wordpress-theme-choice-recommend-202001-ec

WordPress

【おすすめ3選あり】WordPressテーマ選びで「超大切」だと思う3つのポイント【知名度/公式子テーマ/タグ管理】



今回は、WordPressブログにおいて基盤となる…

「WordPressテーマ」の選び方

の、実践的なポイントをご紹介していきたいと思います

まずテーマとは、WordPressにおける ”テンプレート” の役割となるもの

ひとえに「WordPressでブログをやる」と言っても、どのテーマを使うかによって機能や使いやすさは大きく変わってきます

下手すると、スマホとガラケーくらい違ってくる

僕自身、今でこそお気に入りのテーマに行き着いて2年近く使ってますが…

ブログ初心者だったころは、「なにを基準にどう選べばいいのか?」正直サッパリだったんですね

そんな当時の自分と同じように、「テーマ選びで悩んでる…」という方のために…

  • 今使ってるテーマをなぜ愛用できてるのか?
  • なぜほかのテーマに目移りしないで済んでるのか?

その要因を、本気で考察してみました

それはすなわち、テーマ選びにおいて実質本当に大切なポイントと言えると思います

僕がテーマ選びで超大切だと思ってるのは、ズバリ次の3つ

  • テーマのメジャー性 ←重要!
  • 公式の子テーマ付き ←重要!
  • タグ管理機能 ←超重要!

あくまで一意見ではありますが、その分リアリティのある生の感想として参考にしてもらえるかなと思います

また記事後半では、「具体的なおすすめテーマ3選」もあわせてご紹介してます

ちなみに、テーマの導入方法は ↓ をどうぞ♪

wordpress-theme-adopting-202001-ec
WordPressテーマの導入方法を「2つのパターン」で優しく解説【アップロード済みと、そうでない場合】

続きを見る

必ず押さえておきたい「親テーマと子テーマ」については ↓ から♪

wordpress-theme-parent-and-child-202001-ec
WordPressの「親テーマと子テーマ」とは?違いって?1から丁寧に解説【ブログのアップデート対策】

続きを見る

子テーマの導入方法は ↓ から♪

wordpress-child-theme-adopting-202001-ec
子テーマを用意してWordPressに導入する手順を「WING AFFINGER5」を例に優しく解説【公式の子テーマを使用】

続きを見る

それではさっそく見ていきましょー🐥

当ブログのWordPress環境

  • 使用してるテーマ:WING(AFFINGER5)
  • 使用してるエディタ:旧エディタ(クラシックエディタ)
  • 使用してるプラグイン:↓ の記事ですべて公開してます

WordPressブログで愛用中のおすすめプラグイン「16個」と設定方法をまとめて公開

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

WordPressのテーマ選びで超大切だと思うポイントは3つ

まず大前提として…

  • テーマの根本的な外観が、求めてるイメージと合ってる!
  • 機能やデザインのバリエーションが豊富!
  • 基本的なSEO対策がバッチリ!
  • 設定画面がわかりやすい!
  • アップデートをちゃんと行ってくれる!

