ASMR

【2022年】ASMR動画の始め方「必要なもの一覧」愛用中のおすすめマイク・機材・ソフトを完全初心者向けにまるっと解説【YouTube】

ASMRの始め方「必要なもの一覧」実際に愛用中のおすすめマイク・機材・ソフト
 

あずきです。2022年8月から、YouTubeで「ASMRチャンネル」を始めました🐥

 

実際にASMRを始めてみて感じたのが、それなりの設備で動画を作っていこうと思うと…

  • 必要なもの(機材やソフト)
  • そもそも、何が必要か調べること

が想像以上にあり、なかなか大変だったんですね

 

まず前者の「必要なもの」については(財布と相談して)揃えるだけの話ですが、「何が必要か調べること」については、せめて…

  • 自分が実際に購入した物
  • 購入した物の役割や特徴

について、これから自分のように「ASMRを始めたい!」という方々へ向けて、「まるっと整理」しておこうと思いました🐥

結論からお伝えすると、次の通りだよ!

- マイク -

ASMRの始め方「必要なもの一覧」編 top-01

出典:3Dio Japan

3Dio Free Space XLR - 3Dio Japan

- マイクケーブル(XLRケーブル)-

CANARE ( カナレ ) / EC02B BLACK

CANARE ( カナレ ) / EC02B BLACK

※このXLRケーブルは、【左耳】側の録音用と【右耳】側の録音用で「計2本」使っています

- オーディオインターフェイス -

Solid State Logic / SSL2 USBオーディオインターフェイス

Solid State Logic / SSL2 USBオーディオインターフェイス

※同メーカーに「SSL2+(プラス)」という上位モデルもあるので、混同にご注意ください

- DAW(音楽制作ソフト)-

Cubase Elements 12

Cubase Elements 12

- 動画編集ソフト -

Wondershare Filmora 11 動画編集ソフト Windows版 永続ライセンス

※こちらは「Windows版」です(Filmoraは「Mac版」もあります)

- カメラ -

SONY VLOGCAM ZV-E10L B

※自分は現在(販売終了している)旧カメラを使用しているので、上記の商品は「もし仮に、これから自分がASMR用にカメラを買うなら…」という視点で選んだカメラになります

- 三脚 -

Joby 三脚キット 最大耐荷重1.5kg JB01760-BWW

※この三脚は、【マイク用】と【カメラ用】で「計2台」使っています

- リングライト -

ASMRの始め方「必要なもの一覧」編 top-04

出典:ビックカメラ.com

GREEN HOUSE LEDリングライト スタンド付属 GH-CSL80B-BK

- 外付けSSD -

SanDisk ポータブルSSD 外付け 500GB 5年保証

ということで、ここから順に深堀りしていくよ!

※はじめに下記の点をふまえたうえで、最終的な判断は全てご自身の責任で行ってください(「備忘録」程度に捉えて頂ければ幸いです)

  • この記事を書いている自分は、ASMRチャンネルを始めて数ヶ月の「実績ほぼゼロ」な初心者
  • ASMRの始め方や必要なものに、絶対の正解はない(例:どのマイク、ケーブルにすべきか?)
  • パソコンを使用する前提の内容なので、パソコン自体は今回ご紹介するリストには含めない

【2022年】ASMR動画の始め方「必要なもの一覧」愛用中のおすすめマイク・機材・ソフトを完全初心者向けにまるっと解説【YouTube】

ASMRにおすすめな「マイク」とは?【バイノーラルマイク:3Dio Free Space XLR】

ASMRの始め方「必要なもの一覧」編 top-01

出典:3Dio Japan

マイクは、ダミーヘッド型の代表的なバイノーラルマイク「3Dio」シリーズの「3Dio Free Space XLR」です

 

まずASMRのマイク選びで最初に浮かんだのが…

  • バイノーラルマイク
  • バイノーラルではないマイク

の選択でしたが、自分は「バイノーラルマイク」タイプを選びました

ここは迷わず選んだ
 

バイノーラルマイクとは?

