WORDPRESS

【2021年】WordPressで全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 アイキャッチ
 

あずきです🐥

WordPressで極めて便利なプラグインの1つ…

Invisible reCaptcha for WordPress

について、その導入手順と設定方法をブログ初心者さん向けに1から解説していきます

 

まず!

この「Invisible reCaptcha for WordPress」は、Googleが提供しているスパム防止ツール…

reCAPTCHA v3

を、「Contact Form 7」などから通常の手順でWordPressへ導入すると「ブログの全ページに表示」されてしまう…

reCAPTCHAのバッジ(=保護マーク)

について、「全ページ表示」ではなく「指定した箇所だけ表示」にできるプラグインです

指定した箇所っていうのは、例えば「お問い合わせフォーム」とか「コメント欄」のことだよ!
 

ということで、今回は3つのステップで丁寧に解説していきます

  1. 【準備】WordPress側に「reCAPTCHA v3」のサイトキー&シークレットキーを貼りつけてある場合は、最初に外しておこう(Contact Form 7を例に解説)
  2. 「Invisible reCaptcha for WordPress」の導入手順【インストールと有効化】
  3. 「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法(=「reCAPTCHA v3」をお問い合わせフォームなどのみ有効にし、そのほかのページからバッジ表示を消すやり方)

さっそく見ていきましょー🐥

 

はじめに

今回の一連の手順については…

「reCAPTCHA v3」にてサイト登録を行い、【サイトキー&シークレットキー】を取得

という工程をすでに済ませていることが前提となります

 

まだの場合は、こちらをどうぞ ↓

「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方 アイキャッチ
【2021年】「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方を初心者向けに解説【WordPressお問い合わせフォームのスパム防止】

続きを見る

 

\ 本気で戦うなら /

WING AFFINGER5 バナー 02

―― 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ ――

「稼ぐ」に特化したWordPress テーマ『WING AFFINGER5』

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン(税込4,980円)」を無料配布中!

「WING AFFINGER5」の気に入ってる点・気になる点をガチレビュー アイキャッチ
【愛用】「WING AFFINGER5」って実際どうなの?気に入ってる点・気になる点をガチレビュー【WordPressのおすすめテーマ/専業ブロガー4年目】

続きを見る

WordPressの「タグ管理」とは? アイキャッチ
WordPressの「タグ管理」とは?どれだけブログに必須な機能か、3分で解説【よく使う文章や広告をテンプレート化/一括修正が最強に便利】

続きを見る

 

注意

プラグインを使用することで、ご利用中のWordPress環境などによっては不具合が生じてしまう可能性があります。 プラグインの使用に際しては、あらかじめデータやファイルをバックアップされたうえで、ご自身の責任にて行ってください

 

関連:WordPressプラグイン「BackWPup」の設定方法を初心者向けに解説【ブログに必須な自動バックアップ】

 

【2021年】WordPressで全ページに表示されたreCAPTCHA v3のバッジ(保護マーク)を、プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方

ステップ①:【準備】WordPress側に「reCAPTCHA v3」のサイトキー&シークレットキーを貼りつけてある場合は、最初に外しておこう【Contact Form 7を例に解説】

WordPressブログ「完全初心者」ガイド 見出し b-01

まず大事な準備として、今回のプラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を導入する前に、すでにWordPress側に貼り付けてある…

「reCAPTCHA v3」のサイトキー&シークレットキー

が仮にある場合は、両キーの貼り付けを最初に外しておきましょう

 

ここでは例として、「reCAPTCHA 3」をWordPressへ導入する方法として代表的な…

Contact Form 7

にサイトキー&シークレットキーを貼ってある場合の、「キーの外し方」をご紹介していきます

サイトキーとシークレットキーをWordPress側にまだ貼ってない場合、このステップは飛ばしてOK!
 

WordPress管理画面から…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-1-01

↑ お問い合わせ > インテグレーション をクリックしましょう

 

そのなかの…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-1-02

↑「インテグレーションのセットアップ」というボタンをクリックします

 

すでにこのなかに…

  • サイトキー
  • シークレットキー

という「reCAPTCHA v3」の両キーを貼りつけている場合は…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-1-03-a

↑ このように【2つのキー】が表示されるので、WordやExcelなどに一旦コピーして、控えておきましょう

このサイトキーとシークレットキーは、このあと別のところで使うよ!
 

