WORDPRESS

【2022年5月】エックスサーバーで実際おすすめなプランは?WordPress初心者向けに「3つの比較ポイント」で優しく解説【個人ブログなら「スタンダード」でまずOK】

エックスサーバーで実際おすすめなプランは?WordPress初心者向けに「3つの比較ポイント」で優しく解説
 

※2022年5月に、最新情報に更新しました!

 

専業ブロガー5年目のあずきです🐥

 

18年以上の歴史と運用サイト数220万件の実績で「国内最大手」の超人気レンタルサーバー エックスサーバー における…

WordPressブログにおすすめなプラン

について、ブログ初心者さん向けに1から優しく解説していきます

 

具体的には…

  • スタンダード
  • プレミアム
  • ビジネス

という【3つのプラン】の実践的な選び方についてです

 

まず大前提として…

 

エックスサーバーでは【スタンダード・プレミアム・ビジネス】と、数字が上がるごとに「上位プラン」という位置づけになっています🐥

\ 今なら12ヶ月以上の契約で「半額キャッシュバック」キャンペーン実施中!!! /

【利用料金 実質495円~】

2022/6/16 (木) 18:00 まで

プラン初期費用(税込)月額料金(税込)
12ヶ月
契約

24ヶ月
契約

36ヶ月
契約

人気No.1
スタンダード

3,300円
1,100円
キャッシュバックで
実質550円
1,045円
キャッシュバックで
実質522円
990円
キャッシュバックで
実質495円
プレミアム
2,200円
キャッシュバックで
実質1,100円
2,090円
キャッシュバックで
実質1,045円
1,980円
キャッシュバックで
実質990円
ビジネス
4,400円
キャッシュバックで
実質2,200円
4,180円
キャッシュバックで
実質2,090円
3,960円
キャッシュバックで
実質1,980円

※金額は2022年5月時点の情報となります
※初回のお支払いは合計金額の「一括前払い」になります(月単位での分割支払い・後払いには対応していません)

 
契約期間はほかに「3ヶ月」と「6ヶ月」もあるけど、スタンダードプランの場合「12ヶ月契約」以上じゃないと【ドメイン永久無料】特典の対象外だよ!
 

で!

 

WordPressブログを運営していくうえでの「実質的なプランの違い」というのは、特に個人ブログの規模であれば…

ディスク容量

という1点に、ほぼほぼ尽きるんですね

ムズかしそうな言葉の響きだけど、実際は「超カンタン」なのでご安心を!
 

結論、これから エックスサーバー でWordPressブログを始めるなら…

スタンダード

という最もお手頃で ”人気No.1” の料金プランを選んでおけば、まず間違いありません🐥

 

実際、専業ブロガー5年目になる自分もこの「スタンダード」プランで、今なお超余裕です

 

▼ 具体的なブログ開設手順についてはこちらから ▼

【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順(立ち上げ方法)
【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

続きを見る

  • WordPressにおける「一連のブログ開設手順」について、【実際の画像】付きで
    1からわかりやすく解説しています
  • 作業そのものは、正味【10分程度】でおわります(設定の反映待ち時間等は除く)

18年以上積み重ねられた安心と実績で、国内シェア

No.1

公式:エックスサーバー

「ドメイン永久無料」の契約特典

さらに 2022/6/16 (木) 18:00 まで

「半額キャッシュバック」で利用料金 実質495円~

となるお得なキャンペーンも実施中!!!

※「国内シェアNo.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細

 

そんなエックスサーバーにおける「実際におすすめなプラン」について、3つのポイントで丁寧に解説していきます🐥

  1. 「ディスク容量」の比較について
  2. 「対応可能なドメイン数」の比較について
  3. 「無料独自SSL設定」の比較について
さっそく見ていこー!
 

