃう…

そんなページ表示の「よーいどん!」を高速化するのが、今回の「画像の遅延読み込み=Lazy Load」という機能です

LazyLoad(遅延読み込み)機能を入れてる場合

  • アクセスした時点では、冒頭の画像しかあえて読み込まない!
  • 読者が画面をスクロールしていくのに合わせて、冒頭以降の画像を順に読み込んでいく!

※ここではわかりやすく、「遅延読み込み」の対象として1番代表的な「画像」を例にしましたが、実際には「動画」「Google Map」などについても同様のことが言えます

続いて今度は、そんな「Lazy Load」機能のデメリットを見ていきましょう🐥

「Lazy Load」のデメリット(弱点)と対策【検索エンジンが画像の存在を認識しない=SEO面で不安】

ブログガイド_見出し_02

WEBサイトにおいて超重要な「読み込みスピードの改善」につながる、極めて便利な印象の「Lazy Load」という機能

ただそんな「Lazy Load」にも、弱点はあります

特に代表的なのが…

  • アクセス時点では冒頭の画像しか読み込まないので、「検索エンジンに画像の存在を認識してもらえない」こと

です

結論なにが困るかと言うと、「SEO面で不利になる」という可能性があるんですね

※検索エンジンに認識されないだけで、読者の手元には(画面をスクロールしていけば)冒頭以降の画像もちゃんと読み込まれるのでご安心ください

とはいえ、「SEO面で不利になる可能性が…」とか聞くと、実際この「Lazy Load」という機能を入れるか迷うかもですよね

対策はないのか?

結論、あります🐥

1番手っ取り早いのは、専用の「プラグイン」を入れること

いわゆる「Lazy Load」系のプラグインは世の中にたくさんありますが、そのなかには…

Lazy Loadの「画像読み込み」機能をもちつつ、検索エンジンにも画像の存在を「認識」させる
(つまり、SEO面の弱点もカバー!)

そんな、便利すぎるツールがあるんですね

次パートで、そんな一押しプラグインをご紹介します🐥

WordPressで実際におすすめな、「Lazy Load」系プラグイン【LazyLoad SEO】

ブログガイド_見出し_03

ここまでのポイントを踏まえたうえで、僕が実際に愛用してる「Lazy Load」系プラグインをご紹介します

ズバリ…

  • LazyLoad SEO

というプラグインです

ちなみにこのプラグインは、WordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」「STINGER PRO2」専用の有料プラグインで、料金は「5,000円(税込)」です

主な機能は2つ

  • 「LazyLoad」の機能 ⇒ 画像だけでなく、ブログに埋め込んだ「YouTube動画」や「Google Map」なども遅延読み込みできる!
  • その機能に加えて、検索エンジンにも画像の存在を認識させられる ⇒ 「Lazy Load」の弱点であるSEO面もしっかりカバー!

「LazyLoad SEO」の概要と、購入・ダウンロードなどの手順はこちら♪

WordPressプラグイン「LazyLoad SEO」の購入・ダウンロード・解凍手順_アイキャッチ
WordPressプラグイン「LazyLoad SEO」とは?購入手順と、ダウンロード&解凍方法【AFFINGER系専用】

続きを見る

「LazyLoad SEO」の導入・設定方法はこちら♪

WordPressプラグイン「LazyLoad SEO」の導入・設定方法_アイキャッチ
WordPressプラグイン「LazyLoad SEO」の導入手順と、基本的な設定方法【画像の遅延読み込み+SEO対策】

続きを見る

おしまい♪

あずき🐥

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー 02

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

-ワードプレス

© 2020 あずきのぶろぐ。