関連

サイトキーとシークレットキーがわからなくなった場合の対処法は、こちらの記事内で解説しています ↓

「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方 アイキャッチ
【2021年】「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方を初心者向けに解説【WordPressお問い合わせフォームのスパム防止】

続きを見る

 

サイトキーとシークレットキーを控えたら、その下の…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-1-03-b

↑「キーを削除」というボタンをクリックして、この両キーを「Contact Form 7」から外してしまいます

これで「reCAPTCHA v3」は一旦無効になって、全ページに表示されてた保護マークも消えるよ!
 

ということで…

ここから「Invisible reCaptcha for WordPress」を導入して、サイトキーとシークレットキーを「別の方法」で再度貼りつけていきます🐥

 

 

ステップ②:プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を導入する手順【インストール&有効化】

WordPressブログ「完全初心者」ガイド 見出し b-02

つづいて2つ目のステップは…

「Invisible reCaptcha for WordPress」の導入手順

について

 

WordPress管理画面の左側にある一覧メニューから…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-2-01

↑「プラグイン」という項目にカーソルを合わせ、開いたメニュー内にある「新規追加」をクリックしましょう

 

つづいて、画面の右上にある…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-2-02

↑ こちらの検索フォームに Invisible reCaptcha for WordPress と入力し、その下の検索結果から…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-2-03-a

↑ このアイコンが目印のプラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」を探します

 

無事見つかったら…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-2-03-b

↑ こちらの「今すぐインストール」ボタンをクリックし、このボタンが…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-2-03-c

↑ このように「有効化」という表示へ切り替わったことを確認したら、こちらの「有効化」ボタンもクリックしましょう

「プラグインを有効化しました」の表示

↑「プラグインを有効化しました。」と表示されたら、プラグインの導入は完了です

ここから肝心の設定方法に入っていくよ!
 

 

ステップ③:「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法【=「reCAPTCHA v3」をお問い合わせフォームなどのみ有効にし、そのほかのページからバッジ表示を消すやり方】

WordPressブログ「完全初心者」ガイド 見出し b-03

最後の3つ目のステップは…

「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法

について

 

WordPress管理画面の左側メニューから…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-1-01

↑ 設定 > Invisible reCaptcha をクリックしましょう

 

「Invisible reCaptcha」の設定画面を開いたら、左側に表示されているタブ一覧については…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-2-01

↑ こちらの【Settings】タブのままで、一旦OKです

 

まずは上側に表示されている…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-2-02

↑ こちらの…

  • Your Site Key(サイトキー)
  • Your Secret Key(シークレットキー)

という2つのフォーム内に、「reCAPTCHA v3」のサイトキーとシークレットキーをそれぞれ貼りつけましょう

 

関連

「reCAPTCHA v3」サイトキーとシークレットキーの取得方法と、紛失してしまった場合の対処法はこちらをどうぞ ↓

「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方 アイキャッチ
【2021年】「reCAPTCHA v3」の登録方法と「Contact Form 7」へ設定するやり方を初心者向けに解説【WordPressお問い合わせフォームのスパム防止】

続きを見る

 

両キーを貼りつけたら、つづいてその下の…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-2-03

↑「Language」という項目については、通常「Automatically detect」のままでOKです

「言語を自動判別する」っていう意味だよ!
 

お次はその下の…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-2-04-a

↑「Badge Position」という項目ですが、ここで「reCAPTCHA v3」のバッジ(=保護マーク)を表示させる位置を指定できます

 

デフォルトでは「Bottom Right=右下」になっていますが、このままだと「保護マーク」の表示が…

  • 画面のスクロールに追尾するので、ユーザーにとって邪魔になりかねない
  • WordPressで一般的な「画面の最上部に戻るボタン」と、位置がかぶる

といったデメリットがあるので、自分は…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-2-04-b

↑ こちらの「Inline」に切り替えています

 

「Inline」に設定することで、バッジの表示が「隅っこ」ではなく「入力フォームの近く」に変更される形です

その下の「Badge Custom CSS」という項目は、通常そのままでOK!
 

