WORDPRESS

【2021年】WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点を初心者向けに解説【日本語スラッグは文字化けする】

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点
 

あずきです🐥

 

WordPressブログにおいて、必ず押さえておくべき「超基礎的な設定」の1つ…

「記事ごと」で行うパーマリンク設定

のやり方について、ブログ初心者さん向けに1からわかりやすく解説していきます

 

この「パーマリンク設定」を適当に放っておくと、あとから…

 

全記事のページURLを「リダイレクト」処理することになる

 

など、わりと面倒なことになりかねません

記事を公開する前に、ここでちゃんと覚えておこう!
 

そんなWordPressにおける【記事ごとで行うパーマリンク設定】について、2つのステップで丁寧に解説していきます

  1. 「記事ごと」で行うパーマリンク設定の手順
  2. 「記事ごと」で行うパーマリンク設定の注意ポイント

さっそく見ていきましょー🐥

 

重要

今回ご紹介する内容は、あらかじめ…

パーマリンクの【初期設定】

を済ませている前提で解説していきます

 

「パーマリンクの初期設定ってなに…?」という場合や「そもそもパーマリンクってなに…?」という場合は、お先にこちらからどうぞ ↓

WordPressのパーマリンク設定とは?初期設定のやり方
【2021年】WordPressのパーマリンク設定とは?初期設定のやり方を初心者向けに解説【スラッグの「共通設定」方法】

続きを見る

 

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ

ACTION AFFINGER6

今ならプラグイン「すごいもくじLITE」の無料配布キャンペーンも実施中!!!

公式:「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?気に入ってる点・気になる点を、専業ブロガーが本気レビュー【愛用テーマ】

【2021年】WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点を初心者向けに解説【日本語スラッグは文字化けする】

ステップ1:WordPressにおける「記事ごと」で行うパーマリンク設定の手順【クラシックエディタを例に解説】

WordPress ヘッダー b-01

 

はじめに

当解説は、WordPressの「クラシックエディタ」を前提にした内容となります。「グーテンベルグ」をお使いの方は悪しからずご了承ください

 

「クラシックエディタとグーテンベルグってなに…?」という場合は、こちらで1から解説しています ↓(重要です)

WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで
【2021年】WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで1から解説

続きを見る

 

まずは、WordPress管理画面の左側一覧から…

投稿 > 新規追加

をクリックして、投稿の編集画面(実際に記事を作っていく画面のこと!)を開きましょう

ちなみに「固定ページ」の場合もまったく同じ要領だよ!
 
 

記事作成の画面を開いたら、まずは一番上に表示されている…

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点 1-1-01-a

↑「タイトルを追加」というフォームに、任意の「記事タイトル名」を入力します

ここはいつでも変えられるから、とりあえず「仮タイトル」で全然OKだよ!
 

記事タイトルを入力したら、その下にある…

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点 1-1-01-b

↑ 記事本文のフォーム(赤枠のなか!)を、どこでもいいので1回クリックしましょう

 

すると数秒ほどで、「記事タイトル」フォームのすぐ下に…

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点 1-1-02-a

↑ このように【パーマリンク】という項目が出現するので、こちらの「編集」ボタンをクリックして開きましょう

 

「パーマリンク」の項目がなかなか出現しない場合は、一旦右上の「下書き保存」をクリックすると表示されます

 

ということで、【パーマリンク】の「編集」ボタンをクリックすると…

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点 1-1-02-b

↑ このように、その記事の「スラッグ」と呼ばれる…

パーマリンク末尾の「自由に設定可能」な部分

のフォームが開くので、ここで【任意の文字列】を手入力で入れて「OK」をクリックしましょう

ここの文字列の決め方については、次のステップで解説していくよ!
 

これで…

WordPress「記事ごとで行うパーマリンク設定」のやり方と注意点 1-1-02-c

↑ パーマリンクのスラッグ(末尾部分)が変更されました🐥

 

【記事ごとで行うパーマリンク設定の手順】自体はこれでOKですが、実際にパーマリンクの文字列を決めるときには「注意点」がいくつかあります

ということで、大事な【ステップ2】へ!
 

ステップ2:WordPressにおける「記事ごと」で行うパーマリンク設定の注意ポイント【基本は英数字】

WordPress ヘッダー b-02

 

WordPressで「記事ごと」にパーマリンクを設定するときの注意点は、次の3つです

  1. 基本的には「英数字」を使おう!(日本語パーマリンクは”文字化け”するのでNG)
  2. SEO面を考慮して、「記事テーマをシンプルに表した文字列」がおすすめ!
  3. 一度公開したページを「あとからパーマリンク変更するのも基本NG」だよ!
順に見ていこう!
 

注意ポイント1:基本的には「英数字」を使おう【日本語パーマリンクは”文字化け”するのでNG】

 

まず1つ目の注意ポイントは…

基本的には「英数字」を使う

という点です

ここ重要!
 

