WORDPRESS

【2021年】「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方を1から解説【WordPressプラグイン/返信文の雛形あり】

「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方
 

あずきです🐥

WordPressのお問い合わせフォーム作成プラグインとして代表的な「Contact Form 7」で…

自動返信

を設定するやり方について、ブログ初心者さん向けに1から解説していきます 

 

まず!

この「自動返信」というのは、ブログの読者さんが「お問い合わせフォーム」からメッセージを送信していただいた際に…

メッセージを受け付けました

といった旨の「確認メール」を自動で返信できる、「Contact Form 7」のサブ機能のこと

 

具体的には、例えば…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 top-01

↑ こういった内容のメールを自動で返信することができ、またそのテンプレートも任意の内容にカスタマイズが可能です

設定もいたって簡単!
 
 

ということで、さっそく見ていきましょー🐥

 

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ

「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

今ならプラグイン「すごいもくじLITE」を期間限定で配布中!

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?気に入ってる点・気になる点を、専業ブロガーが本気レビュー【愛用テーマ】

【2021年】「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方を1から解説【WordPressプラグイン/返信文の雛形あり】

ステップ1:自動返信の基本的な設定方法【メール (2) を使用】

WordPress ヘッダー c-01

 

まずは、WordPress管理画面の左側にある一覧メニューから…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-01

↑ お問い合わせ > コンタクトフォーム をクリックします

 

つづいて…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-02

↑ こちらの「コンタクトフォーム 1」という項目をクリックし、そのなかの上部に表示されている…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-03

↑ こちらの「メール」というタブをクリックしましょう

 

「メール」タブを開いたら、画面の1番下側にある…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-04-a

↑ こちらの「メール (2) 」という場所まで、画面をスクロールしていきます

この「メール (2) 」っていうのが、「自動返信」の設定に使える項目!
 

この「メール (2) 」という場所を見つけたら、そのなかに表示されている…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-04-b

↑「メール (2) を使用」という項目に、チェックを入れましょう

 

すると、その下側に…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-top-04-c

↑ このように、「メール(2) 」用の設定エリアが新たに表示されます

 

この設定エリアで、「Contact Form 7」における「自動返信」の各種設定を行っていく形です

上から順に見ていくよ!
 

自動返信の設定:「送信先」「送信元」

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-01

↑「送信先」と「送信元」の項目では、そのまま…

  • 送信先 → 「自動返信」メールの送信
  • 送信元 → 「自動返信」メールの送信

の内容を、それぞれ指定することができます

 

で、ここは2つとも「デフォルトのまま」でOKです

 

参考までに、この2項目に最初から入っている [ ] で囲われた各種「タグ」部分には…

  • [your-email] → お問い合わせフォームの「メールアドレス」欄に入力された、読者さんのメアド
  • [_site_title] → 自分のブログの「サイトタイトル」

が、それぞれ自動で適用される仕様になっています

 

自動返信の設定:「題名」

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-02-a

↑「題名」という項目では、お問い合わせフォームからメッセージを送信してくれた読者さん宛に「自動送信」されるメッセージの…

件名

を指定することができます

 

デフォルトでは、上の画像のように…

  • [_site_title] → 自分のブログのサイトタイトル
  • [your-subject] → お問い合わせフォームの「題名」欄に読者さんが入力された、メールの件名

という2つの「タグ」の並びが設定されていて、このままでも問題はなさそうですが、より丁寧な設定にするなら…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-02-b

↑ このように…

  • お問い合わせありがとうございます
  • メッセージを受け付けました

といった「任意のメール件名」に自分で差し替えましょう

その場合、タグは使わず「手入力」で普通に入れれば大丈夫だよ!
 

自動返信の設定:「追加ヘッダー」

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-03-a

↑「追加ヘッダー」という項目では、メッセージを送信してくれた読者さんへの「自動返信」メールに対して…

読者さん側がさらに「返信」の操作を行った場合

に、(読者さん側の)メール作成画面で「宛先」欄に表示されるメールアドレスを指定できます

つまり、「自動返信メールに対する返信メール」を起こしたときの宛先!
 

デフォルトでは…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-03-b

↑ このように…

[_site_admin_email]

という「タグ」が設定されている形です

 

ただ!

この初期設定のままだと、いざ「自動返信」メールに対して読者さんから「返信」の操作が行われたときに…

自分のブログの「管理者メールアドレス」

が表示されてしまいます

 

「管理者メールアドレスは公には出さずに、お問い合わせの対応にはお問い合わせ専用のメアドを使いたい!」という方もいると思うので、その場合は…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-03-c

↑ このように、あらかじめ入っている「タグ」は削除したうえで「第三者に公開してもOKな任意のメアド」に差し替えておくのがおすすめです

先頭の Reply-To: までは残して、その右側を差しかえよう!
 

