広告 NBA

【2024年】NBA史上最強の5人+10人をガチ選出したら、銀河系どころじゃなくなった【妄想ドリームチーム】

NBA史上最強の5人+10人をガチ選出したら、銀河系どころじゃなくなった【妄想ドリームチーム】

※【2024年5月】NBAは現在、優勝を決めるプレイオフトーナメントの準決勝に突入しています

NBAファン歴20年目のあかね猫です

NBA好きならきっと誰もが、頭の中やノートの隅っこなどに描いたことがあるだろう…

NBA史上最強の5人

を、ガチ選出してみました

つまり、自分だけの妄想ドリームチーム!

 

まずはじめに、下記の3点を「前提条件」として挙げさせていただきます🐥

  • 今回の選出対象は、「1990年代以降」にNBAでプレーしていた or 現在もプレーしている選手!
  • 単に「最強の選手」を5名選ぶのではなく、あくまで「チーム」としてポジションも最低限ふまえて選出!
  • またNBAのチームというのは「先発5名」に「控え10名」が加わるため、その「+10名」まであわせて紹介!
要は、ぜんぶで「15人の史上最強メンバー」ってことだね!

 

そしてもう1点!

この「15名」をただ羅列するだけでは一瞬でおわってしまうので、この「銀河系」という表現すらも生温い ”史上最強のドリームチーム” を作るにあたって個人的に意識した…

6つの観点(選出のポイント)

についても、各プレイヤーの(凄すぎる)実績などを存分にふまえながら、順にご紹介していきますね🐣

ということで、さっそく見ていこー!

【2024年】NBA史上最強の5人+10人をガチ選出したら、銀河系どころじゃなくなった【妄想ドリームチーム】

NBA史上最強の「妄想ドリームチーム」はこの5人+10人!【宇宙がすぎる】

NBA 見出し-01

 

結論からお見せしてしまうと、次の15名です🐥

NBA史上最強の「妄想ドリームチーム」先発 5名

  • PG レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)
  • SG コービー・ブライアント
  • SF マイケル・ジョーダン
  • PF ティム・ダンカン
  • C シャキール・オニール

控え(というにはあまりに豪華すぎる)10名

  • G ジョン・ストックトン
  • G ステフィン・カリー(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  • G クレイ・トンプソン(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  • G/F カワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)
  • F スコッティ・ピッペン
  • F ケビン・デュラント(現フェニックス・サンズ)
  • F ヤニス・アデトクンボ(現ミルウォーキー・バックス)
  • F カール・マローン
  • C アキーム・オラジュワン
  • C ニコラ・ヨキッチ(現デンバー・ナゲッツ)
宇宙がすぎるメンツである

 

もちろん、上記のメンバーを一通り見て「わかるわかる!」と共感してくれる方もいれば、「●●が入ってなくね…?」と納得いかない方も当然いらっしゃると思います

なのでどちらかと言うと重要なのは、「選出したラインナップそのもの」よりも…

このメンバーをどういった意図や狙いで選出したのか?

その「自分なりに意識したポイント」の方なのかなと

つまり、「チームとして見たときにどんな強みがあるか」ってことだね

 

ということで…

今度はそんな、「妄想ドリームチーム」選出で意識した ”6つの観点” について見ていきましょう🐥

ちなみに余談として、上記の「最強15名」が獲得したNBAのチャンピオンリングを単純に全部足してみたところ、あわせて「46個」というよく分からない数字になりました(笑)

ほとんど「このメンツで独占してる」と言っても過言じゃない説

 

NBA史上最強の5人+10人(妄想ドリームチーム)選出において意識した、6つの観点

NBA 見出し-02

 

今回の「NBA妄想ドリームチーム」史上最強の5名+10名を選出するにあたり、特に意識したポイントは次の6つです🐥

  1. スリー主体の「超ハイペース・ハイスコア」な現代スタイルへの対応
  2. インサイド主体の「ローペース・ロースコア」な旧スタイルへの対応
  3. 「優れた司令塔」の存在
  4. 「超絶スコアラー」の存在
  5. 「最強デュオ」の存在
  6. 「大一番で勝負強い選手」の存在
順に見ていくよ!