バイノーラルマイク(バイノーラル録音)とは、その場にいるかのような臨場感が特徴の「立体的なサウンド」を楽しめる録音方式のこと(バイノーラルは「両耳」の意!)

 

一般的に「ASMR動画」と聞くと、基本的にはイヤホンをして臨場感のある「バイノーラルサウンド」を楽しむものという印象の人が、やっぱり多いのかなと

 

ちなみにこのバイノーラルマイクには「イヤホン型」もあったりしますが、色々なASMR動画を見ていても3Dioのような「ダミーヘッド型」がやっぱり人気で、なんと言っても「音」だけでなく「視覚的なアプローチも加えられる」というメリットがありますよね

代表的なのが、「マッサージASMR」的なやつだね!
 

ダミーヘッドとは?

ダミーヘッドとは、文字通り「人の頭部」を模した形状のマイクのこと(「3Dio」や「KU100」などのバイノーラルマイクが代表的!)

 

で、「ダミーヘッド型」のバイノーラルマイクと言えば、人気や知名度、そして金額的にも「3Dio Free Space XLR」が一番バランス良いという結論です

 

ちなみに「3Dio」シリーズは、そもそも3つのグレードにわかれています ↓

  • エントリーモデル → 3Dio Free Space(税込69,300円)
  • スタンダードモデル → 3Dio Free Space XLR(税込106,700円) ←初心者に超オススメ!
  • ハイエンドモデル → 3Dio Free Space Pro Ⅱ(税込319,000円)

まずエントリーモデル「3Dio Free Space」とスタンダードモデル「3Dio Free Space XLRの違いについてですが、それはズバリ「端子の違い」です

ここ重要!
 

3Dio Japanによると、「XLR」という端子が備わっているスタンダードモデル(3Dio Free Space XLR)の方が…

  • マイク本体はもちろん、オーディオインターフェイスやレコーダーの性能も最大限に引き出せる!
  • そうすることで、音質・ダイナミックレンジ・耐ノイズ性などシステムのあらゆる性能が向上する!
  • マイクに必要な電源はオーディオインターフェイスなどから供給するため、電池の消耗を気にしなくていい!

といったメリットがあるんですね

 

特に「ノイズ」というのは視聴者にとって「シンプルにストレス」なので、ノイズが抑えられるスタンダードモデル「3Dio Free Space XLR」が圧倒的におすすめです

つまり簡単にまとめると、次の通り!
  • 3Dio Free Space → ノイズが出やすい!(アンバランス型と言います)
  • 3Dio Free Space XLR → ノイズが出にくい!(バランス型と言います)

あとは残り1つの「3Dio Free Space Pro Ⅱ」についてですが、こちらはハイエンドモデルで値段が一気に上がる(30万円台)ため、初心者さんが1つ目のマイクとしてまず選ぶなら「3Dio Free Space XLR」が金額的にも堅実かなと(約10万円)

 

3Dio Japan:「3Dio Free Space XLR

 

ということで、ここからは自分が実際に使用している「3Dio Free Space XLR」の前提で、それとあわせて使っている「機材・ソフト」をご紹介していきますね🐥

まずは、重要な「マイクケーブル」から見ていこー!
 

ASMRにおすすめな「マイクケーブル」とは?【XLRケーブル:CANARE】

CANARE ( カナレ ) / EC02B BLACK

バイノーラルマイク「3Dio Free Space XLR」とあわせて使用するマイクケーブル「XLRケーブル」は、「CANARE ( カナレ ) / EC02B BLACK」です

 

※このXLRケーブルは、【左耳】側の録音用と【右耳】側の録音用で「計2本」使っています

 

XLRケーブルとは?

