ワードプレス

【おすすめ3選あり】WordPressテーマ選びで大切だと思う3つの要素【知名度/エディタの対応状況/公式子テーマ】

WordPress_テーマ選びのポイント&おすすめテーマ_アイキャッチ



あずきです🐥

WordPressブログにおける「テンプレート」の役割をもつ…

テーマ

について、ブログ初心者さん向けに1から解説していきます♪

具体的には、次の2点です

  • テーマ選びで大切な「3つ」のポイント
  • 個人的なおすすめテーマ3選

さっそく見ていきましょー🐥

このブログで使用中のワードプレステーマ

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー01

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

WordPressにおける、テーマ選びで大切な「3つ」のポイント【知名度/エディタ対応/公式子テーマ】

テーマの種類は千差万別で、「自分の好きなやつ使えばいいじゃん!」と言われたら極論それまでかもしれません

ただ!

それでも現実的には、初心者さんがテーマを選ぶときに「これだけは押さえておくべき」というポイントは、やっぱりいくつかあるんですね

僕が「完全初心者だったころの自分にアドバイスする」としたら、次の3点です

  • 知名度の高さ
  • クラシックエディタ or グーテンベルグへの対応状況
  • 公式子テーマの有無

順に見ていきますね🐥

【ポイント①】知名度の高さ【マイナーテーマは、初心者には難易度高い】

ブログガイド_見出し_01

まず第一に挙げたいのが…

  • 知名度

です

結論、みんなが知ってるような「メジャーなテーマ」のなかから選びましょう

なんでかと言うと、知名度の低いテーマだと「なにかトラブルが生じたときに解決策を調べる」のが大変だからですね

これが知名度の高い人気テーマであれば、自分のブログになにかトラブルが生じても…

「●●●●●(テーマ名) 表示 おかしい」

みたいに、トラブルの内容をキーワード検索すれば、ほぼほぼ解決策は出てきます

100歩譲って解決策そのものがすぐには出てこなくても、ユーザーの母数が多ければ「自分と同じトラブルで困ってる人」は、まず間違いなく存在するもの

「よかった、自分だけじゃなかった…」と確認できるだけでも、だいぶホッとしますよね

なので、特に「ブログのトラブルに慣れてない初心者のうち」は、ユーザー数が多い人気のテーマにしておくのが無難です

【ポイント②】クラシックエディタ or グーテンベルグへの対応状況【おすすめはクラシックエディタ】

ブログガイド_見出し_02

2つ目のポイントは…

  • クラシックエディタ or グーテンベルグへの対応状況

です

なんのこっちゃって感じですよね

まず現状WordPressでは、記事編集のエディタ(根本的な編集タイプみたいなもの!)が…

  • クラシックエディタ(旧エディタ)
  • グーテンベルグ(新エディタ)

この2つで、大きく二分されています

正確には、現在の標準テーマは新エディタにあたる「グーテンベルグ」で、初期設定でもそうなってるんですが…

ただ実際には、旧エディタにあたる「クラシックエディタ」に切り替えてブログを書いてる人が、めちゃめちゃ多いんですね

合わせてどーぞ♪

wp-editor-gutenberg-or-classic-20200307_ec
WordPressの「グーテンベルグ&クラシックエディタ」とは?どっちがおすすめ?【ブログ記事編集の新エディタ・旧エディタ】

続きを見る

で!

どっちのエディタを使うは任意なんですが、ここで重要なのが…

  • 「クラシックエディタ」に対応してるテーマ
  • 「グーテンベルグ」に対応してるテーマ

というのが、テーマによってまちまちだということ

なので例えば…

「新エディタのグーテンベルグを使っていきたい!」

と思っていても、たまたま選んだテーマが「グーテンベルグ未対応」とかだと「クラシックエディタ」を使うしかなくなります

特に「グーテンベルグ」は最近生まれたエディタなだけあって、「グーテンベルグ対応を進めてる最中」といったテーマがまだまだ多い印象です

つまり!

気になるテーマを見つけたら…

自分が使おうと思ってる、
「クラシックエディタ or グーテンベルグ」に対応してるテーマかどうか?

の確認をしておきましょう

上記の確認は、各テーマの公式サイトで通常できます

ただ実際のところは…

  • 「クラシックエディタ」にはほぼほぼ(記載するまでもなく)対応しているので、なにも書いてないことが多い
  • 逆に「グーテンベルグ」への対応状況はテーマによってまちまちなので、公式サイト内に記載されてるはず

といった感じです

ちなみにこのブログの場合、使用してるテーマは「WING(AFFINGER5)」で、エディタは「クラシックエディタ」を使ってます🐥

このブログで使用中のワードプレステーマ

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー01

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

【ポイント③】公式子テーマの有無【カスタマイズには子テーマが必須】

ブログガイド_見出し_03

最後の3つ目のポイントは…

  • 公式子テーマの有無

です

これまた「なんのこっちゃ?」ですよね

まずテーマには…

  • 親テーマ
  • 子テーマ

という概念があります

そもそもは、どのテーマを選ぶにしても「親テーマ」のみです

「子テーマ」とは、そんな「親テーマ」のいわば ”分身” となる存在

親テーマを直接そのまま使うと、「カスタマイズした内容」がテーマをアップデートする度にリセットされてしまうというデメリットがあるんですね

そこで、親テーマの代わりに「子テーマ」を使うことで、親テーマをアップデートしても「カスタマイズ内容」は引き継いだままにすることが可能です

子テーマは、WordPressをやるなら実質必須!