この辺りについては、もはや言うまでもないことかなと思うので、あえて割愛します

今回お伝えしたいのは、もっともっとリアルな部分。 2年前の自分に伝えたい、

本当の本当に大切

だと思うポイントです。 改めて挙げると、この3つ

  • テーマのメジャー性
  • 公式の子テーマ付き
  • タグ管理機能

順に見ていきますね🐥

【ポイント①】テーマのメジャー性【初心者は必ず有名なテーマを使うべき】

pc-work-202001_01

まず1つ目のポイントは、

テーマのメジャー性

です

ちょっと退屈な印象に見えるかもしれませんが、これがかなり重要になります

結論として、初心者は必ず「有名なテーマ」を使いましょう

理由は、トラブルが起きたときにその解決策を検索しやすいからですね

というのも、そのテーマを使っていてなにかエラーが起きたら、普通はまずググったりTwitterで検索かけたりすると思います

専門知識をもってる一部の人は除いて

でもマイナーなWordPressテーマだと、検索したところでそのテーマを使ってる母数そのものが少ないので情報が出てきづらいんですね

これが誰もが知ってるような人気のテーマであれば、例えば

(テーマ名)表示 おかしい

みたいにトラブルの内容を検索かければ、だいたい解決策が出てきます

仮にまだテーマの運営側が対応中だったとしても、少なくとも「同じように困ってる人たちがいる」という事実はすぐに知れますよね

同じ状況の人を確認できただけでも、だいぶ安心できる

なので結論、

  • トラブル対策で、テーマは誰もが知ってるような有名どころを使うべき

これがまず1つ目に挙げたいポイントです

【ポイント②】公式の子テーマ付き【初心者は子テーマをムリして自作するより、安心の純正品を使うべき】

pc-work-202001_02

つづいて2つ目のポイントは、

公式の子テーマが付いてくること

これがめちゃめちゃ助かってます

まず「子テーマってなに?」 という方は、↓ の記事をどうぞ♪

wordpress-theme-parent-and-child-202001-ec
WordPressの「親テーマと子テーマ」とは?違いって?1から丁寧に解説【ブログのアップデート対策】

続きを見る

そもそもWordPressテーマは、アップデートのたびにカスタマイズ内容がリセットしてしまわないように「子テーマを用意する」のが鉄則

頑張っていじってきたカスタマイズが飛んだらショック…

でも子テーマを自作するのって、わりと専門領域なんですね

  1. functions.phpを作る
  2. style.cssを作る
  3. この2つを入れたフォルダをZIPファイル形式にして、WordPressでアップロード(もしくはFTPソフトでアップロード)

初心者の方にとっては、この3つを見ただけで目を背けたくなるかなと思います

僕もまさに自作した経験がありますが、

ぶっちゃけめんどくさいです

でもWordPressテーマのなかには、そんな子テーマを完成させた状態で親テーマと一緒に付けてくれるところがあったりします

言うなれば、純正の子テーマ!

ちなみにこのサイトで使ってる「WING(AFFINGER5)」も、まさに純正の子テーマをセットで付けてくれます

公式の子テーマはもちろん完成品なので、通常のテーマ(親テーマ)と同じ手順

アップロードして有効化

これだけで完了と、超カンタンです

テーマの導入手順は ↓ から♪

wordpress-theme-adopting-202001-ec
WordPressテーマの導入方法を「2つのパターン」で優しく解説【アップロード済みと、そうでない場合】

続きを見る

しかもそのテーマ純正で、そもそもプロがちゃんと作ったものなので安心ですよね

素人が自作するよりよっぽど

なので結論、

  • 「公式の子テーマ」が付いてくるテーマを選ぶべき

だと思います

【ポイント③】タグ管理機能【最強の時短ツールとして、絶対に使うべき】

pc-work-202001_03

最後の3つ目のポイントは、ズバリ…

タグ管理機能

です。 これがもう

最強に便利

最強無比!

というより、今となっては「ブログでタグ管理を使わないなんて正直ありえない」とすら感じてます

なぜなら、ブログをやってて50件、100件、200件と記事が増えていくと…

そのなかで、複数の記事に「共通の内容を挿しこみたい」というパターンがけっこう出てくるんですね

例えば…

  • お決まりの免責事項
  • 広告バナー

とか

毎回それらをコピペで入れること自体は、そこまで苦ではありません

それより問題なのは、それらの定型箇所を ”あとから修正する” とき

タグ管理をしてないと、対象の記事すべてを手作業で1つずつ修正していくことになります

これが超大変(^O^)