XLRケーブルとは、文字通り…

「XLR端子」タイプのマイク(例:3Dio Free Space XLR)

に必要なマイクケーブルのこと

 

「XLR端子」については、前述の【マイク】パートにて解説しています(ざっくり言うと、ノイズが出にくい「ワンランク上の音質」が期待できます)

 

この「XLRケーブル」を【左耳】用と【右耳】用でそれぞれ用意して、その2本で「マイク」と「オーディオインターフェイス」をつなぐ形になります

「オーディオインターフェイス」については、このあと解説していくのでご安心を!
 

まず「CANARE」は、「XLRケーブル おすすめ」などで検索すると必ずと言っていいほど出てくる「代表的な日本のメーカー」で、耐久性の高さとコスパの良さに定評があります

 

で、自分が使用している「EC02B BLACK」の特徴は次の通り

  • 信頼の「ノイトリック社製コネクター」を採用した、業界標準のマイクケーブル!(癖のないフラットな音質で、万能性が高い)
  • ケーブルの「長さ」が、バリエーション豊富!(収録環境に応じて、適切な長さを選択しやすい)
  • ケーブルの「色」も、バリエーション豊富!(作りたい動画の世界観に応じて、適切な色を選択しやすい)

ちなみに「EC02B BLACK」の 02 は、ケーブルの長さ(02=2m)を指します

自分は小さめの部屋で収録してるから、この「2m」タイプを使ってるよ!
 

補足

「ケーブルの長さ」については、このXLRケーブルは「マイク」と「オーディオインターフェイス」をつなぐものなので、ご自身が想定されている…

  • マイクを設置する場所
  • オーディオインターフェイスを設置する場所

に応じて、適切な長さのケーブルを選択すればOKです(ご自宅での録音なら、「3mくらいまで」が一般的!)

 

サウンドハウス:「CANARE ( カナレ ) / EC02B BLACK

 

ということで、お次も重要な「オーディオインターフェイス」について見ていきますね🐥

 

ASMRにおすすめな「オーディオインターフェイス」とは?【SSL2】

Solid State Logic / SSL2 USBオーディオインターフェイス

オーディオインターフェイスは、「Solid State Logic / SSL2 USBオーディオインターフェイス」です

 

※同メーカーに「SSL2+(プラス)」という上位モデルもあるので、混同にご注意ください(通常のASMR制作であれば、「SSL2+」ではなく「SSL2」の方でまったく問題ありません)

 

オーディオインターフェイスとは?

オーディオインターフェイスとは、端的に言うと…

マイクや楽器などの音をパソコンにつなぎ、録音したりする機器

のこと(インターフェイスは、「接点」や「橋渡し」の意!)

 

ただし実際の録音には、これに「DAW(ダウ)=音楽制作ソフト」というものをセットで使用する形になります

 
「DAW=音楽制作ソフト」については、このあと解説するのでご安心を!
 

ちなみに録音時の具体的な流れとしては、次の通り ↓

  1. 「オーディオインターフェイス」の電源をONにし、パソコン上の「音楽制作ソフト」で録音ボタンを押す!
  2. マイクに音声を吹き込む!
  3. その音声が「オーディオインターフェイス」を経由して、「音楽制作ソフト」に送られ録音される!

もちろんこの「オーディオインターフェイス」を使わなくても、「元々パソコンに内蔵されている機能」で録音することは、一応は可能です

その場合、「USB接続のマイク」とかを使う形になるよ!
 

ただし!

 

「パソコン内蔵」の録音機能というのは最低限のスペックでしかないため、特にASMRのような「音声が要となる動画」であれば、「オーディオインターフェイス」を使用する方が圧倒的におすすめです

 

で、自分が使用しているオーディオインターフェイス「SSL2」の特徴は次の通り ↓

  • まずSSL(Solid State Logic)は、世界中のレコーディングスタジオで使われているイギリスの超有名・重鎮メーカー!
  • YouTubeで色々なレビュー動画を見ていても、本当に評価が高い!
  • 特に性能に対するコスパがとんでもなく優れており、操作パネルも極めてシンプル!(初心者にも優しい設計!)