合わせてどーぞ♪

wordpress-theme-parent-and-child-202001-ec
WordPressの「親テーマと子テーマ」とは?違いって?1から丁寧に解説【ブログのアップデート対策】

続きを見る

ただ!

そんな子テーマを「自作」するのって、わりと専門領域なんですね

具体的には…

  1. functions.phpを作る
  2. style.cssを作る
  3. この2つを入れたフォルダをZIPファイル形式にして、WordPressでアップロード(もしくはFTPソフトでアップロード)

こんな流れです

初心者の方にとっては、正直「ふぁっ?」って感じじゃないでしょうか?(←経験談)

僕も子テーマを独学で作ってみたことがありますが、率直な感想は…

  • 一応作れはしたけど、ちゃんとできてるか不安
  • 素人なので、自作の子テーマにトラブルが起きたらちょっとお手上げ
  • 結論、面倒くさいし(自作は)おすすめしない

といった感じ

でも…

WordPressテーマのなかには、そんな子テーマを(親テーマ購入で)一緒に付けてくれるテーマがあったりします

言うなれば、純正の「公式」子テーマ!

ちなみにこのブログでも、「WING(AFFINGER5)」の ”公式” 子テーマを使ってます

公式の子テーマはもちろん完成品なので、通常のテーマ(親テーマ)と同じ手順で…

アップロードして有効化

これだけで完了と、超カンタンなんですね

合わせてどーぞ♪

AFFINGER5の「子テーマ」を導入する方法と注意ポイント アイキャッチ
WING AFFINGER5の「子テーマ」を導入する方法と注意ポイントを1から解説【親テーマと子テーマの正しい使い方】

続きを見る

しかもそのテーマ純正で、そもそもプロがちゃんと作ったものなので安心ですよね

なので結論…

  • 「公式の子テーマ」がちゃんと用意してあるテーマを選ぶべき(仮に、別売りの有料とかでも)

だと思ってます

WordPressにおける、個人的なおすすめテーマ3選【JIN/WING AFFINGER5/SANGO】

最後に、実際のおすすめテーマを「3つ」厳選してご紹介していきます

ちなみに、すべて「有料」のテーマです

3つとも超メジャー!

おすすめテーマ①:JIN

ブログガイド_見出し_04

1つ目のおすすめは、「JIN」です

ブログ・アフィリエイト界では有名な、ひつじさん監修のWordPressテーマ

柔らかいビジュアル感が印象的で、ブロガー向けの可愛らしいテーマだと思います

Twitterでブロガー界隈をウォッチしてると、使ってる人をよく見かける印象です

  • 価格:14,800円(税込)
  • 複数サイトでの使い回し:OK
個人ブログっぽさが魅力のテンプレート!

グーテンベルグの対応状況

公式サイトには「未対応」とあります(参考:JIN公式サイト「JINのよくある質問」)

ただ実際には一部対応し始めているようなので(参考:JIN公式サイト「CATEGORY Gutenberg」)、今後おそらく進んでいくものと思われます

公式子テーマの有無

公式の子テーマあり(無料)

おすすめテーマ②:WING AFFINGER5

ブログガイド_見出し_05

2つ目のおすすめは、「WING(AFFINGER5)」です

こちらも超有名な、「STINGER」系のWordPressテーマ

シンプルかつ高級感のある ”洗練されたデザイン” が特徴で、このブログでも長らく愛用してます

「稼ぐ」に特化した本格WordPressテーマというコンセプトで、マネタイズ前提のアフィリエイター仕様

ただ設定画面は非常にわかりやすく、初心者ブロガーさんにも極めておすすめなテーマです

  • 価格:14,800円(税込)
  • 複数サイトでの使い回し:OK
最強に気に入ってる

グーテンベルグの対応状況

現状、公式サイトには「原則として非対応」とあります(参考:STINGER STORE公式サイト「Gutenberg対応状況 / ご報告フォーム」)

今後は徐々に対応されていく可能性もありそうです

公式子テーマの有無

公式の子テーマあり(無料)

また上記とは別途で、有料の子テーマ「JET」もあり。「マガジン型」のデザインが可能な子テーマ。 4,980円(税込)

※このブログで使ってるのは、通常の(無料)子テーマです

おすすめテーマ③:SANGO

ブログガイド_見出し_06

3つ目のおすすめは、「SANGO」です

「心地よいWordPressテーマ」というキャッチフレーズで、こちらも「JIN」同様に柔らかい印象のスッキリした作り

ミニマルでデフォルメ化された、直感的に使いやすいデザインが魅力です

  • 価格:11,000円(税込)
  • 複数サイトでの使い回し:OK
値段もちょいお手頃!

グーテンベルグの対応状況

公式の専用プラグイン「SANGO Gutenberg」を使うことで、グーテンベルグ対応が可能

また、「SANGO」の公認子テーマである「PORIPU」にも、同じくグーテンベルグ対応のための専用プラグイン「PORIPU Gutenberg」があり

公式子テーマの有無

公式の子テーマあり(無料)

また上記とは別途で、「SANGO」公認の子テーマ「PORIPU」もあり。 別売りで3,980円

おしまい♪

あずき🐥

このブログで使用中のワードプレステーマ

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー01

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

-ワードプレス

© 2020 あずきのぶろぐ。