 

ポイント1:スリー主体の「超ハイペース・ハイスコア」な現代スタイルへの対応

 

まず ”史上最強のドリームチーム” を結成するにあたって、真っ先に押さえておくべきポイントとして浮かんだのが…

現代のバスケスタイル

への対応です

具体的には、3ポイントが主体となった「超ハイペース&ハイスコア」なスタイルですね

というのも!

自分がNBAを見始めた2000年代では「80-90」みたいなロースコアが普通だったのが、2010年代の中盤あたりから「130-140」といった超ハイスコアが珍しくなくなりましたよね

最近じゃ「150点」とか入っても驚かなくなったよ

 

こうした超ハイペースなスタイルの恐ろしさって、たった10分そこらの ”爆発的なラン” であっという間に試合を決定づけてしまえるところ

つまりそういった「一気に試合を決めてしまえるポテンシャル」をもつ対戦相手を想定した場合に、インサイドを固めた ”従来のハーフコートバスケ” だけではもはや通用しないのかなと

で!

そんな「超ハイペース&ハイスコア」の鍵となるのは、言うまでもなくこのお二人ですね

ステフィン・カリー(現役)

  • 「シーズン3ポイント成功数」歴代1位!(402本)
  • 「キャリア3ポイント成功数」歴代1位!(現在も更新中)
  • 「オールスター1試合3ポイント成功数」歴代1位!(16本)

クレイ・トンプソン(現役)

  • 「単一クォーター得点」歴代1位!(37点)
  • 「単一クォーター3ポイント成功数」歴代1位!(9本)
  • 「シーズン1試合3ポイント成功数」歴代1位!(14本)
今や当たり前になった、「3ポイント中心」のバスケスタイルをNBAに広めた張本人たちである

 

また、そんな「カリー&トンプソン」らと共にNBA2連覇を成し遂げた最強のスコアラー「ケビン・デュラント」を始め、今回選出した15名のうち…

約半数にあたる7名が、現在もプレイしている選手

なので、「現在のバスケスタイルへの対応力」という意味では申し分ないのかなと🐥

 

ポイント2:インサイド主体の「ローペース・ロースコア」な旧スタイルへの対応

 

つづいて2つ目の観点は…

従来のバスケスタイル

への対応です

具体的には、特に1990年代まで主流となっていた「インサイド主体のローペース・ロースコア」なスタイルですね

1つ目のポイントと矛盾するようですが、やっぱりこの「旧スタイルへの対応」というのも ”史上最強のドリームチーム” を作るうえでは外せない要素なのかなと

「誰にも負けないチーム」って考えるとね

 

なぜなら現代の「超ハイペース&ハイスコア」なスタイルというのは、調子が良いときはとてつもない威力を発揮する一方で、「嚙み合わないときはとことん嚙み合わない」というリスクも付きまとうからですね

インサイド主体の守備的なスタイル、その最大のメリットは「アウトサイドの調子」に左右されることなく、2点や(フリースローの)1点ずつでもコツコツ積み上げ、そしてガッチリ守ることで…

ある程度「予測しやすい試合運び」ができるところ

じゃないかなと

「ティミーD」のいたサンアントニオ・スパーズがその代表例

 

ということで!

今回選出した15名のなかから、「インサイドの選手」を改めて見てみましょう🐥

  • ティム・ダンカン 211cm/113kg
    → 「オールNBAチーム」15回!
  • シャキール・オニール 216cm/147kg
    → 「オールNBAチーム」14回!
  • ヤニス・アデトクンボ 211cm/110kg
    → 「オールNBAチーム」7回! ※現役
  • カール・マローン 206cm/117kg
    → 「オールNBAチーム」14回!
  • アキーム・オラジュワン 213cm/116kg
    → 「オールNBAチーム」12回!
  • ニコラ・ヨキッチ 211cm/129kg
    → 「オールNBAチーム」5回! ※現役
このメンツに勝てるやつおるん?

 

ちなみにもう1点!