また実際の録音時には、マイクに吹き込んだ音をリアルタイムで(イヤホンやヘッドホンで)自分で聴きながら収録することができます

これを「モニタリング」と言うよ!(ちょーぜつ便利)
 

モニタリング(音声をリアルタイムで確認しながら録音すること)の具体的な流れは、下記の通りです ↓

  1. オーディオインターフェイスにイヤホンを差し、音楽制作ソフトの「モニタリング」ボタンをONにする!
  2. 録音スタート!(音楽制作ソフトの「録音」ボタンを押すだけ!)
  3. マイクに吹き込んだ音が、イヤホンからリアルタイムで聴こえる!

補足1

マイクに入力した音をリアルタイムで聴きながら録音できる「モニタリング」ですが、多くのオーディオインターフェイスでは、この「モニタリング」に使うヘッドホン端子が「6.3mmステレオ」という種類になっています

「SSL2」も同じ!
 

一般的なイヤホンによく見られる「3.5mmステレオミニ」のままだと、イヤホンを「SSL2」には差しこめないため、その場合…

「3.5mmステレオミニ」→「6.3mmステレオ」のイヤホン変換プラグ

というのが別途必要になります(参考までに、自分は「FURUTECH ( フルテック ) / F63-SG」を使用しています!)

 

補足2

ASMRの音質にこだわりたい方は、「オーディオインターフェイス」と「パソコン」をつなぐ…

USBケーブル

も、「それなりに良いもの」を使うのがおすすめです

 

なぜなら、せっかく高価なマイクやオーディオインターフェイスを買い揃えても、USBケーブルが安物だと音質が劣化してしまうためですね(超もったいない!)

 

参考までに、自分は代表的な高級ケーブルブランド「オーディオクエスト」の、「Forest」という最もお手頃なモデル(オーディオクエスト USB2 FOREST/1.5m/A-C)を使っています

 

※オーディオクエストのUSBケーブルは「Diamond」「Carbon」「Cinnamon」「Forest」と4つのグレードがあり、最上位の「Diamond」になると1本10万円を超えてきます

 

サウンドハウス:「Solid State Logic / SSL2 USBオーディオインターフェイス

 

ということで、お次は「オーディオインターフェイス」とセットで録音に使用する「音楽制作ソフト」について見ていきましょう🐥

 

ASMRにおすすめな「音楽制作ソフト」とは?【DAWソフト:Cubase Elements】

Cubase Elements 12

DAWソフト(=音楽制作ソフト)は、「Cubase Elements 12」です

 

DAWソフトとは?

ASMRなどの動画作りにおける「DAWソフト」とは、さきほどご紹介した「オーディオインターフェイス」とセットで使用し…

マイクに吹き込んだ音声を、パソコン上で録音・編集する「音楽制作ソフト」

のこと(DAWは「デジタル・オーディオ・ワークステーション」の略で、「ダウ」と読みます!)

 

ちなみに「音楽制作ソフト」と聞くと「なんか素人には難しそう…」という印象かもですが、ASMR動画における基本的な録音ステップは…

  1. (パソコン上で)音楽制作ソフトの「新規トラック」を開く!
  2. 音楽制作ソフトで「モニタリング」ボタンをONにする!(これにより、リアルタイムで音声を確認しながら収録可能!)
  3. 音楽制作ソフトで「録音ボタン」を押す!

たったこれだけで、またそのあとの書き出し(=音声ファイルとして保存)手順も…

  1. 音楽制作ソフトで「書き出し」の範囲を選択する!
  2. 音楽制作ソフトで「モニタリング」ボタンをOFFにする!(ここは必要か未確認ですが、自分は一応そうしています)
  3. 音楽制作ソフトで「書き出し」する!

