WORDPRESS

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?今後のサポート方針について調べてみた【グーテンベルグと結局どっちがおすすめ?/2022年版】

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?今後のサポート方針について調べてみた【グーテンベルグと結局どっちがおすすめ?】
 

専業ブロガー5年目のあずきです🐥

 

WordPress5.0から「グーテンベルグ」という新しい編集エディタに生まれ変わった一方で、今なお高い人気を誇っている…

クラシックエディタ

について…

クラシックエディタはぶっちゃけいつまで使えるの?

といった点を、今回調べてみました

 

具体的には、WordPress5.0以降のバージョンでも「以前までの標準エディタ」に戻すことができる公式のプラグイン…

Classic Editor

の、今後のサポート方針についてです

 

というのも、最近…

2021年末でサポート終了?

といった情報をWEB上でちらほら見かけて、正直気になっていたんですね

Classic Editorユーザーにとっては死活問題である
 

で!

公式の「WordPress.org」で確認してみたところ、Classic Editorの「今後のサポート方針」についてしっかりと明記されていました

 

ということで、今回は2つのポイントで丁寧に解説していきます🐥

  1. WordPressクラシックエディタはいつまで使える?今後のサポート方針について
  2. WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグ、結局どっちがおすすめ?
さっそく見ていこー!

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

インフォトップ ワードプレステーマ売上

第1位

ACTION AFFINGER6

すごいもくじLITE

の限定特典キャンペーンも実施中!!!

 

公式:「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー【WordPressの愛用テーマ】

AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー
【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー【WordPressの愛用テーマ】

続きを見る

※2020年度Infotop売上及びInfotop Affidemy

 

AFFINGER6は「グーテンベルグ」への対応が強化されましたが、「クラシックエディタ」も使用できます

 

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?今後のサポート方針について調べてみた【グーテンベルグと結局どっちがおすすめ?/2022年版】

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?今後のサポート方針について【少なくとも2022年までは大丈夫/代替プラグインもあり】

WordPress ヘッダー b-01

「WordPress.org」の日本語サイトに、下記の記載を見つけたので引用します

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

出典:Classic Editor | ja.wordpress.org

 

これだけ見ても、とりあえず2021年末でサポート終了ということは「まずなさそう」ですね

あっても2022年末
 

ちなみに!

上記の「または必要なくなるまで」という記載が少し気になるかもですが、とはいえプラグイン「Classic Editor」は、リリースからわずか数年で…

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?グーテンベルグとどっちがおすすめ? 1-1-01

↑ 有効インストール数「500万以上」という驚異的な数字を見ても、必要なくなるという状況は「まだまだ考えづらい」と思っています

 

結論…

  • プラグイン「Classic Editor」の今後のサポートについては、「少なくとも2022年までは継続」される可能性が非常に高い!
  • さらに ”少なくとも” というニュアンスや実際の需要をふまえると、「2022年末でピシャッと終了」という可能性は低い!

このように自分は解釈しています(あくまで個人的な見解です)

とりあえず一安心
 

ちなみに!

「もう1つ」の安心材料として、今後万が一「Classic Editor」がサポート終了して使えなくなったとしても…

その代わりとなるプラグイン

がちゃんと出てきているんですね

 

つまり「Classic Editor」と同様に、WordPressの編集エディタを…

「グーテンベルグ」から「クラシックエディタ」に戻す機能

を備えたプラグインのこと

 

なかでも代表的なのが…

WordPressクラシックエディタはいつまで使える?グーテンベルグとどっちがおすすめ? 1-1-02

↑ こちらの「Disable Gutenberg」というプラグインです

すでにけっこうなインストール数である
 

言い換えれば…

こういったプラグインまで出てきているほど「クラシックエディタ」という基本に忠実な編集スタイルは、今も数多くのWordPressユーザーに愛されているのかなと🐥

 

WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグ、結局どっちがおすすめ?【専業ブロガーが本音で話す】

WordPress ヘッダー b-02

つづいて2つ目のポイントは、クラシックエディタとグーテンベルグの…

結局どちらを使うのがおすすめ?

