x-server-rental-202002-ec

WordPress

【2020年版】エックスサーバーのレンタル手順を初心者向けに優しく解説【ブログ開設】



今回は、ブログ開設の第1歩である「レンタルサーバー契約」について、ズバリ…

エックスサーバー

の基本的なレンタル手順を、初心者の方向けに画像つきでご紹介していきたいと思います

ちなみに、ブログ開設の「全体像」は次の通り ↓

WordPressブログ開設の4ステップ

  • ① レンタルサーバー契約 ←今回のステップ!
  • ② ドメイン取得とネームサーバー設定
  • ③ ドメイン設定&SSL設定
  • ④ WordPressインストール

で、今回ご紹介する【ステップ①】  レンタルサーバー契約 のステップは、具体的には…

  1. お申込み&プラン選択
  2. 料金のお支払い
  3. (任意で)自動更新の設定

この3つのステップにわけられます

「レンタルサーバーを契約」と聞くと、初めてブログを立ち上げる方には難しい響きかもですが、実際にやるべきことはいたって簡単です

それではさっそく見ていきましょー🐥

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

エックスサーバーのレンタル手順

【第1ステップ】お申し込み&プラン選択

pc-work-202001_01

まずは、第1ステップ「お申込み&プラン選択」からです

サーバーの申込み自体はいたって簡単なので、ポイントとなるのはやっぱり「プラン選択」かなと思います

プラン選びのコツもこのあと解説していくよ!

エックスサーバー にアクセスします

x-server-rental-202002_1-01

↑ 画面上部の「お申し込み」タブを開いて、「サーバーお申し込みフォーム」をクリックします

x-server-rental-202002_1-02

↑「初めてご利用のお客様」という項目の、「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします

x-server-rental-202002_1-03

ここから、お申込みフォームへの入力をしていきます

肝心のプラン選択も、この画面で行うよ

この「プラン」選択については任意ですが、結論としては「X10プラン」を選んでおくのが個人ブログならまず無難かなと思います

はじめに「プライス面」は、それぞれ次の通り

月額(36ヶ月契約の場合)

  • X10プラン:900円(税抜)
  • X20プラン:1,800円(税抜)
  • X30プラン:3,600円(税抜)

この金額を見てもわかるように、「X10」「X20」「X30」と数字が上がるごとに「上位プラン」という位置づけになっていきます

ただし、実質的な違いは…

  • ディスク容量
  • MySQLの個数

ほぼほぼこの2点に尽きます

順に解説していきますね🐥

むずかしそうな印象だけど、超簡単だから大丈夫

【プラン選びのポイント①】ディスク容量について

例えば「ブログ用の画像」をWordPressにアップロードすると、サーバー側でこの「ディスク容量」を使用します

で、さっき挙げた「X10プラン」でも、このディスク容量は「200GB」も用意されているんですね

ちなみに、プランごとの「ディスク容量」は次の通り

ディスク容量

  • X10プラン:200GB
  • X20プラン:300GB
  • X30プラン:400GB

そもそもブログにアップロードする画像の容量は、一般的に「100~200KB」とか、重たくてもせいぜい「300~400KB」くらいまでです

(それより重たい画像を使うのは、推奨できないという意味で)

あんまり容量の大きい画像を使うと、ページ読みこみも重たくなる!

で、仮に画像1枚の容量が「平均250KB」だとしても…

「200GB」というディスク容量は、「209,715,200KB」つまり「約2億KB」にも相当するので、ざっと「80万枚」以上はアップロードできる計算になります

なので結論、「ディスク容量」で見れば「X10プラン」で十分だと僕は思ってます

よほど重たい画像もりもりのブログでも作らない限りは

【プラン選びのポイント②】MySQLの個数について

「MySQLにおける個数」というのは、すなわち「データベース数」のことを指します

じゃあこの「データベース数」というのはなにかと言うと、実質的にブログを開設できる上限数になります

つまり、「1つのブログを開設するごとに、MySQLのデータベースを1個使う」というイメージですね

で、「X10プラン」でもこのデータベースは「50個」付いてきます

ちなみに、プランごとの「MySQLデータベース数」は次の通り

MySQL(データベースの作成数)