これだけなので、結論「初心者さんでも(超)余裕」です

経験談
 

また音量の調整やフェードイン・フェードアウト(音をだんだん大きくしたり、小さくする加工)といった動画作りに欠かせない音声編集については、そのあとの「動画編集ソフト」側で全然可能となります

 

で、自分が使用している「Cubase Elements」の特徴は次の通り ↓

  • ドイツのスタインバーグが開発した、圧倒的シェア率のメーカー!(2005年からはYAMAHAが子会社化)
  • 超メジャーなので、YouTubeなどのレビューや使い方動画も充実しているので安心!
  • 「Elements」はCubaseのエントリーモデルなので、初心者にも優しい!(金額的にも機能的にも!)

補足

Cubaseのグレードは、下記の3段階です ↓

  • 「Cubase Pro」最上位モデル
  • 「Cubase Artist」中位モデル
  • 「Cubase Elements」エントリーモデル ←初心者さんに超オススメ!

※上記のほかに「Cubase AI」と「Cubase LE」というモデルもありますが、この2つは「一部のオーディオインターフェイスなどに付属されているもの」なので、ソフト単体での提供はされていません

 

なおオーディオインターフェイス「SSL2」にも、一応「Ableton Live Lite」という無料のDAWソフトが付属されています

 

ただし、そうした「おまけで付いてくる無料版DAW」というのは機能面で制約があったりするので、最初から「Cubase Elements」のような「有料版のDAWソフト」を使っておく方が正直おすすめです

ムダな時間や労力を生まないためにも!
 

サウンドハウス:「Cubase Elements 12

 

ということで、今度は「動画編集ソフト」について見ていきますね🐥

 

ASMRにおすすめな「動画編集ソフト」とは?【Filmora】

動画編集ソフトは、「Wondershare Filmora 11 動画編集ソフト Windows版 永続ライセンス」です

 

※こちらは「Windows版」です(Filmoraは「Mac版」もあります)

 

補足

動画編集ソフトの役割について、自分が(ASMRの制作時に動画編集ソフト上で)行っているステップは、ざっと下記の流れです ↓

  1. カメラの「映像データ」とマイクの「音声データ」を、動画編集ソフト上にアップする!
  2. 「映像データ」「音声データ」の時間(タイミング)を合わせる!
  3. 編集する!(クリップの切り取りや音量調整、テロップの挿入、オープニングやエンディングの追加など!)
  4. 「サムネイル画像」を作成!
  5. 完成した動画を、「動画ファイル」として書き出し!

※「カメラ側で録音される音声データ」については必要ない(マイク側の音声を使うため!)ので、動画編集時に「映像データと切り離して削除」する形になります(超簡単なので、ご安心ください)

 

で、自分が使用している動画編集ソフト「Filmora」の特徴は、次の通り ↓

  • 「超有名・人気の動画編集ソフト」なので、使い方の記事や動画も充実していて安心!
  • YouTubeの「Filmora公式チャンネル」でも使い方の動画がたくさんあるので、より安心!
  • 「直感的な操作」で簡単に動画編集を行える、初心者~中級者に優しい動画編集ソフト!

ちなみに!

 

自分がこの「Filmora」に決めた一番の理由は、YouTubeのASMRチャンネルが今後「収益化」できた場合を想定して…

動画編集ソフトの「商用利用」は問題ないか?

という点について(自分なりに調べていて)一番明確になったのが、この「Filmora」だったからですね

動画編集ソフトの「商用利用」って、公式サイトとか見ても正直「ハッキリしない」とこが多い…
 

特にわかりやすくて助かったのが…

↑ こちらの動画で…

  • Filmoraは、YouTubeで「広告収益化」する動画でも利用可能かどうか?
  • 同様に、「企業案件」などの動画ではどうか?
  • Filmoraに標準搭載の「素材やエフェクト」などは、同様に(広告収益化する場合も)使用可能か?