各選手の「ディフェンス能力」に特化して見てみると、最もわかりやすい指標の1つである「オールディフェンシブチーム」の選出実績が、次の通りです🐣

「オールディフェンシブチーム」選出回数

  • レブロン・ジェームズ → 6回! ※現役
  • コービー・ブライアント → 12回!
  • マイケル・ジョーダン → 9回!
  • ティム・ダンカン → 15回!
  • シャキール・オニール → 3回!
  • ジョン・ストックトン → 5回!
  • カワイ・レナード → 7回! ※現役
  • ヤニス・アデトクンボ → 5回! ※現役
  • カール・マローン → 4回!
  • アキーム・オラジュワン → 9回!
コービーの「12回」も凄すぎるけど、ダンカンの「15回」はもはや笑うしかない

ポイント3:「優れた司令塔」の存在

 

つづいて3つ目の観点は…

優秀な司令塔

の存在です

優れたチームを作るためには「優れた司令塔の存在」が不可欠なことは、もはや言うまでもないことかなと

そんな ”コート上の監督” 、そして今回選出したメンバーたちに鋭いアシストを供給してくれる役割は、この2名に託そうと思います🐥

レブロン・ジェームズ ※現役

  • 「シーズンMVP」4回!
  • 「アシスト王」1回!
  • 在籍チームをNBAファイナルに「8年連続」で導く!

ジョン・ストックトン

  • 「アシスト王」9回!
  • 「通算アシスト数」歴代1位!
  • 「通算スティール数」歴代1位!

1990年代に「史上最高のPG」とも評されたジョン・ストックトンに加え、さまざまな役割が求められるようになった ”ポジションレス” な現代スタイルの司令塔として…

リーグ随一のカリスマ性やリーダーシップ

を有する「史上最高のオールラウンダー」、レブロン・ジェームズ

この2人ならきっと、スーパースターが揃いに揃った最強ドリームチームのポテンシャルを120%引き出してくれるんじゃないかなと🐥

頼りがいがありすぎる

 

ポイント4:「超絶スコアラー」の存在

 

つづいて4つ目のポイントは、みんな大好き…

超絶スコアラー

の存在です

言いかえれば、チームの「スーパーエース」である(キリッ)

 

この「スーパーエース」や「超絶スコアラー」の重要性についてはもはや説明不要だと思いますが、まぁこの方たちに任せておけばなにも問題ないことでしょう🐥

  • コービー・ブライアント → 「得点王」2回、「1試合最多得点」歴代2位!(81点)
  • マイケル・ジョーダン → 「得点王」10回!
  • ケビン・デュラント → 「得点王」4回! ※現役

ちなみに上記のレジェンド3名以外にも、同様に「得点王」の受賞歴で見ると…

  • シャキール・オニール → 2回!
  • ステフィン・カリー → 2回! ※現役

であったり、また「歴代の通算得点」という面で見ると…

  • レブロン・ジェームズ → 歴代1位!(現在も更新中)
  • カール・マローン → 歴代3位!

と、まぁ凄まじいメンバーが揃っていることがわかります🐥

どうやってこのメンバーに勝てと?

 

ポイント5:「最強デュオ」の存在

 

つづいて5つ目のポイントは…

最強デュオ

の存在です

NBAの世界というのは往々にして「個々人のスキルや能力の高さ」はもちろんですが、それ以上に「味方との相乗効果」によって…

アンストッパブルな力を発揮

する選手というのもいますよね

その最たる例が、なにを隠そう「カリー&トンプソン」の最強スプラッシュブラザーズじゃないかなと

彼らのスイッチが一度入ったら、「ものの5分」でも取り返しのつかない差が生まれてしまう

 

ほかにも、1990年代にシカゴ・ブルズを2度のスリーピート(三連覇)へと導いた「ジョーダン&ピッペン」

また、同じ時代に西の覇者として2年連続で「最強ブルズ」とファイナルの激戦を繰り広げた、ユタ・ジャズの「ストックトン&マローン」

そして様々な噂が取り沙汰されながらも、2000年代に「三連覇」という紛れもない快挙を成し遂げた「シャック&コービー」

彼らの単に「コンビネーション」という枠を超えた、個々の能力だけでは太刀打ちできない「異次元の相乗効果」というのは、史上最強ドリームチームにおいても ”最大の強み” であることは疑いの余地がないのかなと思っています🐥

