hutarisezon-ni-yararesezon

欅坂46

欅坂46「二人セゾン」歌詞を本気で考察したら、超絶イケメンな素顔が出てきた【ヒントはBメロのあの歌詞】



あずきです🐥

ふぅ、この「二人セゾン」って曲さ

可愛い面して中身は超絶イケメンだったわ。 宇宙が広がってたよ

はい、ということで今回は欅坂46の神曲…

「二人セゾン」

について

ズバリ、この歌詞のなかに潜む真意を本気で考察してみました

この「二人セゾン」って曲、パッと伝わる印象としては

  • 大切な存在との時間を、移り変わっていく季節(フランス語でセゾン)に例えてる
  • そんな、諸行無常の儚さや美しさを歌ってる

こんなふうに最初は思ったんですね

これはこれで間違いじゃないよね

でも、歌詞をよーーーく紐解いていくとさ

この主人公の「過去と今」その全貌や、その先の心に刺さるメッセージがはっきり見えてきて…

あくまで私見なんですけど、自分的には100%しっくりきた答えです

最大のキーとなったのは、「1番Bメロ」の

太陽が戻ってくるまでに
大切な人ときっと出会える
見過ごしちゃ もったいない
愛を拒否しないで

という歌詞

今回は、そんな「二人セゾン」の ”真の姿” を3つのポイントで徹底的に紐解いていきます

欅坂46「二人セゾン」考察の3つのポイント

  • 【はじめに】「春夏で恋をして 秋冬で去って行く」の意味【解釈の順序を逆転させてみる】
  • 【本題】主人公の「過去と今」について【1番Bメロの真意を紐解くと、全貌が見えてくる】
  • で、結局なにが言いたいのか?【主人公がくれた素敵なメッセージ】

それじゃーさっそく行ってみよー🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

尊敬するYouTuberもえりんさんの「欅坂 聖地巡礼」動画がきっかけで、欅坂46に出会う
 ↓
「サイレントマジョリティー」で、表現力やメッセージ性に感動。 生まれて初めて、MVで泣く
アイドル無知な僕が欅坂46「サイレントマジョリティー」MVで泣いた日のこと
 ↓
YouTubeの「おすすめ動画の自動再生」的なやつで、乃木坂46に出会う
 ↓
「帰り道は遠回りしたくなる」で、またしてもMVで泣く(号泣)
【ありがとう&アリガトの意味】乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」あの神曲が僕に教えてくれたこと【ガチ考察】

欅坂46「二人セゾン」の歌詞を本気で考察してみた【3つのポイント】

【はじめに】「春夏で恋をして 秋冬で去って行く」の意味【解釈の順序を逆転させてみる】

まずこの曲で印象的な歌詞というと、やっぱり

二人セゾン 二人セゾン
春夏で恋をして
二人セゾン 二人セゾン
秋冬で去って行く

このフレーズじゃないでしょうか?

冒頭のイントロをふくめて、トータルで3回も登場してます

ここのフレーズね、

なんか引っかかってたんです

というのも、最初は

  • 「春夏の時期に恋が始まって付き合って、でも秋冬になったら別れちゃったんだね」
  • 「花が芽生えてから枯れ落ちるまでの季節に、わかりやすくなぞらえてるんだね」

くらいに思ってたんです

でもさ、ぶっちゃけ率直な本音としては

「1年を通して、恋がスタートした季節とおわった季節があった」

みたいなニュアンスが強くて、でもそうなると

恋って毎回そんな、1年のなかで「スタート」と「おわり」が綺麗に来て、綺麗に完結します?