など「広告収益化をしていくうえで真っ先に気になるポイント」について、FilmoraのWondershareソフトウェア日本支社の方がわかりやすくお答えされています

 

端的にまとめると、企業などではなく「個人」が普通にYouTube動画を作っていく場合には…

  • YouTubeで広告収益化をする場合でも、「ビジネスプラン」ではなく「個人プラン」でOK!
  • ただし、いわゆる企業案件の動画を作る場合は「ビジネスプラン」を使う必要あり!
  • Filmoraに標準搭載の素材やエフェクトなども、「個人プラン」適用のユーザーなら問題なく使用可能!(企業など「ビジネスプラン」適用のユーザーは、使用NG)

といった形でした

途中から「個人プラン」→「ビジネスプラン」に変更することも、もちろん可能だよ!
 

※上記の商用利用やプラン選びに関する記載は、あくまで自分なりの解釈です。また内容は随時変更される可能性があります。最新の情報はご自身で確認していただき、最終的な判断はすべてご自身の責任で行ってください

 

Amazon:「Wondershare Filmora 11 動画編集ソフト Windows版 永続ライセンス

 

ということで、お次は大事な「カメラ」について見ていきますね🐥

 

ASMRにおすすめな「カメラ」とは?【SONY ZV-E10L】

カメラは、「SONY VLOGCAM ZV-E10L B」です

 

※自分は現在(販売終了している)旧カメラを使用しているので、上記の商品は「もし仮に、これから自分がASMR用にカメラを買うなら…」という視点で選んだカメラになります

 

ちなみに「ZV-E10L B」の L は、「レンズ付き商品」という意味になります(このようなセット商品を、「レンズキット」と言います)

 

レンズキットとは?

レンズキットとは、「カメラ本体に標準レンズが付いてくるセット商品」のこと

 

そもそも今回おすすめしている「ZV-E10」を始め、本格的なカメラは基本的に「レンズ交換式」なので「レンズの取り付け」が必須になりますが、実際に購入する際には…

  • 「ボディのみ」の商品 →レンズは別途買う必要がある!
  • 「レンズキット」のセット商品 →レンズが付属しているので、すぐに撮影できる!

という選択肢があります

 

レンズの値段は一般的に「5万や10万」平気でしますが、カメラに標準レンズが付属されている「レンズキット商品」であれば、「レンズ代を(相当)安く抑えられる」というメリットがあります

 
カメラに付いてくる標準レンズのことを、「キットレンズ」って言うよ!
 

また、「ZV-E10L B」の B は「色:ブラック」という意味で、カラーバリエーションはほかに「ホワイト」もあります ↓(ホワイト可愛い)

SONY ZV-E10L W

 

で!

 

ASMR動画を実際に作っている経験から、「カメラ選びでこれだけは外せない!」と感じた最大のポイントは…

「回転可能な可動式モニター」が付いていること

シンプルにこの一点です

 

なぜこの「回転可能な可動式モニター」が必要かと言うと、実際にASMR動画を収録していると…

  • 今、カメラでどこまでの画角が映っているか?(例:「顔はちゃんと隠れているか?」など)
  • マイクの位置が、画角の中心からズレていないか?
  • 明るさやピントが、変な感じになっていないか?

などをリアルタイムでチェックしながら ”自撮り収録” できるのが、めちゃめちゃ便利なんですね

ここ(超)重要!
 

ちなみにこの「可動式モニター」というのは、今やすっかり主流となった「ミラーレス一眼」カメラのほとんどに搭載されていますが、ただしこの「可動式モニター」にも…

  • チルト式 → 縦方向への稼働(一部モデルを除き回転はできないため、自撮りでの収録は基本不可!
  • バリアングル式 → 横方向への稼働&回転(180°ぐるっと回転もできるため、自撮りでの収録も可能!

この大きく2タイプがあり、そのなかで「モニターが回転して自撮り収録が可能」なのは、基本的に【バリアングル式】の方なのでご注意ください

 

補足1

ミラーレス一眼(=「ミラーレス」とも呼ばれています)のカメラは、「一眼レフ」に比べて…

  • なんと言っても軽量でコンパクト!
  • 操作性も、カメラ初心者に優しい作り!
  • それでいて、画質も「一眼レフ」と比べてほぼ差がない!

