ワードプレス

【2020年】ワードプレスでテーマをセットしよう!【WordPressブログ完全初心者ガイド/第3章TOP】

WordPressブログ完全初心者ガイド_第3章「ワードプレスでテーマをセットしよう」_アイキャッチ



あずきです🐥

WordPressブログ完全初心者ガイド、その「第3章」にあたる今回は…

ワードプレスで「テーマ」をセットしよう

です

この「テーマ」とは、ブログにおけるいわば「テンプレート」の役割をもちます

スマホに例えるなら、OS(アンドロイドやiPhone)みたいなもの!

数ある種類のなかから基本どれかしらは使うことになるテーマについて、「5つのステップ」で解説していきます

  1. WordPressにおける「テーマ」とは?
  2. テーマ選びのコツと、個人的におすすめなテーマ3選
  3. テーマの導入方法
  4. テーマのアップデートについて/具体的なアップデート方法
  5. 【重要】親テーマと子テーマについて/子テーマの導入方法

それではさっそく見ていきましょー🐥

\ 当ブログのテーマ AFFINGER5

WING AFFINGER5 バナー01

洗練された美しいデザイン

面倒なカスタマイズもクリック1つ

今なら、タグ管理プラグイン(4,980円)の無料配布キャンペーン中!!!

関連記事 → 【超時短】ブログの「タグ管理」機能とは?仕組み&使い方から、メリット&デメリットまで

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

ブログを愛してます

フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

プロフィール

Twitter

第3章:WordPressでテーマをセットしよう!【5つのステップ】

【ステップ①】WordPressにおける「テーマ」とは?【ブログのテンプレート】

ブログガイド_見出し_01

まずWordPressテーマとは、ブログ全体の土台(テンプレート)となるもの

常にどれかしらのテーマが1つ有効化されてる状態で、そうして初めて「記事を書いたりデザインを変えたり」とアクションを起こせるようになります

例えるなら…

  • WordPress → ブログの操縦室
  • WordPressテーマ → 実質的な操作台

こんなイメージですね

ちなみにWordPressを開設したてのときは、「公式の無料テーマ」が最初から1つ有効化されてる状態です

2020年なら、「Twenty Twenty」という無料テーマ!

で、このテーマ(テンプレート)の種類はもちろん1つだけではなく、有料・無料ともに様々なバリエーションが存在します

自分のWordPressブログで、今どのテーマが有効化されてるのかは…

WordPress管理画面 > 外観 > テーマ

から簡単にチェック可能です

そして、どのWordPressテーマを選ぶかによって…

  • できるカスタマイズ
  • できないカスタマイズ

が大幅に変わってくるんですね

例えば、そのテーマ専用の装飾パーツとか!

一旦まとめると、「テーマ」における基本的な流れは次の通り

  1. 自分が使うテンプレート(テーマ)を、まず1つ決める!
  2. そのテーマをWordPressにインストールして、有効化する!
  3. 今後はそのテンプレート上で、記事を書いたりデザインを変えたりとブログ運営していく!
  4. もちろん、使うテーマはあとから変更も可能!

つづいて、「テーマを選ぶ際のポイント」「具体的なおすすめテーマ」を見ていきましょう🐥

リクナビNEXT

【ステップ②】「テーマ選び」のコツと、個人的におすすめなテーマ3選

ブログガイド_見出し_02

ステップ②は、ブログの雰囲気を大きく左右する…

テーマ選び

について

まずこのテーマの種類は千差万別で、「自分の好きなやつ使えばいいじゃん!」と言われたら極論それまでかもしれません

ただ!

それでも現実的には、初心者さんがテーマを選ぶときに「これだけは押さえておくべき」というポイントは、やっぱりいくつかあるんですね

僕が「完全初心者だったころの自分にアドバイスする」としたら、次の3点です

  • 知名度の高さ
  • クラシックエディタ or グーテンベルグへの対応状況
  • 公式子テーマの有無

▼ 続きはこちら ▼

WordPress_テーマ選びのポイント&おすすめテーマ_アイキャッチ
【おすすめ3選あり】WordPressテーマ選びで大切だと思う3つの要素【知名度/エディタの対応状況/公式子テーマ】

続きを見る

ちなみに上記記事のネタバレとして、個人的な「おすすめテーマ」は…

この3つです

お次は、「テーマの導入手順」について見ていきましょう🐥

\ 当ブログのテーマ AFFINGER5

WING AFFINGER5 バナー01

洗練された美しいデザイン

面倒なカスタマイズもクリック1つ

今なら、タグ管理プラグイン(4,980円)の無料配布キャンペーン中!!!