補足

デフォルトの設定では Reply-To: と [_site_admin_email] の間に「半角スペース」が入っていますが、上記のようにほかのメアドに差し替える場合、「半角スペースなし」で大丈夫でした

 

自動返信の設定:「メッセージ本文」

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-04-a

↑「メッセージ本文」の項目では、読者さんへ「自動返信」されるメールの…

本文内容

を指定できます

 

デフォルトの設定では…

メッセージ本文:
[your-message]

--
このメールは [_site_title] ([_site_url]) のお問い合わせフォームから送信されました

という少し淡泊なテンプレートになっているので、ここは任意でカスタマイズしましょう

 

参考までに、おすすめな雛形(テンプレート例)としては…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-04-b

↑ 例えばこのような感じ

あくまで一例だよ
 

ちなみに、上記の雛形をコピペして使われる場合には…

お問い合わせありがとうございます

メッセージの送信が完了いたしました

ブログ運営者名 | [_site_title] ([_site_url])

--------------------------------------------------

下記の内容にて承りました

・お名前:[your-name]
・メールアドレス:[your-email]
・題名:[your-subject]
・メッセージ本文:
[your-message]

--
このメールは [_site_title] ([_site_url]) のお問い合わせフォームから送信されました

↑ こちらをそのまま設定フォームに貼り付けたうえで、そのなかの…

ブログ運営者名

という赤文字の箇所を、ご自身のお名前やニックネームに差し替えてお使いください

 

あとは、「メッセージ本文」欄の下側に表示されている…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-04-c

↑ こちらの2項目ですが、ここは通常デフォルトのままでOKです

 

自動返信の設定:「ファイル添付」

 

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-1-05

↑「ファイル添付」という項目も、通常デフォルトのままでOKです

 

ということで…

ここまで一通り設定できたら、画面の下側もしくは右側にある「保存」ボタンをクリックして、「自動返信」の設定は完了となります

 

最後に!

今回の「自動返信」メールが内容も含めて正常に機能するかどうか、念のため「テストメール」を送信してみましょう🐥

2つ目のステップへ!

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ

「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

今ならプラグイン「すごいもくじLITE」を期間限定で配布中!

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?気に入ってる点・気になる点を、専業ブロガーが本気レビュー【愛用テーマ】

 

ステップ2:テストメッセージを送信して、「自動返信」が問題なく届いたか確認してみよう

WordPress ヘッダー c-02

 

ご自身で作成した「お問い合わせフォーム」ページを開いたら…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-2-01

↑ テストメッセージを送信してみます

 
 

メッセージを送信できたら、上記フォームの「メールアドレス」欄に入力した宛先に「自動返信」メールがちゃんと届いているか、確認してみましょう

 

ちなみに、今回ご紹介した一連の設定内容をもとにテストメッセージを送ってみたところ…

WordPressプラグイン「Contact Form 7」で自動返信を設定するやり方 1-2-02

↑ このような「自動返信」メールが届きました🐥

 

補足

【1】WordPressの各種設定が反映されない場合、ブラウザキャッシュ(=ブラウザ側に一時保存される、以前の読み込み情報)が影響している可能性があります

 

ブラウザキャッシュの干渉を受けずに最新のページを表示させるには、「スーパーリロード」という方法がおすすめです

  • Windows → 「Ctrl+Shift+R」 ※もしくは「Shift+F5」
  • Mac → 「Command+Shift+R」

【2】上記の方法でも反映されない場合、ページキャッシュ(=サーバー側に保存される、以前の読み込み情報)が影響している可能性があります

 

ページキャッシュを自動生成するプラグイン(例 WP Fastest Cache / Autoptimize )を導入している場合、そのなかの「キャッシュ削除」ボタンを試してみてください

 
「Autoptimize」の設定方法と使い方
【2021年】「Autoptimize」の設定方法と使い方を初心者向けに解説【WordPressプラグイン/コードの最適化でサイトスピードを高速化】

続きを見る

 
 

今回の記事はこちらの章に属しています

 第4章 プラグイン 編         

次の章はこちらからどうぞ

 第5章 サイトマップ 編        

全9章のTOPです

あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ

ACTION AFFINGER6

 

 ✔ 洗練されたビジュアルと、ターゲットに合わせた「変幻自在」な柔軟性!

 ✔ 時間のかかる面倒なカスタマイズも、「クリック1つ」でさくさく実現!

 ✔ 本気で戦うためのSEO対策と、「稼ぐ」に特化したアフィリエイト機能!

今ならプラグイン「すごいもくじLITE」を期間限定で配布中!

※新エディタ「グーテンベルグ」への対応が強化されましたが、「クラシックエディタ」も引き続き使用できます

 

公式:「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?気に入ってる点・気になる点を、専業ブロガーが本気レビュー【愛用テーマ】

WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで
【2021年】WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで1から解説

続きを見る

 

About me

あずきアイコン main-01 背景透過

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

 

独立4年目 / 元アパレル → 歴10年

 

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます。 普段はTwitter(@azuki_rinrin)にわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

-WORDPRESS