個人的には「カリー、クレイ、KD」のビッグ3がまじで最強だった

ポイント6:「大一番で勝負強い選手」の存在

 

最後の6つ目のポイントは…

大一番で勝負強い選手

の存在です

というのも、どれだけ実力や実績のあるプレイヤーを集めても、じゃあそれで「毎回すんなり勝てるか?」と言ったら、たぶんそう甘いものではないですよね

特に優勝がかかった大事な試合などでは「プレッシャー」も当然凄まじいと思うので、誰もが本来の力を発揮できるものではないはず

つまり、そうした ”大一番でこそ輝きを放つ選手” というのが揃って初めて、この「史上最強ドリームチーム」は完成するのかなと

で!

こうした「勝負強さ」を図る指標というのは色々あるかと思いますが、わかりやすく皆が納得できるものと言えば、やっぱり…

ファイナルMVP

じゃないでしょうか?

どうでしょうか?

 

そもそもまず「NBAチャンピオン」にまで登りつめることが絶対条件で、チームを優勝に導いてかつ、その大一番で「最も優勝に貢献した選手」に与えられる栄誉

そんな「ファイナルMVP」の受賞実績は、次の通りです🐥

「ファイナルMVP」の受賞回数

  • レブロン・ジェームズ → 4回! ※現役
  • コービー・ブライアント → 2回!
  • マイケル・ジョーダン → 6回!
  • ティム・ダンカン → 3回!
  • シャキール・オニール → 3回!
  • ステフィン・カリー → 1回! ※現役
  • カワイ・レナード → 2回! ※現役
  • ケビン・デュラント → 2回! ※現役
  • ヤニス・アデトクンボ → 1回! ※現役
  • ニコラ・ヨキッチ → 1回! ※現役
  • アキーム・オラジュワン → 2回!

もちろん「優勝」というのはいろんなチームメイトの活躍や役割が ”複合的” にかみ合って、初めて成し遂げられるものだと思うので、一概に「ファイナルMVPがすべて」とは思っていません

なので参考までに、「ファイナルMVP」の受賞を問わず、単純に「優勝した回数」というのもまとめてみました🐣

「NBAチャンピオン」の獲得回数

  • レブロン・ジェームズ → 4回! ※現役
  • コービー・ブライアント → 5回!
  • マイケル・ジョーダン → 6回!
  • ティム・ダンカン → 5回!
  • シャキール・オニール → 4回!
  • ステフィン・カリー → 4回! ※現役
  • クレイ・トンプソン → 4回! ※現役
  • カワイ・レナード → 2回! ※現役
  • スコッティ・ピッペン → 6回!
  • ケビン・デュラント → 2回! ※現役
  • ヤニス・アデトクンボ → 1回! ※現役
  • ニコラ・ヨキッチ → 1回! ※現役
  • アキーム・オラジュワン → 2回!
うん、誰もかなわないね!(遠い目)

 

ということで、いかがだったでしょうか?^^

今回選出させていただいた「15名」の史上最強ドリームチームというのは、個人的には腑に落ちた感じですが、一方で…

今後この15名に割って入るような、新たなスーパースター

というのも、これから当然でてくるかもしれませんよね

そんな「未来のスーパーヒーロー」の登場が、今から楽しみでなりません…🐥

ここまでお付き合いありがとう!

人気記事

NBAの「歴代最強チームランキング」BEST5
【2024年】NBAの「歴代最強チームランキング」BEST5を作ってみた【ファン歴20年目が”史上最強チーム”を本気で厳選】

続きを見る

NBAのスーパーイケメン現役選手5選(+10名)をファン歴19年が独断と偏見で選んでみた【超絶かっこいい】
【2024年】NBAのスーパーイケメン現役選手5選(+10名)をファン歴20年が独断と偏見で選んでみた【超絶かっこいい】

続きを見る

プロフィールカード bg-01
プロフィールカードアイコン main-02

あかね猫

専業ブロガー7年目 / 元アパレル(歴10年)/ 2024年からYouTubeも本格的に始めました!(旅行系チャンネル)

少しでも参考になりましたら、
\ シェアしていただけると励みになります!! /

-NBA