【超時短】ブログの「タグ管理」機能とは?仕組み&使い方から、メリット&デメリットまで

【ステップ③】テーマの導入方法

ブログガイド_見出し_03

使うテーマが決まったら、さっそく…

テーマの導入

をしていきます

具体的には…

  1. 「アップロード済みのテーマ」を使う場合 ←公式の無料テーマはこれ
  2. 「まだアップロードされてないテーマ」を使う場合 ←有料テーマは基本これ

この2パターンに大きくわかれます

▼ 続きはこちら ▼

wordpress-theme-adopting-202001-ec
WordPressテーマの導入方法を「2つのパターン」で優しく解説【アップロード済みと、そうでない場合】

続きを見る

今度は、必ず覚えておきたい「アップデート」について見ていきましょう🐥

【ステップ④】テーマのアップデートについて/具体的なアップデート方法

ブログガイド_見出し_04

WordPressのテーマは「1度セットしたらもうOK!」というわけではなく、随時…

アップデート(バージョン更新)

していきましょう

これは「スマホのOS(AndroidとかiPhone)」とかと一緒で、どのテーマも「新バージョン」が次々にリリースされていくからですね

今の機能で満足してるから、いちいち変えたくない!

という気持ちもわかりますが、アップデートを長期的に放置するのはおすすめできません

そもそもこの「アップデート」が行われる理由というのは、単に「機能のパワーアップ」というプラスの面だけでなく…

  • システムのバグ修正
  • セキュリティー問題の修正

といった、「マイナス要素をケアする目的」で行われるケースも多々あるためです

更新をサボってたせいで変な被害にあったりしたら大変…

ただ…

アップデートを行うタイミングというのは、「新バージョンのリリース直後」ではなく、基本的に…

  • 数週間くらい様子を見てから

の方がおすすめ

なんでかと言うと、出たばかりのバージョンというのは、それはそれで「不具合の可能性」が少なからずあるんですね

なので基本は、「新バージョンの不具合」などを確認する ”余白期間” を置いてからアップデートするべき

公式サイトやTwitterでチェックしよう!

▼ アップデート手順はこちら ▼

wordpress-affinger5-update-202001-ec
【WordPressテーマ】WING AFFINGER5のアップデート手順を画像つきで解説【プラグイン「テーマアップデーター」を使用】

続きを見る

※このブログで使用してるテーマ「WING(AFFINGER5)」を例に解説してます

「アップデート」について押さえたら、最後に超重要なポイント「親テーマ&子テーマ」について見ていきましょう🐥

リクナビNEXT

【ステップ⑤】親テーマと子テーマについて/子テーマの導入方法

ブログガイド_見出し_05

最後のステップ⑤は…

親テーマと子テーマ

という存在について

WordPressテーマには、そもそも…

  • 親テーマ
  • 子テーマ

という2つのタイプがあります

ただこの「タイプ」と言うのは、テーマの具体的な種類(「JIN」とか「AFFINGER」とか)のことではなく、いわば…

  • システム面

における違いのこと

まず「親テーマ」とは、いわゆる「本来のテーマ」のことを指します

つまり、有名な「JIN」にしても「AFFINGER」にしても「SANGO」にしても、そもそもは全部「親テーマ」です

※最初から「◎◎の子テーマ専用」として作られてるものは除きます

そして、そんな「親テーマ」から派生して作られた ”特殊” なテーマが「子テーマ」になります

いわば、親テーマの分身!

でもなぜ、わざわざ分身を作ったりするのか?

普通に親テーマを使えばよくないか?

もちろんそこには理由があります

この子テーマを作る理由とは、ズバリ…

アップデートの度に、カスタマイズ内容をリセットさせないため

です

▼ 続きはこちら ▼

wordpress-theme-parent-and-child-202001-ec
WordPressの「親テーマと子テーマ」とは?違いって?1から丁寧に解説【ブログのアップデート対策】

続きを見る

結論、使いたいテーマ(=親テーマ)が決まって、ひとまず導入まで済ませたら…

  1. そのテーマ(=親テーマ)の分身となる、「子テーマ」を用意する!
  2. そして「親テーマ」は直接使わずに、「子テーマ」側を代わりに有効化する!
  3. つまり「親テーマ」自体は有効化されてない状態になるけど、アンインストールはせずに必ずそのままとっておく!

これが、WordPressでカスタマイズを行ううえでの鉄則になります

▼「子テーマを用意する方法」と「子テーマの導入手順」はこちら ▼

wordpress-child-theme-adopting-202001-ec
子テーマを用意してWordPressに導入する手順を「WING AFFINGER5」を例に優しく解説【公式の子テーマを使用】

続きを見る

第3章は、これにて完了です

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

\ 当ブログのテーマ AFFINGER5

WING AFFINGER5 バナー01

洗練された美しいデザイン

面倒なカスタマイズもクリック1つ

今なら、タグ管理プラグイン(4,980円)の無料配布キャンペーン中!!!

【超時短】ブログの「タグ管理」機能とは?仕組み&使い方から、メリット&デメリットまで

▼ 全体の目次はこちら ▼

「ワードプレスブログ」完全初心者ガイド 総合TOP

めためた丁寧でわかりやすい
プログラミングも使わない

著者

azuki_01

あずき@ブロガー

ブログを愛してます

フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

プロフィール

Twitter

-ワードプレス

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.