って思っちゃって…

恋愛って、そんな「春夏と秋冬で1年完結!」みたいな決まった流れじゃないですよね

アパレル業界じゃあるまいし()

これさ、

”解釈の順番” が逆だと思うんです(そう考えればしっくりくる、って意味ね)

つまり、

  • 「春夏の季節にね、恋をしたんだよ」
  • 「でね、秋冬の季節にその恋がおわったんだよ」
  • 「まるで、花が芽生えてから枯れ落ちるまでみたいだね」

じゃなくて、本当は

  • 「恋が始まったこの季節。 これを仮に、この恋における春夏と名づけよう」
  • 「恋がおわったこの季節。 これを仮に、この恋における秋冬と名づけよう」

こんなニュアンス

そう考えれば、”1年” というくくりに縛られなくなるよね

実際それからは、「春夏に~ 秋冬で~」のサビを聴いても違和感がなくなりました

やば、思いのほか長くなった

次!(こっからが超大事)

【本題】主人公の「過去と今」について【1番Bメロの真意を紐解くと、全貌が見えてくる】

2つ目のポイントは、

主人公の「過去と現在」

について

ズバリ質問なんですが、この主人公は ”今” どういう状況にいるでしょうか?

恋人は、いる? いない?

はい、僕の結論は「いない」です

でも大切なのは、実はその根拠となる歌詞に潜んでるメッセージの方で

ちなみに、

「春夏で恋をして秋冬で去って行ったんだから、たぶんいないよね!」

みたいな安直な理由ではありません

で、ぶっちゃけ「恋人が今はいない」ことを示唆してる歌詞はいくつかあるんですが

わかりやすいのは、「春夏秋冬 生まれ変われると 別れ際~」のとこ

でも ”あえて” 僕がここで挙げたいのは、1番Bメロの

太陽が戻って来るまでに
大切な人ときっと出会える

これです

「なぜあえてこのフレーズなのか?」なんですけど…

この何気ないBメロの歌詞がね、めちゃめちゃキーになってるんです

ここの歌詞を始点に紐解くと、すべてがスルスル解けていきます

まずここのフレーズって、一見すると

「恋人と夜明けまでに落ち合って、一緒に過ごしたい!」みたいな感じにも映りかねないんですけど、

つまり恋人がいるかのようなニュアンス

でもちょっと違和感ないですか?

「大切な人ときっと出会える」

「きっと出会える」

「出会える」

出会うっておかしくね?

デートするのに、恋人と会うのに、「出会う」って言います?

恋人じゃなくてもさ、友達に会うでも家族と会うでも「今夜は会えるかなー」ってときに

「出会う」って使います?

使わんよね🐥

会う!が正しい

つまりはこういうことです

「恋人は今いなくて、これから新たに ”大切な存在” となる人との出会いを期待してる」

でもそうなると、

「太陽が戻って来るまでに」はどういう意味?

これがまた超重要で…

1つ目のポイントで挙げた「春夏秋冬」と、実は同じ発想

  • リアルな意味での「夜明けまで」ってことでは、決してなくて…
  • 「それまでの種まき次第では人生が開花してるかもしれない、そんな時期に備えて今のうちに…」という意味

そんなメッセージを示唆してるのが、あえてさっきは出さなかった1番Bメロの続き…

見過ごしちゃ もったいない
愛を拒否しないで

つまり、

  • 大切な出会いになるかもしれないきっかけを見過ごしてたら、もったいないよね
  • だから、相手からの何気ない好意を無下にしないで

こういうことですね

で!

なんでわざわざ主人公は、こんなメッセージを発してるのか?

それこそが大切

ズバリ、1番と2番それぞれの「Aメロ」に答えはあります

まず1番のAメロから…

誰かと話すのが面倒で
目を伏せて聴こえない振りしてた
君は突然
僕のイアホン外した

そして、2番のAメロ…

自分の半径1メートル
見えないバリア張った別世界
そんな僕を
連れ出してくれたんだ

そう。 主人公はもともと、周りを拒絶して自分の殻に閉じこもってたんですね

でも…

そんな孤独な主人公を、”君” という存在がムリヤリ引きずり出したわけです

君とはもちろん、主人公の「恋人」だった人のことですね

ここでポイントとなるのが、この出会い(花が芽生えたこと)は

あくまで「過去」の話だということ

その後、2人は別れます

そんな事実がわかるのが、ラスサビ(最後のサビ)前の

春夏秋冬 生まれ変われると
別れ際 君に教えられた

だから、「太陽が戻って来るまでに」なんだよね

普通なら、「太陽が昇って来るまでに」と言うところを

なぜならこの主人公にとっての太陽は、すでに一度昇っていた時期があったから

つまりまとめると、

  • この主人公には以前、殻にこもっていた自分を引きずり出してくれた最愛のパートナーがいた…
  • そんな恋人とともに生きていた、太陽が昇っていた時期があった…
  • でも、残念ながら別れてしまった…(太陽が沈んだ)

で、結局なにが言いたいのか?