といったメリットがあります

 
これから初心者さんがカメラを始めるなら、「ミラーレス一眼」でまず間違いないよ!
 

で、「SONY ZV-E10」の特徴は次の通り ↓

  • 回転可能な「バリアングル式モニター」なので、リアルタイムで映像を確認しながら収録できる! ←超重要!
  • 動画撮影に特化した「APS-Cイメージセンサー」搭載のレンズ交換式カメラで、美しい「4K動画」にも対応!
  • 「背景ぼけ」や「美肌効果」といった、ASMR動画にもってこいな機能も搭載!

ちなみに、この「ZV-E10」は…

↑ チャンネル登録者16万人超でカメラ系YouTuberとして人気な「高澤けーすけ」さんが、動画でわかりやすく解説されています

 

そもそもカメラって、本格的なものになると「30万オーバー」とかが普通なので、この「10万円未満」というコスパの良さは「一台目の入門カメラとして超おすすめ」です

特にYouTubeみたいな「動画用」としては、まず間違いない定番カメラ!
 

補足2

ほかに「スマホで録画する」という手も一応ありますが、ASMR動画を自撮り(=リアルタイムで映像を確認しながら)収録する場合、スマホの「インカメラ」では画質が(がくんと)落ちてしまうので正直おすすめしません

 

Amazon:「SONY VLOGCAM ZV-E10L B

※SDカードは別途必要です(自分は「SanDisk」のSDカードを使っています)

 

ということで、今度は「三脚」について見ていきますね🐥

 

ASMRにおすすめな「三脚」とは?【JOBY】

三脚は、「Joby 三脚キット 最大耐荷重1.5kg JB01760-BWW」です

 

※この三脚は、【マイク用】と【カメラ用】で「計2台」使っています

 

まずASMR動画撮影で「三脚を使う機材」というのは、基本的に次の3つ ↓

  • マイク
  • カメラ
  • リングライト

ただし上記のうち、「リングライト」については「三脚付きのセット商品」が多いです

「リングライト」の役割については、このあと解説するよ!
 

で、自分が使用している「JOBY」の特徴は、次の通り ↓

  • JOBYは、三脚などで有名な「サンフランシスコ発」のブランド!
  • 3,000円くらいの安い三脚と比べると、「安定感」がぐんと上がる!
  • 実際に動画を作ってみると、思った以上に「三脚のデザイン」も動画の見栄えに影響する!

参考までに、自分は以前まで【マイク用】と【カメラ用】の両方とも、安い三脚(3,000円くらい)を使っていましたが…

  • 「3Dio」マイクを収録で触っているときに、安い三脚だと結構ぐらついた(実際の映像で見ると、かなり目立つ…)
  • カメラを下向きに傾けて固定していたら、三脚の接続部分が破損した(ネジを締め直した際に、パキッといった…)

という経験があり、これをJOBY(約7,000円)に買い替えたところ、上記2つの悩みが見事に解消されました

 

ちなみに三脚って、高いものだと「数万円」するものも全然ありますが、さすがにそこまで出費するのは最初はリスクが高いのかなと

ざっくりな目安としては、「1万円以内」で十分だよ!
 

Amazon:「Joby 三脚キット 最大耐荷重1.5kg JB01760-BWW

 

ということで、今度は「リングライト」について見ていきましょう🐥

 

ASMRにおすすめな「リングライト」とは?【GREEN HOUSE】

ASMRの始め方「必要なもの一覧」編 top-04

出典:ビックカメラ.com

リングライトは「GREEN HOUSE LEDリングライト スタンド付属 GH-CSL80B-BK」です

 

ASMRに限らず、室内でのYouTube撮影ではもはや定番アイテムとなっている「リングライト」ですが、まずその役割は下記の通り ↓

  • 室内での動画撮影は、ライトを当てないと想像以上に暗い映像になるので、(企画次第だけど)基本的には必須!
  • また「顔出し」する動画の場合、瞳にリング状の光が反射することで、自分の表情も明るく見せることができる!

