wordpress-backwpup-202001-ec

WordPress

WordPressプラグイン「BackWPup」の基本的な設定方法【ブログに必須なバックアップ】



今回は、WordPressブログにおける代表的なプラグインの1つ…

BackWPup

の基本的な設定方法をご紹介していきたいと思います

まず「BackWPup」は、WordPressの投稿データや画像ファイルなどをまとめて自動バックアップできるおすすめなツール(もちろん無料)

僕もブログを開設するたびに必ず導入してるプラグインなので、備忘録もかねて「このブログでも実際に行ってる一般的な設定例」をまとめておきたいと思います

それではさっそく見ていきましょー🐥

【プラグイン導入の前に】プラグインの種類によっては、導入済みのテーマやプラグインとの相性、またプラグイン自体の問題などによってWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめバックアップを取られた上で全て自己責任にてお願い致します。

当ブログのWordPress環境

  • 使用してるテーマ:WING(AFFINGER5)
  • 使用してるエディタ:旧エディタ(クラシックエディタ)
  • 使用してるプラグイン:↓ の記事ですべて公開してます

WordPressブログで愛用中のおすすめプラグイン「16個」と設定方法をまとめて公開

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

WordPressプラグイン「BackWPup」の導入方法【インストールと有効化】

pc-work-202001_01

普通に「インストール&有効化」をするだけなので、わかる方は読み飛ばしていただいてOKです

① WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

② 画面右上の入力欄に「BackWPup」と入力

wordpress-backwpup-202001-icon

③ ↑ のアイコンが目印のプラグイン「BackWPup」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリック

プラグインの導入はこれでOKです🐥

WordPressプラグイン「BackWPup」の基本的な設定方法

「BackWPup」の基本的な設定は、大きく2つにわかれます

  • ファイル系バックアップ設定(画像ファイルなどをバックアップ!)
  • データベース系バックアップ設定(投稿データなどをバックアップ!)

順に見ていきますね🐥

BackWPup:「ファイル系」バックアップ設定

pc-work-202001_02

まずは、「ファイル系」の自動バックアップ設定からです

wordpress-backwpup-202001_1-01

↑ WordPress管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加 をクリックします

ここからは、次の4つのタブにわけて設定していきます

  • ファイル系バックアップ「一般」
  • ファイル系バックアップ「スケジュール」
  • ファイル系バックアップ「ファイル」
  • ファイル系バックアップ「宛先:フォルダー」
上から順番に見ていこう

【ファイル系バックアップ】一般

ファイル系バックアップの「一般」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_1-02

↑ 画面上部の「一般」タブをクリックします

「このジョブの名前」: file_backup と入力します

「このジョブは…」:「ファイルのバックアップ」のみにチェックを入れて、そのほかは全部チェックを外します

「アーカイブ名」:デフォルトのままです

wordpress-backwpup-202001_1-03

↑「アーカイブ形式」:「Tar GZip」を選択します

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダーへバックアップ」のみを選択します

そのほかの項目:デフォルトのままです

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックします

【ファイル系バックアップ】スケジュール

ファイル系バックアップの「スケジュール」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_1-04

↑ 画面上部の「スケジュール」タブをクリックします

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」を選択します

「cron」とは?

「自動で行う」という意味です

「スケジューラーの種類」:デフォルトの「基本」のままです

「スケジューラー」:「毎週」を選択します。曜日と時刻はデフォルトの「3:00」のままです

「スケジューラー」とは?

自動バックアップのタイミング(日時)をここで決めます。 設定する日時は任意ですが、少なからずサーバーに負担をかけるため、アクセスが少ない時間にするのが一般的です

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックします

【ファイル系バックアップ】ファイル

ファイル系バックアップの「ファイル」については、すべてデフォルトのままです

wordpress-backwpup-202001_1-05

wordpress-backwpup-202001_1-06

「変更を保存」も不要です

【ファイル系バックアップ】宛先:フォルダー

ファイル系バックアップの「宛先:フォルダー」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_1-07

↑ 画面上部の「宛先:フォルダー」タブをクリックします

「バックアップを格納するフォルダー」: uploads/file_backup/ と入力します

「ファイルを削除」:デフォルトのままです

「変更を保存」を忘れずにクリックします

これで、「ファイル系バックアップ」の基本設定はOKです

最後に、ここまで行った一連の「ファイル系バックアップ」設定を反映させます(下記手順です)

wordpress-backwpup-202001_1-08

↑ 画面上部の「今すぐ実行」をクリックします

「今すぐ実行」の表示が消えてしまった場合は、「変更を保存」をクリックすればまた表示されます

wordpress-backwpup-202001_1-09

↑「ジョブ完了」と表示されれば、無事完了です

今度は、「データベース系バックアップ」の設定に入っていきます🐥

基本的な流れは「ファイル系」と一緒!