といった点について

 

専業ブロガーとしての率直な本音としては、これからWordPressを始めるという方でも…

クラシックエディタ

が圧倒的におすすめです

 

理由は大きく3つ

  • 「クラシックエディタ」のストレスなく使える完成度の高さが、単純に快適なこと
  • 一方「グーテンベルグ」はまだまだ過渡期で、アップデートのたびに仕様が変わっていく懸念があること
  • テーマ側もグーテンベルグの対応にバラツキがあり、記事作りに集中できる環境が確立されているとは言いがたいこと

とはいえ、ここまで聞くと…

ガラケーからスマホに移り変わったのと一緒で、
いつまでも旧エディタに執着するのって正直どうなん?

と思われるかもですよね

まったくもって正論である
 

ただ個人的な本音としては、この「旧エディタ→新エディタ」の流れって…

ガラケー → スマホ

というより、どちらかと言うと…

Office Word → スマホアプリ

みたいな感覚なんですね

 

つまり「古い」とか「新しい」の問題ではなく…

そもそもの役割が違う

ということ

 

確かにグーテンベルグは ”直感的” に操作でき、また編集画面もスッキリしていて、クラシックエディタにはない魅力があると思います

”今風” なエディタ
 

ただ!

「グーテンベルグ」の直感的な操作性だったりミニマルな仕様が、どちらかと言うと…

「スマホアプリ」のように、片手間でササッとやる感覚

に向いているように感じてしまい、「腰を据えて記事を書く!」みたいな前提だと…

「Office Word」感覚で、基本に忠実な操作性

である「クラシックエディタ」の方が、少なくとも自分はフィーリングが合ったんですね

 

もちろん、各エディタを「スマホアプリ」や「Word」のように感じるかどうかは人それぞれです

あくまでこれは、超個人的な感想だよ
 

なのでもし「グーテンベルグ」が気になるという場合は、まず試しに使ってみて…

単純にフィーリングが合いそうなら、
わざわざ「クラシックエディタ」に戻す必要はない

と思っています

 

ただ!

おそらくブログを始めた方の多くは、そもそも「編集エディタそのもの」に興味があるのではなく、WordPressを通じて…

  • 自分のコンテンツを作っていく!
  • 誰かに役立つ価値を届けていく!
  • ブログで成果を生み出していく!

といったことの方が、遥かに重要なんじゃないかなと

「車そのもの」よりも、「その車で出かけるのが目的」みたいな
 

だから、仮にグーテンベルグを使ってみて「明らかに合わなそう…」と感じた場合は…

編集エディタのことでいつまでも消耗しているのは、
本当に時間がもったいない

と思うので、それなら最初から扱いやすく完成度が圧倒的に高い「クラシックエディタ」にさっさと切り替えて…

コンテンツ作り

という ”本来の目的” に集中した方が、よほど合理的なのかなと思っています🐥

人気記事

 

今回の記事はこちらの章に属しています

 第4章 プラグイン 編         

次の章はこちらからどうぞ

 第5章 内部設定 編          

全8章のTOPページです

あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

インフォトップ ワードプレステーマ売上

第1位

ACTION AFFINGER6

 

   ✔ 洗練されたビジュアルと、ターゲットに合わせた「変幻自在」な柔軟性!

   ✔ 時間のかかる面倒なカスタマイズも「クリック1つ」でさくさく実現!

   ✔ 「稼ぐ」に特化した、本気で戦うための最適化&アフィリエイト機能!

すごいもくじLITE

の限定特典キャンペーンも実施中!!!

 

公式:「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー【WordPressの愛用テーマ】

AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー
【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?良い点&気になる点を専業ブロガーが本気レビュー【WordPressの愛用テーマ】

続きを見る

※2020年度Infotop売上及びInfotop Affidemy

AFFINGER6は「グーテンベルグ」への対応が強化されましたが、「クラシックエディタ」も使用できます

 

About me

あずきアイコン main-01 背景透過

suzu azuki
あずき鈴々

 

独立5年目の専業ブロガー / 元アパレル → 歴10年

 

20代は中華鍋のように目まぐるしい日々でした。 30代は創作懐石のように、静かに自分の形をつくっていきます。 普段はTwitter(@azuki_rinrin)にいるので覗いてもらえると嬉しいです^^

-WORDPRESS