でも「タグ管理」を使えば、タグ管理ページ側で1回修正するだけで、そのタグを貼ってある対象の記事すべてが自動修正されます

「時間」と「エネルギー」という意味では、タグ管理を使わない場合の100倍以上は節約できると実感してます

それだけブログって、本気で作るとなると「既存記事のメンテナンス」が次々に出てくるんですよね

  • 貼ってた広告の案件が終了したから、そのまま別の広告に差し替える
  • 情報が更新されたから、定型文言を修正する

とか。 そういった際に、

  • 100記事とか1000記事すべて、気合で1つずつ手直しする
  • タグ管理ページ側で、「1発」ですべて直す

この違いは、凄まじく大きいです

徒歩と電車くらい違う

ちなみにこのサイトで愛用してる「WING(AFFINGER5)」にもタグ管理機能はあり、ただし別売りのオプションになります

➤ AffiliateRun~なぜ売れないか? [付録] プラグイン「AFFINGERタグ管理マネージャー3」

21,800円(税込)と決して安くはないかもですが、専業ブロガーとして色んなツールにお金を使ってきたなかで「ダントツNo.1」に助けられてるツール🐥

実際におすすめなWordPressテーマ3選【JIN/WING AFFINGER5/SANGO】

pc-work-202001_04

最後に、個人的におすすめなWordPressテーマを「3つ」厳選してご紹介したいと思います

ちなみにすべて有料テーマです

3つとも超メジャー!

おすすめテーマ①:JIN

1つ目のおすすめは、「JIN」です

ブログ・アフィリエイト界では有名な、ひつじさん監修のWordPressテーマ

柔らかいビジュアル感が印象的で、ブロガー向けの可愛らしいテーマだと思います

実際Twitterでブロガー界隈をウォッチしてると、使ってる人をよく見かけます

価格:14,800円(税込)/ 複数サイトで使い回しOK

おすすめテーマ②:WING AFFINGER5

2つ目のおすすめは、「WING(AFFINGER5)」です

有名な「STINGER」系のWordPressテーマ

シンプルで高級感のある洗練されたデザインが特徴で、このブログでも愛用してます

「稼ぐ」に特化した本格WordPressテーマというコンセプトで、マネタイズ前提のアフィリエイター仕様

でも設定画面は非常にわかりやすく、初心者ブロガーにもかなりおすすめなWordPressテーマです

価格:14,800円(税込)/ 複数サイトで使い回しOK

↑ これ以外使う予定はないくらい、最強に気に入ってる…

おすすめテーマ③:SANGO

3つ目のおすすめは、「SANGO」です

「心地よいWordPressテーマ」というキャッチフレーズで、こちらも「JIN」同様に柔らかい印象のスッキリしたテーマです

ミニマルでデフォルメ化された、直感的に使いやすいデザインだと思います

価格的にも、上記「JIN」や「WING AFFINGER5」より4,000円近く安く、お手頃なWordPressテーマ

価格:11,000円(税込)/ 複数サイトで使い回しOK

基本的なポイントは、これで以上になります

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

テーマの導入方法は ↓ をどうぞ♪

wordpress-theme-adopting-202001-ec
WordPressテーマの導入方法を「2つのパターン」で優しく解説【アップロード済みと、そうでない場合】

続きを見る

必ず押さえておきたい「親テーマと子テーマ」については ↓ から♪

wordpress-theme-parent-and-child-202001-ec
WordPressの「親テーマと子テーマ」とは?違いって?1から丁寧に解説【ブログのアップデート対策】

続きを見る

子テーマの導入方法は ↓ から♪

wordpress-child-theme-adopting-202001-ec
子テーマを用意してWordPressに導入する手順を「WING AFFINGER5」を例に優しく解説【公式の子テーマを使用】

続きを見る

wing300_gif_osusume

WordPressテーマ WING(AFFINGER5)

この記事を書いた人

azuki_01

あずき

専業ブロガー / フリーランス3年目 / 元アパレル / WordPressとSEOを独学で学んで、10年間の会社員生活から独立しました

-WordPress

Copyright© あずきのぶろぐ。 , 2020 All Rights Reserved.