参考までに自分がASMRを収録するときは、部屋の照明をまず暗くして「背景全体は暗く」しつつ、リングライトで「マイクのみを照らして際立たせる」ようにしています

リングライトを使うだけで、動画の見栄えがぐんと上がるよ!
 

で、自分が使っている「GREEN HOUSE LEDリングライト」の特徴は次の通り ↓

  • ドイツの大手LEDメーカーである、「オスラム社の高精度LED」を採用!(USB給電タイプです)
  • 3段階の色調(電球色・昼光色・昼白色)と10段階の明るさにより、作りたい動画のイメージに合わせて「細かいアレンジ」が可能!
  • さらに、最長1.2mの「三脚」も付属して「3,000円未満」というコスパの良さ!

ビックカメラ.com:「GREEN HOUSE LEDリングライト スタンド付属 GH-CSL80B-BK

 

ということで、最後に「外付けSSD」について見ていきましょう🐥

動画の「データ管理」に欠かせないアイテム!
 

ASMRにおすすめな「外付けSSD」とは?【SanDisk 500GB】

最後に外付けSSDは、「SanDisk ポータブルSSD 外付け 500GB 5年保証」です

 

まずこの「外付けSSD」の役割についてですが、そもそもASMRに限らず動画のデータって、写真やテキストと比べて「膨大な容量」なんですね

動画データの重たさは、写真の比じゃない…
 

これらの膨大な動画データをパソコン内の「HDD」ではなく、「外付けSSD」という外部機器に保存することで…

  • パソコン内の「HDD」の容量を圧迫せずに済む!
  • 万が一パソコンが故障しても、動画データを失わずに済む!
  • 読み書きの速度もHDDやUSBメモリ、SDカードと比べて圧倒的に速い!
  • 「HDD」と比べて耐久性が強く、また動作音も静か!

といった「強力すぎるメリット」があり、その分値段は若干しますが、YouTubeをやっていくうえでは「実質必須」レベルのアイテムと言えます

 

で、自分が使っている「SanDisk ポータブルSSD」の特徴は次の通りです ↓

  • YouTubeの有名なカメラ系チャンネルなどを色々チェックしたけど、愛用者やおすすめしている人が本当に多い「超人気」モデル!
  • 最大読出し速度1050MB/秒、最大書込み速度1000MB/秒で動画データを「超高速」に管理&バックアップ!
  • 持ち運びにも便利な「軽量(52g)」&「超コンパクトサイズ(縦10.08cm×横5.25cm×厚さ0.96cm)」かつ、IP55の防滴・防塵性能!

ちなみに!

 

この外付けSSDの容量については「500GB」「1TB=約1000GB」「2TB」「4TB」と色々ありますが、自分があえて「500GB」という小さめの容量を選んだ理由は…

  • 耐久性に優れている「外付けSSD」も、いつかは壊れる可能性がある!(なので、自分は「バックアップ用」にもう1枚使っています)
  • そのため蓄積していく動画データは、「1枚の外付けSSDに一括保管」するよりも、「何枚かの外付けSSDで分散保管」していった方が、万が一の破損や紛失時のリスク分散になる!

といった「リスク管理」の面からですね(リスク管理は超重要!)

 

Amazon:「SanDisk ポータブルSSD 外付け 500GB 5年保証

 

おしまい🐥

最初は色々大変だけど、焦らず自分のペースでやってこう!
 

あずき猫 - Azuki Cat

猫です。独立5年目の専業ブロガー / アパレル歴10年 / Twitterでは、ブログに限らず「色々うまくいかへん…」「どないしよ…」というときのための、本質的な思考を発信しています。ニャー!!!

-ASMR