まず、各ページのパーマリンク(正確には、そのなかの「スラッグ」という末尾部分)に【日本語】を入力することは、一応可能になります

 

ただ【日本語】のパーマリンクを設定してしまうと、その記事が例えば「SNSでシェア」されたり、もしくは「URLがコピペ」などされた際に…

 

文字化け

 

してしまうんですね

 

なので、【日本語】の文字列をあえて使うのは「基本的におすすめしない」ということ

よほどの事情でもない限り
 

結論!

 

ページごとで個別に設定する「パーマリンク」には、基本は【英数字】と、仮に【記号】も加えたいという場合には…

- (ハイフン)

のみ使うようにしましょう(例 https://azuki-rinrin.com/wp-permanent-link/ )

アンダーバーではなく「ハイフン」と覚えておこう!
 

補足

パーマリンクに使用する「記号」については、Googleも「アンダーバー」ではなく「ハイフン」を推奨しています

※参考:Search Console ヘルプ | シンプルなURL構造を維持する

 

注意ポイント2:SEO面を考慮して、「記事テーマをシンプルに表した文字列」がおすすめ【日付のみはNG】

 

つづいて2つ目の注意ポイントは、ブログの「SEO」面をふまえて…

「記事テーマをシンプルに表した文字列」がおすすめ

という点です

 

言うまでもないことですが、各ページのパーマリンクには【記事内容との関連性が薄いワード】をわざわざ付けるべきではないですよね

読者にとっても単純にわかりづらい
 

結論、基本的には…

  • 記事のテーマや概要などをシンプルに表した文字列!
  • 文字数についても、なるべく短くスッキリまとめる!

この2点を意識して付けるようにしましょう

 

具体例を挙げると、仮に「おすすめな日本食」というのが記事テーマであれば…

https://●●●●●.com/japanese-foods-recommend/

といった感じですね

あくまで一例だよ!
 

ちなみに、【日付だけ】のパーマリンクというのは正直おすすめしません

 

例えば、「2021年1月23日」の投稿記事だからといって…

  • https://●●●●●.com/20210123/
  • https://●●●●●.com/21-01-23/

このような【日付のみ】のパーマリンクに設定するのは、一見スッキリした印象にも見えますが、実際は「記事内容がまったく伝わらない」ですよね

読者の目線に立って「わかりやすいワード」にしよう!
 

注意ポイント3:一度公開したページを「あとからパーマリンク変更する」のも基本NG【リダイレクトは最終手段】

 

最後の3つ目の注意ポイントは…

一度公開したページを「あとからパーマリンク変更する」のも基本NG

という点です

ここも超重要!
 

なぜなら、一度でも公開したページのパーマリンク設定を「あとから変更してしまう」と…

  • そのページの「検索順位」「検索エンジンからの認識」に、悪影響を及ぼしかねない!
  • 「パーマリンク変更前のURL」でブックマークしていた読者が、アクセスできなくなる!
  • 同じく「SNSなどでシェアされていた変更前のURL」についてもアクセスできなくなる!

といったデメリットが生じてしまうからですね

 

ちなみに、公開済みページのパーマリンクを「あとから変更」してしまった場合、こうしたデメリットへの対処法としては…

リダイレクト

という手段が一般的です

 

ただし!

 

リダイレクトは「自動転送」という仕組み上ユーザーに警戒心を与えかねないので、あくまで「最終手段」に留めておきましょう

極力「あとから変更しなくて済む」ように、パーマリンクは慎重に設定しよう!
 

今回の記事はこちらの章に属しています

 第7章 記事投稿 編          

次の章はこちらからどうぞ

 第8章 収益化 編           

全9章のTOPページです

あずきのワードプレスブログ「完全初心者」ガイド

\ 当ブログで愛用しています /

ACTION AFFINGER6 バナー 01-300px

検証と改善を重ねた唯一無二のテーマ

ACTION AFFINGER6

 

 ✔ 洗練されたビジュアルと、ターゲットに合わせた「変幻自在」な柔軟性!

 ✔ 時間のかかる面倒なカスタマイズも「クリック1つ」でさくさく実現!

 ✔ 本気で戦うためのSEO対策と、「稼ぐ」に特化したアフィリエイト機能!

 

※新エディタ「グーテンベルグ」への対応が強化されましたが、「クラシックエディタ」も引き続き使用できます

今ならプラグイン「すごいもくじLITE」の無料配布キャンペーンも実施中!!!

公式:「稼ぐ」に特化したワードプレステーマ『ACTION AFFINGER6』

関連:【1番の本質】ACTION AFFINGER6って実際どう?気に入ってる点・気になる点を、専業ブロガーが本気レビュー【愛用テーマ】

WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで
【2021年】WordPressのクラシックエディタとグーテンベルグとは?プラグイン「Classic Editor」の導入方法まで1から解説

続きを見る

 

-WORDPRESS