エックスサーバーの特徴

  • 「国内シェア No.1」の最大手で、運用サイト数は『220万件』を突破!※1
  • 「サーバー速度 No.1」の超速環境かつ、大量アクセスにも非常に強い!※2
  • 18年のサーバー運用実績で、創業以来「99.99%以上」の安定した稼働率!
  • 分からないことやトラブルがあっても、「24時間365日」の安心サポート!

※1「国内シェア No.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細
※2「サーバー速度 No.1」2021年10月4日、エックスサーバー株式会社調べ(詳細

 

【2022年5月】エックスサーバーで実際おすすめなプランは?WordPress初心者向けに「3つの比較ポイント」で優しく解説【個人ブログなら「スタンダード」でまずOK】

【エックスサーバーでWordPressにおすすめなプラン】ポイント1:「ディスク容量」の比較について【スタンダードでも「300GB」と、個人ブログなら超余裕】

WordPress ヘッダー a-01

 

1つ目のポイントは、エックスサーバー の【スタンダード・プレミアム・ビジネス】という3プランにおける…

ディスク容量

の比較について

 

まず「ディスク容量」とは、WordPressブログを運営しているとサーバー内に蓄積されていく「データの収納箱」みたいなもの(ディスクスペースとも言います)

 

ただ!

 

実際このディスク容量を食うのって、大半は「画像ファイル」なんですね

つまり、ブログに貼る写真とかのことだね
 

で、エックスサーバーの各プランにおける具体的な「ディスク容量」は次の通りです🐥

 

「エックスサーバー」プランごとのディスク容量

  • スタンダード → 300GB
  • プレミアム → 400GB
  • ビジネス → 500GB
 

そうなると、当然湧いてくるであろう疑問が…

 

どのくらいの容量があれば、ぶっちゃけ安心なの?

 

といった点ですね

 

この「ディスク容量」については、最もお手頃で ”人気No.1” の料金プランである…

  • スタンダード → 300GB(ギガバイト)

これで実際には「余裕すぎる」くらいです

ほんとに
 

というのも!

 

ブログにアップする「画像ファイル」の容量って、そもそも…

100 ~ 200KB(キロバイト)

とか、重たくてもせいぜい…

300 ~ 400KB(キロバイト)

とか、そんなものなんですね

 

これは「もっと重たい画像」を日常的にアップするのは単純におすすめしない、という意味です

容量のデカい画像は、ブログの表示スピードにも影響しちゃう
 

補足

画像ファイルの容量というのは、画像の大きさを【リサイズ】することで大幅に軽減できます

 

ちなみにWordPressブログの場合「プラグイン」という補助機能を入れることで、アップする画像を【自動リサイズ】させるのがわりと定石です

 

この「プラグイン」については、当ブログガイドの第4章「プラグイン」編にて1から解説しています ↓

WordPressでプラグインをセットしよう
【2022年】WordPressでプラグインをセットしよう【あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド/第4章】

続きを見る

 

例えば!

 

ブログに貼りつける画像1枚あたりの容量が、仮に…

250KB(キロバイト)

だとしても、スタンダードプランのディスク容量「300GB」というのは、ざっと…

3億KB(キロバイト)

にも相当するので、つまり単純計算でも…

 

「120万枚」以上はアップロードできる

 

ことになります

単位の計算は「1000KB」が「約1MB」で、「1000MB」が「約1GB」だね
 

結論!

 

この「ディスク容量」という面で見ると、【スタンダード】プランで「まず余裕」です

 

もちろんブログを続けてみて「やっぱり上位プランに変えたくなった!」という場合、必要に応じてあとからプランを切り替えるのは「全然可能」なので安心ですね🐣

つづいて2つ目のポイント、「対応可能なドメイン数」について見ていくよ!
 

▼ 具体的なブログ開設手順についてはこちらから ▼

【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順(立ち上げ方法)
【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

続きを見る

  • WordPressにおける「一連のブログ開設手順」について、【実際の画像】付きで
    1からわかりやすく解説しています
  • 作業そのものは、正味【10分程度】でおわります(設定の反映待ち時間等は除く)

18年以上積み重ねられた安心と実績で、国内シェア

No.1

公式:エックスサーバー

「ドメイン永久無料」の契約特典

さらに 2022/6/16 (木) 18:00 まで

「半額キャッシュバック」で利用料金 実質495円~

となるお得なキャンペーンも実施中!!!