  • X10プラン:50個
  • X20プラン:70個
  • X30プラン:70個

なので、ブログを50個も100個も量産する予定でもない限りは、まず「X10プラン」で十分だと思います

ちなみにこの「X10」「X20」「X30」といったプランは、あとから変更することもできます

つまりよほど明確な理由でもなければ、「まずはX10プランからスタート」というのが個人的な結論です

【補足】ドメインのSSL設定について【どのプランでも無料で付いてくる】

「SSL設定」とは、データのやり取りが外部に漏れないようにするためのセキュリティー設定になります

今やWEBサイトにおいて必須とも言えるくらい大切な設定で、ドメイン(ブログ)ごとに行います

ちなみにこの「SSL設定」を行ったサイトのURLは、「http」から「https」に表示が替わります

で、エックスサーバーでは「X10」「X20」「X30」いずれのプランを選んでも、このSSL設定が無料で付いてきます

ということで、プラン選択が無事できたら「お申込み」手順のつづきです🐥

x-server-rental-202002_1-04

↑ その下の「登録情報」も一通り入力していきます

x-server-rental-202002_1-05

↑ 一通り入力し、画面下部の「利用規約」「個人情報に関する公表事項」を確認・同意できたら…

「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意する

という欄にチェックを入れて、「お申込み内容の確認へ進む」をクリックします

x-server-rental-202002_1-06

↑ つづいて、「SMS認証」もしくは「電話認証」のステップになります

携帯を用意して、「SMS・電話認証へ進む」をクリックします

あとはアナウンスの通りに進めていき、最後に「内容の確認」をして問題なければ「お申込み」を確定しましょう

確定されると、さきほど登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます

この確認メールにはパスワードも書かれてるから、大事にとっておこう

これで、エックスサーバーのレンタルお申込みはOKです

今度は、第2ステップ「料金支払い」に入っていきます🐥

【第2ステップ】料金のお支払い

pc-work-202001_02

第2ステップは、「料金のお支払い」です

Xserverアカウント(旧:インフォパネル)にアクセスして、ログインします

ログインには、さきほど登録した「メールアドレス」と、確認メールに記載されている「パスワード」を入力すればOKです

x-server-rental-202002_2-01

↑ 画面左側の「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします

x-server-rental-202002_2-02

↑「サーバー」という項目の一覧に、今回契約したレンタルサーバー情報が表示されています

左端にチェックを入れて、更新期間を選択しましょう

その後、右下の「お支払方法を選択する」をクリックします

x-server-rental-202002_2-03

↑「クレジットカード / 銀行振込 / コンビニエンスストア / ペイジー」のなかから、任意の決済方法を選んで決済画面に進みます

ちなみに僕は「更新忘れ」というリスクを防ぐために、クレジットカード決済を選択したうえで、「カード自動更新設定」というのを追加設定しています

「カード自動更新設定」の方法は、このあと解説するよ

あとは画面の指示通りに進めていき、料金を確認して問題なければ、お支払いを確定しましょう

確定したら、「料金のお支払いが完了しました」という表示を確認します

これで、第2ステップ「料金のお支払い」もOKです

最後に、今後の料金支払いを忘れてしまわないための「自動更新設定」についてご紹介していきます🐥

【補足】更新忘れのリスク対策で、「カード自動更新設定」が便利

pc-work-202001_03

エックスサーバーでは、更新忘れでレンタルサーバー契約が切れてしまわないように「カード自動更新設定」という機能が用意されています

デフォルトではオフになっていますが、万が一を考えて、この「自動更新」は設定しておくと便利です

やり方は簡単

x-server-rental-202002_3-01

↑ 画面左側の、「カード自動更新設定」をクリックします

x-server-rental-202002_3-02

↑「クレジットカード情報の登録」タブをクリックします

あとは画面の指示通りに、自動更新に使用するクレジットカード情報を登録しましょう

登録ができたら…

x-server-rental-202002_3-03

↑ 今度は、「カード自動更新設定」タブをクリックします

x-server-rental-202002_3-04

↑「サーバー」という項目の一覧に、今回契約したレンタルサーバーの情報が表示されています

右端の「設定」をクリックしましょう

x-server-rental-202002_3-05

↑ これで、「自動更新」のステータス表示が「〇」に切り替われば、カード自動更新の設定は完了です

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.