ということで、ここまで設定できたら「変更を保存」ボタンをクリックしましょう🐣

 

つづいて、左側のタブ一覧から…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-3-01

↑ こちらの【Contact Forms】というタブをクリックします

「変更を保存」ボタンをクリックしないままタブを切りかえちゃうと、さっきの設定がリセットされるので気をつけよう!
 

【Contact Forms】タブでは…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-3-02-a

↑ このように、「reCAPTCHA v3」を有効にする対象の「お問い合わせフォーム作成ツール」を選択します

 

今回の例のように、プラグイン「Contact Form 7」を使っている場合は…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-3-02-b

↑「Enable Protection for Contact Form 7」という項目にチェックを入れて、また「変更を保存」ボタンをクリックするだけでOKです

繰り返しだけど、保存しないでタブを切りかえると設定が保存されないよ!
 

これで、「Contact Form 7」で作成したお問い合わせフォーム内に…

「reCAPTCHA v3」のバッジ(=保護マーク)

がもう表示されるようになります

 

最後に!

左側のタブ一覧から…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-4-01

↑ こちらの【WordPress】というタブをクリックしましょう

 

【WordPress】タブを開くと…

全ページに表示の「reCAPTCHA v3」保護マークを「Invisible reCaptcha for WordPress」でお問い合わせフォームのみ表示に変更するやり方 1-3-4-02

↑ このように、4つの項目が並んでいます

 

上から順に…

Enable Login Form Protection
ログインフォーム保護を有効にする

Enable Registration Form Protection
登録フォーム保護を有効にする

Enable Comments Form Protection
コメントフォーム保護を有効にする

Enable Forgot Password Form Protection
パスワードを忘れた場合のフォーム保護を有効にする

という意味なので、お問い合わせフォームのほかにも「reCAPTCHA v3」を有効にしておきたい送信フォームがブログ内にあれば、ここで指定しておきましょう

参考までに、自分はすべて「チェックなし」のままだよ!
 

例えば「コメント欄」をブログに置いている場合であれば、3つ目の…

Enable Comments Form Protection
コメントフォーム保護を有効にする

にチェックを入れておくと、スパムコメント対策になります

 

あとは、1つ目の…

Enable Login Form Protection
ログインフォーム保護を有効にする

にチェックを入れると…

自分がWordPress管理画面にログインする際

にも「reCAPTCHA v3」保護マークが表示されるようになりますが、万が一ログインできなくなったりしたら怖いので、こちらも自分はチェックを入れていません

4つ目の「パスワードを忘れた場合の~」という項目も一緒!
 

補足

 

ということで…

ここまでできたら、最後にまた「変更を保存」ボタンを忘れずにクリックして、今回の設定については一通り完了となります🐥

 
 

今回の記事はこちらの章に属しています

WordPressブログガイド 第4章「プラグイン」編 

あずきのWordPressブログガイド 総合TOP 

\ このブログでも愛用中! /

WING AFFINGER5 banner-large-01

―― 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ ――

WING AFFINGER5

 ✔ 洗練された美しいデザイン性と、「変幻自在」な圧巻のバリエーション!

 ✔ 時間のかかる面倒なカスタマイズも、「クリック1つ」でさくさく実現!

 ✔ 「本気で戦う」ための、最適化されたSEO対策と収益UPの機能が標準装備!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン(税込4,980円)」を無料配布中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPress テーマ『WING AFFINGER5』

関連:「WING AFFINGER5」気に入ってる点・気になる点をガチレビュー

WordPressの「タグ管理」とは? アイキャッチ
WordPressの「タグ管理」とは?どれだけブログに必須な機能か、3分で解説【よく使う文章や広告をテンプレート化/一括修正が最強に便利】

続きを見る

 

About me

あずきアイコン main-01 背景透過

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

 

独立4年目 / 元アパレル → 歴10年

 

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます。 普段はTwitter(@azuki_rinrin)にわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

-WORDPRESS

© 2019 あずきのぶろぐ