※「国内シェアNo.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細

 

【エックスサーバーでWordPressにおすすめなプラン】ポイント2:「対応可能なドメイン数」の比較について【スタンダード・プレミアム・ビジネスのいずれも無制限】

WordPress ヘッダー a-02

 

2つ目のポイントは、エックスサーバー の【スタンダード・プレミアム・ビジネス】という3プランにおける…

対応可能なドメイン数

の比較について

 

まずこの「対応可能なドメイン数」というのは、端的に言ってしまうと…

1件のレンタルサーバー契約で開設できるブログ件数

を指します

 

ちょっと極端な例として、仮に【50件】のブログを立ち上げようとした人が…

  • レンタルサーバー → 【1件】契約!
  • 独自ドメイン(例 ●●●●●.com ) → 【50件】取得!

まで済ませたとしますね

ワードプレスのブログ開設には、この「レンタルサーバー」「独自ドメイン」が欠かせないよ!
 
 

この取得した独自ドメイン【50件】のうち…

 

1件のレンタルサーバー契約で「何件のドメイン」まで対応できるか?

 

というのは、レンタルサーバーのサービスやプランによって様々なんですね

 

仮に対応可能なドメイン数が【40件】までのレンタルサーバーを契約してしまった場合、この例で言えば…

残り【10件】の取得済みドメインは、そのレンタルサーバーだと開設できない

ということ

その場合「2件目のレンタルサーバーを契約する」とか、「上位プランに変更する」みたいな必要が出てくるね
 

で、肝心の エックスサーバー における「対応可能なドメイン数」は次の通りです🐥

 

「エックスサーバー」プランごとの対応可能なドメイン数

  • スタンダードプラン → 無制限!
  • プレミアムプラン → 無制限!
  • ビジネスプラン → 無制限!
 

ご覧の通り、【スタンダード・プレミアム・ビジネス】のうちどのプランを選んでも、1件のレンタルサーバー契約で開設できるブログ件数は「無制限」なんですね

 

補足

具体的には…

  • MySQL
  • マルチドメイン

という2点で確認可能です(エックスサーバーでは【スタンダード・プレミアム・ビジネス】プランのいずれも、上記の2項目が「無制限」となっています)

 
MySQLっていうのは「データベース」の一種だけど、とりあえずは【ブログを1件開設するごとに「MySQL」を1個使う】と思っておけばOK!
 

なので結論!

 

「対応可能なドメイン数」という面でも、【スタンダード】プランでまったく問題ありません

 

つづいて最後のポイント、「無料独自SSL設定」について見ていきましょう🐥

 

▼ 具体的なブログ開設手順についてはこちらから ▼

【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順(立ち上げ方法)
【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

続きを見る

  • WordPressにおける「一連のブログ開設手順」について、【実際の画像】付きで
    1からわかりやすく解説しています
  • 作業そのものは、正味【10分程度】でおわります(設定の反映待ち時間等は除く)

18年以上積み重ねられた安心と実績で、国内シェア

No.1

公式:エックスサーバー

「ドメイン永久無料」の契約特典

さらに 2022/6/16 (木) 18:00 まで

「半額キャッシュバック」で利用料金 実質495円~

となるお得なキャンペーンも実施中!!!

※「国内シェアNo.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細

 

【エックスサーバーでWordPressにおすすめなプラン】ポイント3:「無料独自SSL設定」の比較について【スタンダード・プレミアム・ビジネスのいずれも利用可能】

WordPress ヘッダー a-03

3つ目のポイントは、エックスサーバー の【スタンダード・プレミアム・ビジネス】という3プランにおける…

無料独自SSL設定

の比較について

 

まず「SSL設定」というのは、データのやり取りが外部に漏れないようにするための…

超基礎的なセキュリティー対策

になります🐥

 

今やWEBサイトにおいて必須とも言えるくらい重要な設定で、この「SSL設定」はドメインごとで行う形です

つまり「ブログごと」で設定するよ!
 

