ワードプレス

【WordPressブログ】「Moreタグ」とは?ぶっちゃけ必要?【本来の役割と、実際の用途】

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_アイキャッチ



あずきです🐥

WordPressブログの記事編集で使える機能の1つ…

Moreタグ

について、ブログ初心者さん向けに1から解説していきます

具体的には、次の3点です

  • WordPressの「Moreタグ」とは? 本来の役割と挿入方法
  • とはいえ実際の用途は、ほぼほぼ「広告挿入」用
  • 「Moreタグ」ってぶっちゃけ必要?

さっそく見ていきましょー🐥

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー 02

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

今回の記事はこちらの章に属しています

WordPressブログガイド 第9章「豆知識」編 

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

WordPressの「Moreタグ」とは? 本来の役割と挿入方法【記事一覧の表示を「抜粋文+続きを読む」にできる】

ブログガイド_見出し_01

Moreタグとは、TOPページの「記事一覧」エリアで、各記事を「全文表示」ではなく…

  • 「抜粋文」「続きを読む(READ MORE)」という2段階表示にする
  • そして、各記事の「どの部分までをTOPページで抜粋表示させるか?」を指定する

この2つの役割をもってます

そもそもWordPressでは、(特にデフォルトの無料テーマの場合)新規記事を投稿すると…

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-01

↑ このように、TOPページには新着記事がそれぞれ「全文表示」されてしまうんですね

これだと、ぶっちゃけ記事一覧になってない…

そこで、Moreタグの出番です

各記事の全文を、Moreタグを使って「Moreタグ以前」「Moreタグ以降」の2つに分割することで、TOPページには「全文」ではなく…

  • 「抜粋文」 ⇒ Moreタグ以前にあたる部分
  • 「続きを読む」ボタン ⇒ Moreタグ以降にあたる部分

という表示に切り替えさせることができます

具体的な手順は次の通り(「クラシックエディタ」を例に解説します)

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-02

↑ 編集画面を開いたら、「ビジュアル」モードのままで…

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-03

↑「Moreタグ」を挿入したい行で、画面上部の「Moreタグ」アイコンをクリックするだけでOK♪

ちなみに「Moreタグ」アイコンというのは…

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-04

↑ こちらのボタンです

プレビューで見てみると…

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-05

↑「Moreタグ」以降の部分が…

WordPress_Moreタグとは?ぶっちゃけ必要なの?本来の役割と実際の用途_1-06

↑ このように、「続きを読む」ボタンに切り替わりました

メモ

上記は、ビジュアルモードの機能拡張プラグイン「TinyMCE Advanced」を導入してる前提の手順になります

また、実際の表示デザインは使用してるテーマによっても異なります(画像は、WordPress公式の無料テーマ「Twenty Twenty」における一例です)

wordpress-tinymce-advanced-202001-ec
WordPressプラグイン「TinyMCE Advanced」の基本的な設定方法と使い方【ブログのビジュアルエディタを拡張】

続きを見る

これで、TOPページから「記事一覧」がパッと確認できますね

ただ!

これはあくまで、Moreタグの「本来」の役割にすぎません

実際には、このMoreタグは「まったく別の目的」のために使われてる場合が大半です

次パートへ!

【Moreタグ】とはいえ実際の用途は、ほぼほぼ「広告挿入」用

ブログガイド_見出し_02

WordPressでMoreタグが使われてるその「実際」の用途は、ほぼほぼ…

  • 「広告挿入」用

です

具体的には、広告を「複数記事の指定したエリアに自動挿入するとき」によく使われます

というのも「手動」で広告を1つ1つ貼るのではなく、「自動」で各記事にまとめて貼るようにしたい場合…

その指示書となるプログラミングコードを、「function.php」などのファイルに記述する

これが基本になるんですね(実際には、もっと簡単な方法もあります)

急に難しい単語が出てきたけど、ここでは「へ~」くらいに思っておけばOK!

で、この「各記事に自動で広告を貼りたいエリア」の ”目印” として、この「Moreタグ」が活躍します

代表的なパターンが…

  • 各記事の「Moreタグがある位置」の直前に、アドセンス広告を自動挿入

といった形

つまり、広告の配置例で1番オーソドックスな…

記事タイトル&アイキャッチ画像
リード文
広告
本文の見出し
本文

といった形で広告を自動挿入するために…

記事タイトル&アイキャッチ画像
リード文
広告
Moreタグ
本文の見出し
本文

このような配置でMoreタグを挿しこんでおく、これが実際には「あるある」な使われ方になってます

とはいえ…

Moreタグは必ずしもマストアイテムというわけではないんですね

1番大事な次パートへ!

「Moreタグ」ってぶっちゃけ必要?【結論、今はもう使ってない】

ブログガイド_見出し_03

WordPressでアドセンス広告を貼るようになると、Moreタグっていつの間にか…

  • 1番目の見出し直前に、必ず入れるもの

という認識になってる人も多いかもしれません(自分だけだったらごめんなさい)

でも!

「WordPress歴3年目」にしてふと気づいたんですが、Moreタグって「もはや使う必要ないよね」という結論に至りました

気づくのだいぶ遅い

なぜか?

答えはシンプルで、Moreタグの用途である…

  • 記事一覧の表示を「抜粋」にする!
  • 広告を、「リード文」と「1つ目の見出し」の間に自動挿入するために使う!

これって、「WordPressテーマ」によっては(Moreタグなしで)簡単にできてしまうんですね

参考までに、このブログで愛用中のテーマ「WING(AFFINGER5)」の場合…

  • 記事一覧の表示を「抜粋あり」にする!(文字数の指定も可能)
  • n番目の各見出し直前に、アドセンス広告を自動挿入する!

といった設定項目が、普通にもう用意されてます

クリック1つ!

なので、今まで当たり前に使っていた「Moreタグ」の出番が本当になくなっちゃったわけです

というか、そもそも「アドセンス広告を自動挿入する」ために、わざわざ…

  • 「functions.php」にプログラミングコードを記述する

という面倒な作業も、「テーマ側の機能からボタン1つでできちゃう」そんな今となってはまったく必要ないよね、と思いましたとさ

おしまい♪

あずき🐥

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー 02

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

今回の記事はこちらの章に属しています

WordPressブログガイド 第9章「豆知識」編 

あずきのWordPressブログガイド 総合TOP 

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

-ワードプレス

© 2020 あずきのぶろぐ。