BackWPup:「データベース系」バックアップ設定

pc-work-202001_03

2つ目の、「データベース系」の自動バックアップ設定です

wordpress-backwpup-202001_2-01

↑ WordPress管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加 をクリックします

ここからは、次の5つのタブにわけてまた設定していきます🐥

  • データベース系バックアップ「一般」
  • データベース系バックアップ「スケジュール」
  • データベース系バックアップ「DBバックアップ」
  • データベース系バックアップ「プラグイン」
  • データベース系バックアップ「宛先:フォルダー」
また順番に見ていこう

【データベース系バックアップ】一般

データベース系バックアップの「一般」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_2-02

↑ 画面上部の「一般」タブをクリックします

「このジョブの名前」: data_backup と入力します

「このジョブは…」:「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れ、そのほかは全部チェックを外します

「アーカイブ名」:デフォルトのままです

wordpress-backwpup-202001_2-03

↑「アーカイブ形式」:「Tar GZip」を選択します

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダーへバックアップ」のみにチェックを入れます

そのほかの項目:デフォルトのままです

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックします

【データベース系バックアップ】スケジュール

データベース系バックアップの「スケジュール」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_2-04

↑ 画面上部の「スケジュール」タブをクリックします

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」を選択します

「スケジューラーの種類」:デフォルトの「基本」のままです

「スケジューラー」:デフォルトの「毎日 3:00」のままです

データベース系のバックアップ頻度

記事データのバックアップは重要度が非常に高いので、「毎日」が推奨。 画像ファイルなどと比べて容量は小さいです

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックします

【データベース系バックアップ】DB バックアップ

データベース系バックアップの「DB バックアップ」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_2-05

↑ 画面上部の「DBバックアップ」タブをクリックします

「バックアップファイルの圧縮」:「GZip」を選択します

そのほかの項目:デフォルトのままです

最後に、「変更を保存」を忘れずにクリックします

【データベース系バックアップ】プラグイン

データベース系バックアップの「プラグイン」については、すべてデフォルトのままです

wordpress-backwpup-202001_2-06

「変更を保存」も不要です

【データベース系バックアップ】宛先:フォルダー

データベース系バックアップの「宛先:フォルダー」については、下記の通りです

wordpress-backwpup-202001_2-07

↑ 画面上部の「宛先:フォルダー」タブをクリックします

「バックアップを格納するフォルダー」: uploads/data_backup/ と入力します

「ファイルを削除」:デフォルトのままです

「変更を保存」を忘れずにクリックします

これで、「データベース系バックアップ」の設定もOKです

最後に、ここまで行った一連の「データベース系バックアップ」設定を反映させます(下記手順です)

wordpress-backwpup-202001_2-08

↑ 画面上部の「今すぐ実行」をクリックします

「今すぐ実行」の表示が消えてしまった場合は、「変更を保存」をクリックすればまた表示されます

wordpress-backwpup-202001_2-09

↑「ジョブ~~~~~を開始しました。」と表示されれば、無事完了です

これでメインの作業は終了なんですが、念のため、今回セッティングした…

  • ファイル系バックアップ
  • データベース系バックアップ

という2つの自動バックアップ設定が、正常に機能しているかどうかの確認をしていきます(次パートへ!)

一瞬だよ

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

BackWPup:バックアップ設定のステータス確認

pc-work-202001_04

今回行った「自動バックアップ」設定が正常に機能しているかどうかの確認は、次の手順です

wordpress-backwpup-202001_3-01

↑ WordPress管理画面 > ログ をクリックします

今回セッティングした「file_backup」と「data_backup」それぞれのステータスが…

wordpress-backwpup-202001_3-02

↑ 両方とも「正常終了」と表示されていればOKです

基本的な設定はこれで以上となります

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.