ちなみにこの「SSL化」が適用されたサイトというのは、ブログURLの先頭が…

http → https

へと切り替わります

 

で、肝心の エックスサーバー では【スタンダード・プレミアム・ビジネス】のうちいずれのプランを選んでも、SSL設定は「無料で付けられる」んですね

それが、「無料独自SSL設定」というオプションサービス!
 

なので結論!

 

この「無料独自SSL設定」という面で見ても、【スタンダード】プランでまったく問題ありません🐥

 

エックスサーバーの特徴

  • 「国内シェア No.1」の最大手で、運用サイト数は『220万件』を突破!※1
  • 「サーバー速度 No.1」の超速環境かつ、大量アクセスにも非常に強い!※2
  • 18年のサーバー運用実績で、創業以来「99.99%以上」の安定した稼働率!
  • 分からないことやトラブルがあっても、「24時間365日」の安心サポート!

※1「国内シェア No.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細
※2「サーバー速度 No.1」2021年10月4日、エックスサーバー株式会社調べ(詳細

 

▼ 具体的なブログ開設手順についてはこちらから ▼

【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順(立ち上げ方法)
【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

続きを見る

  • WordPressにおける「一連のブログ開設手順」について、【実際の画像】付きで
    1からわかりやすく解説しています
  • 作業そのものは、正味【10分程度】でおわります(設定の反映待ち時間等は除く)

18年以上積み重ねられた安心と実績で、国内シェア

No.1

公式:エックスサーバー

「ドメイン永久無料」の契約特典

さらに 2022/6/16 (木) 18:00 まで

「半額キャッシュバック」で利用料金 実質495円~

となるお得なキャンペーンも実施中!!!

※「国内シェアNo.1」2021年10月時点、hostadvice.com調べ(詳細

 

エックスサーバーが ”さらに超速” になりました!

エックスサーバー では、2021年10月から「超高速」のWordPress実行環境…

KUSANAGI

を開発するプライム・ストラテジー社との戦略的提携に基づく高速化技術を導入し、「サイト表示のさらなる高速化」を実現しました

 

また新規にお申し込みを受け付けるサーバーにおいて、第三世代EPYCを備えた1台あたり1,000万円を超える「最新の商用高性能サーバー」を導入しています

 

これにより「従来の3倍以上※1の処理速度」を実現し、国内主要サービスとの比較調査で、他サービスの記録を圧倒的に引き離して「サーバー速度のNo.1※2を獲得しています

  • 世界最速クラスと評価される、超高速のWordPress実行環境「KUSANAGI」の技術を導入!
  • 他ユーザーの影響を受けずに安定的なサーバー速度を提供する「リソース保証機能」も導入!
エックスサーバーにおけるWordPressの表示速度スコア 01

2022年に開設したブログの速度スコア(Google PageSpeed Insightsにて2022年3月計測)

 

関連:【2022年5月】エックスサーバー「WordPressクイックスタート」のブログ開設手順を初心者向けに1から解説【超簡単】

※1 同社サービス内の同一構成のサーバーに対するsysbenchを用いた試験での比較結果によるもの
※2 日本国内シェア上位3サービス、および独自に選定した国内の著名サービス・プランを含めて、計6つのサービスまたはプランを対象に、h2loadで5回計測した結果によるもの

 

あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド!

”全8章” の総合TOPページです

あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド

 

About me

あずきアイコン main-01 背景透過

suzu azuki
あずき鈴々

 

独立5年目の専業ブロガー / 元アパレル → 歴10年

 

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます。 普段はTwitter(@azuki_rinrin)にいるので覗いてもらえると嬉しいです^^

-WORDPRESS