答えはもう目前です(最後のポイントへ🐥)

で、結局なにが言いたいのか?【主人公がくれた素敵なメッセージ】

時間軸で整理すると、この主人公は

  • 周りを拒絶して、自分の世界に閉じこもっていた…(見えないバリア張った別世界)
  • そんな自分でさえも、君は引っ張り出してくれた…(突然イアホンを外した)
  • そして、一緒に生きていた時期があった…(この恋にとっての春夏。 太陽が昇ってた時期)
  • でも、別れてしまった…(この恋にとっての秋冬。 太陽が沈んでる時期)

さて

あなたがこのお話の主人公なら、

これからどうしますか?

これこそが、この曲の最終的なメッセージだと僕は思ってます

もう1回、殻に閉じこもりますか?

というのも…

1周目は、それでも ”君” がムリヤリ連れ出してくれましたよね

でも、恋の春夏秋冬を1周回りきった「今」の主人公はこう言ってます

例の「1番Bメロ」の歌詞

太陽が戻って来るまでに
大切な人ときっと出会える
見過ごしちゃ もったいない

愛を拒絶しないで

そう

めちゃめちゃ成長したんですよね、この主人公は

1周目の、”君” という存在にムリヤリ救ってもらったときと違って

今度は自らの力で、自分の意志で、新たな世界(出会い)に踏み出そうとしてる

ラスサビ前の歌詞です ↓

想像しなきゃ
夢は見られない
心の窓

心をふさいでいた主人公も、そんな心に「窓」をつけられるようになった。 ”君” との恋を経て…

確かに今は自分にとって秋冬かもしれないけど、太陽はまだ沈んでるけど

そんなときこそ、

花が咲いてる未来を想像して、今のうちに自分から動かなきゃ

MVで印象的な、夕日をバックにてち(平手友梨奈さん)が躍動していたあのシーンの歌詞です ↓

花のない桜を見上げて
満開の日を想ったことはあったか?

この言葉がまさに示してくれてますね

そして!

一番最後の、

僕もセゾン

この主人公も、諸行無常な季節(セゾン)のように変わることができた

大きく成長できた

これから先も、そうやって自分にとっての春夏秋冬を経て、変わり、そして成長していくんだろう

そんなメッセージ🐥

【欅坂46「二人セゾン」の歌詞を本気で考察してみた】おわりに

はぁ、良曲

あ、間違えた

神曲。

こういうさ、

一見可愛い感じの面して、実は中身を掘っていったら宇宙が広がってた

みたいな曲、たまんねーな

音楽に限らずさ、こういう ”内面に宇宙が広がってる人” ってたまーにいて

そしてそういう奴ほど、見た目は可愛い面してけろっと澄ましてんだよな

そういう人にまた出会いたいな

まずは自分がそうなろう

それでは、最後までお付き合いありがとうございました♪

あずき🐥

リクナビNEXT

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

尊敬するYouTuberもえりんさんの「欅坂 聖地巡礼」動画がきっかけで、欅坂46に出会う
 ↓
「サイレントマジョリティー」で、表現力やメッセージ性に感動。 生まれて初めて、MVで泣く
アイドル無知な僕が欅坂46「サイレントマジョリティー」MVで泣いた日のこと
 ↓
YouTubeの「おすすめ動画の自動再生」的なやつで、乃木坂46に出会う
 ↓
「帰り道は遠回りしたくなる」で、またしてもMVで泣く(号泣)
【ありがとう&アリガトの意味】乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」あの神曲が僕に教えてくれたこと【ガチ考察】

-欅坂46

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.