ワードプレス

【超重要】WordPressプラグイン「Edit Author Slug」の基本的な設定方法【ブログのログインID漏洩対策】

wp-edit-author-slug-202001-ec



今回は、WordPressブログにおけるプラグインの1つ…

Edit Author Slug

の基本的な設定方法をご紹介していきたいと思います

まず「Edit Author Slug」は、WordPressの「ログインID漏洩」対策に便利なプラグインです(もちろん無料)

結論から言ってしまうと、これ(もしくはその代わりとなるツール)を使わないとWordPressのログインIDは第三者からバレバレな状態です

というのも、WordPressではブログURLの末尾に…

/?author=1

という「固定の文字列」を加えてアクセスすると、URL欄に「そのブログのログインID」がなんと表示されてしまいます

初めて知ったときゾッとした

画像つきで見てみると…

wp-edit-author-slug-202001-before_01

↑ ブラウザのURL入力欄で、 https://〇〇〇〇〇.com に /?author=1 を加えて、エンターキーを押すと…

wp-edit-author-slug-202001-before_02

↑ /author/ の右側に、大切なログインIDがバッチリ載ってしまいます(笑)

ちょー困る

いくらパスワードが設定してあるとはいえ、セキュリティー面を考えたらログインIDは当然隠しておきたいですよね

「Edit Author Slug」を使えば、この問題を簡単に解消できます

具体的には、「投稿者スラッグ」という設定を変更するよ

僕も、ブログを開設するたびに必ず導入してるプラグインなので、備忘録もかねて一連の手順をまとめておきたいと思います

それではさっそく見ていきましょー🐥

プラグインの種類によっては、導入済みのテーマや他のプラグインとの干渉などでWordPressに不具合が発生する可能性があります。 プラグインのご利用にあたっては、あらかじめのバックアップをおすすめします

関連:WordPressプラグイン「BackWPup」の基本的な設定方法【ブログに必須なバックアップ】

このブログのWordPress環境

このブログで使用中のワードプレステーマ

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー01

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

WordPressプラグイン「Edit Author Slug」の導入手順【インストールと有効化】

pc-work-202001_01

普通に「インストール&有効化」をするだけなので、わかる方は読み飛ばしていただいてOKです

① WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加

② 画面右上の入力欄に「Edit Author Slug」と入力

wp-edit-author-slug-202001-icon

③ ↑ のアイコンが目印のプラグイン「Edit Author Slug」が表示されるので、 今すぐインストール > 有効化 の順にクリック

プラグインの導入はこれでOKです🐥

ただし、「ログインID漏洩」対策を実際に機能させるには、ここから設定を行う必要があります(次パートへ!)

3分もかからないよ

WordPressプラグイン「Edit Author Slug」の基本的な設定方法【投稿者スラッグを変更】

pc-work-202001_02

それでは肝心の、WordPressログインIDを /?author=1 による漏洩から守る手順です

wp-edit-author-slug-202001_01

↑ WordPress管理画面 > ユーザー > あなたのプロフィール をクリックします

wp-edit-author-slug-202001_02

↑ Edit Author Slug > 投稿者スラッグ という項目で、「カスタム設定」を選択します

最初は「ログインID」がそのまま設定されてしまっているので、ここを任意の文字列に変更しましょう( ↑ 画像の例では、「tadano_azuki」に変更してます)

第三者に見られてもOKな文字列を入れよう!

入力したら、「プロフィールを更新」を忘れずにクリックして完了です

最後に、ログインIDがちゃんと隠れているかチェックしてみます(下記手順です)

チェックするタイミングについて

上記の設定を行ってからすぐのタイミングだと、キャッシュ(古い読み込みデータ)の影響でまだ反映されてない可能性があります

しばらく時間を置いてから試すか、すぐにチェックしたい場合はブラウザの「シークレットモード」を使いましょう

「Google Chrome」の場合、WEB画面を開いた状態で「Ctrl」+「Shift」を押しながら「N」で、シークレットモードが起動します

ブラウザのURL入力欄で、ブログのURL末尾に

/?author=1

という ”問題の文字列” を加えてアクセスしてみると…

wp-edit-author-slug-202001-after

↑ 無事ログインIDが隠れました

一安心

基本的な手順はこれでOKです

大変お疲れさまでした♪

あずき🐥

このブログで使用中のワードプレステーマ

本気でブログ収益化するなら /

WING AFFINGER5 バナー01

-「実績」と「信頼」。 検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ -

WING AFFINGER5

  • ターゲットに合わせた圧倒的な最適化!
  • SEO対策と広告収入UPの機能が標準装備!
  • 面倒なカスタマイズも「クリック1つ」で簡単・時短!

今なら超時短ツール「タグ管理プラグイン」配布キャンペーン中!

公式:「稼ぐ」に特化したWordPressテーマ『WING AFFINGER5』

関連:「AFFINGER5」の購入・導入方法を1から解説
関連:「AFFINGER5」導入後にまず行うべきステップまとめ

著者

azuki_01

- 専業ブロガー・フリーランス -

あずき

独立3年目 / 元アパレル → 歴10年

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます

普段はTwitterにわりといるので、覗いてもらえると嬉しいです^^

Twitter

-ワードプレス

© 2020 あずきのぶろぐ。